チケットジャムはチケットのフリマ(売買仲介)です。チケット価格は定価より安いまたは高い場合があります。

葉加瀬太郎 チケット売買一覧 山梨県

葉加瀬太郎とは、1968年1月23日生まれの、ミュージシャン・ヴァイオリニストである。4歳でヴァイオリンをはじめ、小学4年生時に、本格的に音楽教室に通いヴァイオリンを習い始める。1987年には学生で結成したバンドグループ「クライズラー&カンパニー」に所属。1996年に「クライズラー&カンパニー」が解散となる。その翌年にアート・リンゼイプロデュースのもと「watashi」でソロデビューを果たす。2004年に中島美嘉の楽曲「朧月夜~祈り」をプロディースし、注目を集める。同年、プロディースした「朧月夜~祈り」の伴奏としてNHK紅白歌合戦に出演。2010年には連続テレビ小説「てっぱん」のテーマ曲・劇中音楽を担当するなど、現在もミュージシャン・ヴァイオリニストとして活躍している。

開催地域

開催日時

葉加瀬太郎のチケットを出品、リクエストする方はこちらから

葉加瀬太郎について

葉加瀬太郎は、1990年にデビューした大阪出身のヴァイオリニスト、東京藝術大学時代に結成し、『KPYZLER&KOMPANY』の一員として音楽界から注目を集めており、様々な音楽を手掛ける。その後、1996年にバンドを解散して本格的にソロ活動を開始する。それから『情熱大陸』や中島美嘉の楽曲を手がけるなど、多方面でも活躍を果たした。またこの功績によって世界から注目され、カナダ出身の歌姫セリーヌディアオンのワールドツアーへの参加や、アリアナグランデの楽曲作成に参加し、ヴァイオリンと洋楽の見事な融合を魅せてくれた。日本が誇る世界的なヴァイオリニストとしてこれからも世界中を魅了するに違いない。チケットの入手は困難を極めるがぜひチケットを入手して、彼の魅力に浸ってほしい。 葉加瀬太郎とは、1968年1月23日生まれ、ミュージシャン・ヴァイオリニストである。葉加瀬太郎が演奏する音楽は、クラシックからノリの良い歌まで幅広いジャンルの曲を演奏する点だ。4歳でヴァイオリンをはじめ、小学4年生時に、本格的に音楽教室に通いヴァイオリンを習い始める。1987年に学生で結成したバンドグループ「クライズラー&カンパニー」に所属。1990年にバラエティー番組「さんま・一機のイッチョカミでやんす」のエンディング曲「愛のよろこび」でメジャーデビュー。1995年には「To Love You More」でオリコン1位を獲得。翌年「クライズラー&カンパニー」が解散となる。解散から1年後の1997年にアート・リンゼイプロデュースのもと「watashi」でソロデビューを果たす。2004年には中島美嘉の楽曲「朧月夜~祈り」をプロディースし、その年に行われたNHK紅白歌合戦に伴走として出演。その後はNHK連続テレビ小説「てっぱん」のテーマ曲、劇中音楽をプロデュース、アルバムを発売、超人気グループ”ゆず”とのコラボ曲「春風 meets 葉加瀬太郎」を発売するなど大活躍。現在もミュージシャン・ヴァイオリニストとして活動を続けている注目の人物。代表曲は「情熱大陸」「タイースの瞑想曲」などがある。

関連アーティスト

男性ソロのアーティスト一覧を見る

keyboard_arrow_right