Perfume (パフューム)メンバーの年齢、名前、意外な経歴とは…?

Perfume (パフューム)メンバーの年齢、名前、意外な経歴とは…?

テクノポップスとアイドルが融合した形で、多くのファンから高い支持を受けているアイドルユニット『Perfume(パフューム)』

彼女たちの代表曲『ポリリズム』で世間を圧巻したときは、筆者自身も、こんな斬新なアイドルユニットが登場するんだと、ただ感心させられましたね

さて、今では当たり前のようにテクノサウンドとアイドルを融合させているPerfumeですが、彼女たちの魅力はどこにあるのでしょうか?

本記事では、Perfumeの経歴やメンバープロフィール、オススメソングベスト3を交えながら、彼女たちの魅力を存分にご紹介していきますね。

あわせて読みたい!

Perfumeはどんなアイドルユニット?


これまで、

Perfumeの代表的なシングル楽曲

  • 『ポリリズム』
  • 『ねぇ』
  • 『FLASH』

など、シングルおよびデジタルシングルなど、多数の楽曲がリリースされ、そのほかにも、表題曲になっていない『チョコレイトディスコ』のように、多くのファンから愛される楽曲が実に多いアイドルユニットPerfume。

Perfumeメンバー

  • 樫野有香さん(かしゆか)
  • 西脇綾香さん(あーちゃん)
  • 大本彩乃さん(のっち)

の、広島アクターズスクール出身メンバー3名によるアイドルユニットとして、あらゆる音楽シーンで大活躍されていますよね。

では、Perfumeは、何故、多くのファンから高い支持を得ているのでしょうか

テクノサウンドと融合された、正確無比のダンスパフォーマンスが魅力!


やはり、Perfumeの最大の魅力は、文時にロボットダンスと錯覚するほど正確無比で、寸分の狂いのない、テクノサウンドに融合させたダンスパフォーマンスにあります。

一部の人が、Perfumeのダンスをロボットダンスのようなダンスと捉えているようですが、それは大きな誤解です。

確かに、パントマイムのように、一つ一つの動きが止まって見える時もあるので、ロボットダンスと誤解されがちですが、決してそんなことは無く、激しい動きも多数あり、ある種、空手の演武のような動きに近いというべきかもしれません。

例えば、映画『ちはやふる』の主題歌にも起用された、『FLASH』は、まさに空手の演舞を取り入れた、Perfumeならではのテクノ系ダンスパフォーマンスが魅力的な楽曲です。

『FLASH』(公式ミュージックビデオ)

出典:YouTube(Perfume公式チャンネル)

正確無比なダンスパフォーマンスの中で、静寂と喧騒が見事に融合していく・・・

そこに一つの美学が映しだされ、Perfumeにしか無い世界観が生まれ、多くのファンが賛同してくれるのです。

Perfumeを支えるテクノサウンドが圧巻!

出典:https://pixabay.com

Perfumeといえば、やはり、彼女らの楽曲を手がける音楽プロデューサー・中田ヤスタカさんの奏でるテクノサウンドがあってこそのアイドルユニットですよね。

どんなダンスパフォーマンスを持っていても、中田ヤスタカさんのテクノサウンドが無ければ、Perfumeは成立しません。

Perfumeが、日本の音楽シーンを震撼させはじめた、2000年代の音楽シーンにおいて、当時の音楽ジャンルでテクノポップは、それほど多く流行していませんでした。

確かにデジタルサウンドとしては、TRFも含め数々のアーティストが人気を博していましたが、純粋なテクノポップとして世界に衝撃を与えたアーティストとしては、おそらくYMO(坂本龍一さん)とTM NETWORK(小室哲哉さん)くらいでしょう。

そんな中、あえてアイドルとテクノサウンドを融合させたのが、音楽プロデューサーである中田ヤスタカさん。

彼が手がけた、超テクノポップとアイドルPerfumeのダンスパフォーマンスが融合し、新たなテクノポップアイドルグループというジャンルを築き上げてきたというわけ。

音源のほぼ全てがデジタルサウンドなので、エコーのかかり方だとか、リズムの刻み方だとか、全てが独特で純粋な楽器音以外にも、あらゆる音が混ざり合いつつ、それが心地よく聴こえます。

もう、どの楽曲を聴いても、超デジタルサウンドなので、その斬新さを、Perfumeの音楽を通じて一度体感してみてくださいね。

Perfumeの経歴(歴史)


今でこそ、完全無欠の超テクノポップアイドルグループとして活躍しているPerfumeですが、当然、最初から、テクノポップ主体のアイドルグループとして活躍していたわけではありません。

では、Perfumeのこれまでの経歴を簡単に振り返ってみましょう。

無名だったインディーズ時代

Perfumeは、最初から、今のメンバーで活動していた訳ではありませんでした。

元々の出会いは、1998年12月・・・

かしゆかさんとあーちゃんの2人が、広島アクターズスクールとは異なる芸能事務所主催のスクールで開催された体験レッスンを通じて出会います。

当時、あーちゃんにとっては、周囲の人が大人ばかりで、偶然出会ったかしゆかさんに対して運命の出会いと感じた一方、かしゆかさんは、あーちゃんに対して、特にこれといった感情は抱いていなかったみたい・・・

なんでも、あーちゃんに堅い握手を求められ、かしゆかさんはかなり戸惑っていたと、後にNHKの番組で語られていましたね。

まぁ、あくまで二人の出会いが、体験レッスンだったというだけで、この頃にPerfumeが結成されたわけではありません。

Perfumeの前身となる『Y.A.Y』が結成されたのはその2年後の話・・・

テレビ新広島が主催する芸能スクール『広島アクターズスクール』の1期生として、あーちゃんとかしゆかさんは再会します。

さらに、同じ1期生の河島佑香さん(ぱふゅ~む(詳しくは後ほどご紹介します)の元メンバー)を加え、スクール内ユニットとして『Y.A.Y』を結成!

本当はもう一人誘い4人組として活動したかったものの、断られた経緯があって3人組ユニットとして活動開始。

とはいえ、当時は、これといって目立った動きは見られず、強いて挙げるなら、『Y.A.Y』改め、『ぱふゅ~む』として活動していたことくらい・・・

グループ名『ぱふゅ~む』の由来

出典:https://pixabay.com/

ちなみに、この『ぱふゅ~む』というグループ名の由来は、メンバーである

『ぱふゅ~む』結成当初のメンバー

  • あーちゃん(西脇綾香さん)
  • かしゆか(樫野有香さん)
  • さやか(河島佑香さん)

の名前の最後に『香』という文字があることから、香=『ぱふゅーむ』といった英語をひらがな表記としてグループ名にしたとのこと・・・

この『ぱふゅ~む』は、今のPerfumeのベースとなっているので、彼女たちの経歴を観ていく上で欠かすことの無い歴史と言えますね。

のっち(大本彩乃)加入経緯


さて、話を戻しましょう。

広島アクターズススクールのメンバーで結成された『あふゅ~む』でしたが、特に目立った動きは見られず2001年夏には、当時メンバーだった河島佑香さんが、グループを脱退してしまいます。

このままではまずいと感じた、あーちゃんとかしゆかさんは、新たなメンバーを探しますが、「かわいいアイドルグループでの活動は無理」という理由に断られ、難航している中、同じ1期生メンバーののっちさんがグループ加入を快諾!

改めて、2002年3月、アクターズスクール広島『もみじレーベル』より、インディーズながらもCDデビューを果たすのです。

典型的アイドル路線

晴れて、新生『ぱふゅ~む』としてスタートし、パッパラー河合さんのプロデュースの下、広島のローカルアイドルとして活動していきますが、ローカルアイドル止まりの知名度しか上がらず、全国的には無名のままでした。

そのため、マグロの解体ショーやら盆踊りイベントなど、とにかくどんなイベントにも出席し、営業し続ける不遇の時期を過ごすのです。

『ぱふゅ~む』からPerfumeへ


全く無名の広島限定ローカルアイドルだった『ぱふゅ~む』でしたが、芸能事務所『アミューズ』主催の女性新人タレント養成プロジェクト『BEE-HIVE』加入をきっかけに、グループ名をPerfumeに改名。

さらに、中田ヤスタカさんをサウンドプロデューサーに加え、典型的なアイドル路線から、テクノポップと融合させた現在のPerfumeの音楽形態に変更・・・

そして、2005年にはメジャーデビューを果たし、Perfumeが魅せる斬新なテクノポップアイドルグループというあり方が、多くのファンへと浸透していきます。

そして、2007年にリリースした5thシングル『ポリリズム』が、NHKと公共広告機構によってコラボされた、リサイクルキャンペーンCMのイメージソングに起用されると、大ブレイク!

後に、彼女たちの代表曲となる

Perfumeを代表とする楽曲たち

  • 『チョコレイトディスコ』
  • 『ねぇ』
  • 『FLASH』

など、多数のテクノサウンドを輩出し、多くのファンから指示され続けています。

Perfumeの現在


無名のアイドル時代から、テクノポップアイドルグループとして生まれ変わったPerfumeですが、現在、

Perfumeとしての、主な大きな活動

  • アジア・北米ツアー開催(2019年)
  • 紅白歌合戦出演(2008年以降12年連続)
  • 日本武道館ワンマンライブ開催(2008年、2012年、2015年など)

など、一流アーティストとしての功績を上げ続けています。

今後もPerfumeは、世界が認めるテクノポップアイドルグループとして、多くのファンから愛され続ける活躍を見せてくれると期待しています。

Perfumeメンバーのプロフィール


斬新な装いでファンを魅了するテクノポップアイドルグループ『Perfume』ですが、ここで、改めてメンバーたちのプロフィールを簡単にご紹介します(なお、メンバー全員広島出身の31歳なので、出身・年齢は割愛します。)

樫野有香(かしゆか)


かしゆかさんは、1988年12月23日生まれ。

生まれは、石川県ですが、親の仕事の事情で転々と引っ越しを繰り返し、5歳~7歳までは、北海道で、7歳以降は広島で育ちます。

おっとりした性格でマイペースな側面を持っている一方、負けず嫌いで努力家な一面も持ち、オンオフがはっきりしているタイプ。

Perfumeへの愛情も深く、ライブ一つにおいてもかなりこだわりが強いのか、5万人規模のファンを熱狂させたステージに立っても、まだ、その上を見つめ、「納得していない」と語るほど、向上心の強いメンバーでもあります。

なお、ルックスが、女優・歌手のシシドカフカさんや、モデル・タレントの秋元梢さんに似て、モデル体型であるためか、かつて、集英社主催の『全国女子高生制服コレクション』にノミネートするなど、モデルとしての才覚も・・・

また、大の野菜嫌いだったり、ニシキヘビが抱けたり、モモンガを飼い始めたことがあるほど動物好きだったり、変わった一面も持っています。

一見、美しいルックスと、内面の性格が釣り合っていないような、ギャップも感じられ、実に魅力的なメンバーといえますね。

西脇綾香(あーちゃん)


あーちゃんは、1989年2月15日生まれ。

広島アクターズスクールに入校したきっかけは、母親が、福山雅治さんの大ファンで、彼の所属する芸能事務所『アミューズ』が、広島アクターズスクールに出資していることもあり、もしかしたら将来、福山さんに会えるかもしれないという理由から・・・

要は、本人の希望というより、親の願望を叶えるために、芸能界入りしたようなところでしょうね。

ちなみに、あーちゃんの妹(西脇彩華さん)は、アイドルグループ9nineのメンバー。

9nineといえば、女優・川島海荷さんも所属していたアイドルグループとして有名ですよね。

現在は活動休止中なので、西脇彩華さんはタレントとして活動中です。

さて、話を戻しますが、あーちゃんの性格は、ピュアで天然名ところを持っているものの、Perfume愛は人一倍強く、ダンスパフォーマンスの才能もあると言われるメンバー。

また、トークスキルもメンバーの中では高く、彼女を中心にMCを回すなんてこともありますし、一方では演技力も評価され、女優として活動することも・・・

そんなあーちゃんですが、ファンの間では、かしゆかさん同様、ギャップ萌えの高いメンバーで、どこか癒やされると評判も高いですね。

大本彩乃(のっち)


のっちさんは、1988年9月20日生まれ。

Perfume加入時期は、他の二人よりも遅いのですが、その遅れを補ってあまりあるほど、ダンスパフォーマンスの才能は非常に高く、全ての楽曲において、振り付けの理解度がメンバー間で一番高いという評価も・・・

また、彼女たちの振り付けを担当しているMIKIKOさん以外からも、飲み込みが早く、ダンスでPerfumeを牽引しているメンバーと高い評価も受けていますね。

一方、性格は、3人の中で一番マイペースで天然気質の持ち主とのこと。

また、人見知りでインドア派な側面もあり、休日は寝るかゲームしているかというほどゲーム好きという話も・・・

ある意味、かしゆかさん以上にマイペースでオンオフがはっきりし、あーちゃん以上に天然という、二人の一部分を併せ持った印象を受けるメンバーですね。

Perfumeは性格も似ていて大の仲良しグループ


以上が、簡単なPerfumeのメンバープロフィールですが、3人は、性格もどこか似ている部分があり、それ故なのか、大の仲良しグループといえます。

一部、熱愛報道もあって、「解散するのでは?」という報道もありましたが、ずっとPerfumeであり続けたいと豪語するほど、Perfume愛は凄く、今後も3人で、音楽シーンを駆け抜けていくことでしょう。

Perfumeが、テクノポップというジャンルで、今後、さらに飛躍していくことを期待しています。

Perfumeオススメソングベスト3


テクノポップアイドルグループとして新規開拓し続けてきたアイドルユニットPerfume。

彼女たちが手がけ、多くのファンから慕われた楽曲は数多く存在していますが、その中でも、選りすぐりのオススメソングベスト3をご紹介していきますね。

TOKYO GIRL

出典:YouTube(Perfume公式チャンネル)

TOKYO GIRLは、吉高由里子さん、榮倉奈々さん、大島優子さん主演ドラマ『東京タラレバ娘』の主題歌となるメジャー23thシングル。

静寂の中で、『タッタタン!』と刻まれていくビート・ドラムが実に印象的なイントロからスタートし、良い意味で、聴き手を吸い込んでいくようなテクノポップの代表的な楽曲です。

あくまで筆者個人の主観ではあるのですが、イントロ・Aメロ・Bメロ・サビの間にある静寂というか間(テンポ)が実にゆったりしていて独特・・・

まるで、エレクトリカルパレードを待ちわびる子供のように、「次はどんな音楽でワクワクさせてくれるのだろうか?」と、時間と共に、そのわくわく感が広がっていくのです。

バラードでもないのに、これだけゆったりしたテンポで曲全体が進行していくのに、飽きることなく、その世界観に引きずり込まれてしまう・・・

その魅力とワクワク感を兼ね備えた、生粋のテクノポップスを体感したいなら、ぜひ、一度、TOKYO GIRLを聴いてみてくださいね。

ポリリズム

出典:YouTube(Perfume公式チャンネル)

ポリリズムは、Perfumeの5thシングルであり、彼女らがテクノポップアイドルグループとして一躍脚光を浴びるきっかけとなった楽曲です。

ある種、AIが1音ずつ奏でているような、独特のテンポで曲が進行し、リズムもかなり一定のリズムをただひたすら繰り返しているだけのように感じてしまう・・・

一方、唐突にやってくる予定調和とぶち壊すかのような、違うテンポを組み込む演出が、不協和音とならずに、絶妙なバランスを再現した新たなテクノサウンドへと進化します。

では、そのリズムのからくりをもう少し掘り下げてみますね。

ポリリズムのリズムのからくり

出典:https://pixabay.com/

実は、このポリリズムは、ベースとなる4/4拍子だけでなく、5/16。3/8、3/16という3つのビートが、紛れ込んで、絶妙な変化をもたらしています。

サビの『ポリリズムリズムリズム・・・』のところは、予定調和を崩すようなリズム進行となっていて、一見、音化けのような印象も受けますが、予定調和を壊すことによって飽きさせない複雑な音楽に演出されています。

このように予定調和と、急激なぶち壊しが繰り返され、ポリリズムは、実にユニークなテクノサウンドとして、多くのファンに受け入れられたのです。

ポリリズムは、なんとなく聴くだけだと単調に感じますが、何度も繰り返し聴くことで非常にくせを感じる楽曲なので、この機会に、風変わりなテクノサウンドを一度体感してみてくださいね。

チョコレイトディスコ

出典:YouTube(Perfume公式チャンネル)

チョコレイトディスコもPerfumeを代表とするメジャーソングの1曲。

ポリリズムのように、サビの部分で、『チョコレイトディスコ』と連呼していくタイプのかなり特殊な楽曲ですが、これまた、何度聴いても飽きることはありません。

それは、様々なビートがめまぐるしく展開していることも理由の一つですが、それ以上に
ディスコサウンドと上手く融合し、斬新さを見事に演出しているところにあります。

時にユーロビートのようなノリの良いテンポが刻まれ、時にテクノサウンドが刻まれていく・・・

まさに、テクノポップの真骨頂とも言うべき楽曲なので、何度か聴いていく打ちに癖になること間違いなし!

ぜひ、Perfumeの世界観を体感する上でも、一度、チョコレイトディスコを聴いてみてくださいね。

最新情報

最後に・・・

今回は、Perfumeの魅力を、彼女たちの経歴(歴史)やプロフィール、オススメソングベスト3を交えてご紹介しました。

正直なところ、あまりに独創性が高すぎて、聴き慣れないと言う人も中にはいらっしゃるかもしれません

しかし、この独創性が、テクノサウンドと見事に融合し、Perfumeという唯一無二のテクノポップアイドルグループとして成功を収めています。

今回は、ただ、彼女たちの音楽性だけでなく、人としての魅力も盛り込みご紹介しておりますので、連携の取れた仲良し3人組による新たなサウンド演出としても、存分にPerfumeの世界観を楽しんでいただけたら幸いです。

あわせて読みたい!

この記事をシェアをしよう!

この記事を書いた人

この記事に関連するタグ

関連記事

新着記事