【BLACKPINKメンバー別紹介】JENNIE(ジェニー) – BLACKPINKのファッションアイコン

【BLACKPINKメンバー別紹介】JENNIE(ジェニー) – BLACKPINKのファッションアイコン
  • 本名:キム・ジェニー(김 제니)
  • 生年月日:1996年1月16日
  • 出身地:韓国 ソウル特別市 江南区
  • 担当:メインラッパー、サブボーカル
  • 身長:163cm
  • 体重:47kg
  • 血液型:B型
  • ニックネーム:ジェンドゥギ、ニニ

ジェニーは、韓国で生まれ育ちながらも、9歳から約5年間ニュージーランドのオークランドに留学しています。その後、自分のやりたいことを改めて考えたときに音楽に携わる仕事がしたいと思い、韓国へ帰国しました。

その後、YGエンターテインメントのオーディションを受けて練習生となりましたが、デビュー前からBIG BANGのG-DRAGONのMVに出演するなど練習生とは思えぬ姿を見せ、周囲を驚かせました。

あわせて読みたい!

BLACKPINKの顔

ジェニーはBLACKPINKでメインラッパーとリードボーカルを担当しています。ラップに関してもボーカルに関してもパートが多いジェニーは、まさにBLACKPINKを象徴するメンバーだと感じます。

初めてジェニーの声を聞いたときには「少しクセが強く感じられる歌声」という感想を持つかもしれませんが、BLACKPINKの楽曲を聞いているうちにだんだんと中毒になってくる。ジェニーの歌声はそんな魅力を持っています。

さらにジェニーのラップは攻撃的でもあり大胆なアプローチを見せるときもあれば、繊細で途切れてしまいそうな切ない歌い方をすることも。

数多くのラッパーが所属しているYGエンターテインメントらしく、ジェニーのラップが入ることによってBLACKPINKの楽曲が一気にヒップホップ調に変化します。一辺倒ではない、様々な表情を見せてくれる歌唱力やパフォーマンススキルも注目してほしいポイントです。

また、ジェニーはダンスの実力も高いメンバーです。力強い動きから指先まで神経を使って細かい動きを表現する動きまで自由自在です。ジェニーは、YGエンターテインメントの練習生として6年という長い月日を過ごしており、その間の努力がBLACKPINKでしっかりと花開いていると感じます。

クールな外見と相反する性格

子供の頃に留学を経験して、さまざまな国の人たちと触れ合ってきただけあって、ジェニーの性格は天真爛漫で元気な印象があります。

しかし、クールな見た目やBLACKPINKの雰囲気から尖った性格だと思われてしまうことも。特にジェニーは関係者からも「仲良くなるまでに時間がかかるけど、誠実で優しい子だ」と表現されているように、第一印象と実際の性格とではギャップがあることがわかります。

ジェニーの性格に関しては、良くない情報がSNSを通じて流れているのです。ジェニーの留学時代の同級生が「ジェニーは男友達が多くて、英語がうまく話せない韓国人留学生をバカにしていた」という書き込みをSNSに投稿したことがありました。

この投稿が初めて確認されたのは2012年の頃で、ジェニーはまだ練習生でした。この投稿は、その後ジェニーと同じ家に住んでいたという近い人物が「いじめは単なるデマだ」「ジェニーはそんな子じゃない」と、ジェニーを擁護する書き込みを行い、この話題は収束を見せたかと思われました。

しかし、ジェニーに対する世間のイメージはすぐに覆すことができませんでした。ジェニーがBLACKPINKとしてデビューすることが決定したときにも、過去の投稿が再びSNSに取り上げられ、その後も何かあるたびにSNSでジェニーに関する話題が取り上げられています。

厳しい芸能界で成功するためには自分の意見を伝えられる強い気持ちが大切ですし、相手に合わせてばかりでは数あるアイドルグループに埋もれてしまうと感じます。そして、アイドルだって人間ですから良い面だけを持っているわけではありません。しかし、マイナス面だけが切り取られ、拡散されてしまうSNSの情報だけを信じるのは危ういと感じます。

ジェニーは2021年1月、自分の誕生日にYouTubeチャンネルを開設しました。そこではカメラの前では見せない普段の表情を垣間見ることができます。ジェニーもすっぴんで登場することもあり、ファンならずともチェックしておきたい番組です。

このチャンネルが開設されたことにより、ジェニーの素顔が見られる機会が増えました。不確かなSNSの情報ではなく、実際に自分の目でジェニーの姿を確かめてみてください。まだ始まったばかりのチャンネルですが、ジェニーの飾らない姿がたくさん見られるチャンネルになるのではと予想しています。

MEMO

ジェニーのYouTubeチャンネルは開設からわずか1日でチャンネル登録者200万人を達成しています。いかに世界から注目されているかが伺えます。

ソロとしてのジェニー

ジェニーはBLACKPINKで最初にソロデビューを果たしたメンバーです。2018年11月にシングル「SOLO」を発売しました。デビュー日の前日にはBLACKPINKのコンサートで初のソロステージを披露し、ファンからも大きな評価を獲得しました。

「SOLO」は、発売されてすぐに韓国国内のリアルタイムチャートで15日連続1位を獲得しており、デイリーとウィークリーチャートでも1位を独占しました。さらに韓国の音楽番組では3冠を達成しています。

そして韓国国内のみならず、海外でも「SOLO」は評価されています。韓国女性ソロアーティストでは初めてiTunesワールドワイドソングチャート1位を獲得し、40カ国のiTunesチャートでも1位にランクインしました。

BLACKPINKとしてではなくジェニーとしての1位獲得は、本人にとっても特別なものになったと思いますし、これによってBLACKPINKへの活動もプラスに進んでいくと感じました。

「SOLO」のMVは、公開から23日で1億回の再生回数を突破しています。このMVではクールなジェニーだけではなく、少女のようなジェニーや大人の雰囲気を纏ったジェニーなど、さまざまなジェニーが見られます。BLACKPINKとはまた違ったジェニーを感じてみてください。

ファッショニスタとしても活躍

ジェニーは音楽だけではなく、ファッショニスタとしても注目されています。ジェニーがSNSに投稿するファッションが可愛くてお手本になると女性からも人気です。

MEMO

「ジェニーが着たものは絶対に流行る」というほどの影響力を持っています。

ジェニーは、2019年に世界的ブランド「CHANEL(シャネル)」のビューティーアンバサダーに抜擢されました。普段からシャネルを好んで身につけることから以前よりファンにも「人間シャネル」だと評価されていたほど。

シャネルというと大人の女性のイメージがありますが、ジェニーはジーンズやスポーツウェアと組み合わせることで日常的にシャネルの服を着こなしています。いい意味でハイブランドの概念を覆したと言えるのではないでしょうか。

2020年には韓国のアイウェアブランド「GENTLE MONSTER(ジェントル モンスター)」とコラボレーションしました。それを記念して韓国のカロスキルにはポップアップストア「Jentle home」が期間限定でオープンし、ジェニーの好きなもので散りばめられた可愛らしい空間になっていました。

ジェニーは、BLACKPINKとして、ソロ歌手として、ファッショニスタとして様々な魅力を持った人物であることがわかります。それゆえ、注目される場面が多くなりときには心ない評価を受けることもあります。

しかし、そんなネガティブな意見すらも跳ね飛ばしてしまうくらいパワフルなジェニーの表現方法は、より一層私たちファンを離さなくするでしょう。

最新情報

「BLACKPINK THE MOVIE」

BLACKPINKのデビュー5周年を記念した映画「BLACKPINK THE MOVIE」が8月に公開されます!

デビュー5周年を記念したプロジェクト「4+1 PROJECT」の一環として、デビュー日の8月8日に全世界で公開される予定です!

5年分の思い出を共有するイメージカットやスペシャルインタビューが流される予定です。

あわせて読みたい!

この記事をシェアをしよう!

この記事を書いた人

この記事に関連するタグ

関連記事

新着記事