日向坂46 メンバーの年齢、名前、意外な経歴とは…?

日向坂46 メンバーの年齢、名前、意外な経歴とは…?

2019年3月にデビューした日向坂46

3番目の坂道グループとして、今グングン飛躍しています。

デビューするまで苦節の時を過ごした彼女たちの道のりは、けして平坦なものではありませんでした。

今回は、ようやくトップアイドルの切符を掴んだ日向坂46にスポットを当ててまいります。

日向坂46ってどんなグループ?

結成のきっかけ

日向坂46は、乃木坂46、欅坂46に続いて2019年3月にデビューした坂道グループの一つです。

2015年11月、欅坂46のアンダーグループ「けやき坂46」としてスタートしました。

2015年8月に誕生した欅坂46の追加メンバーオーディションで最終審査に残ったにも関わらず、アイドルになることに反対していたお母さまの意向で、突如地元に戻されてしまった長濱ねるさん

アイドルになりたいと強く想っていた長濱ねるさんの気持ちを汲んだ運営が、欅坂46をひらがなにしたアンダーグループ「けやき坂46」の新設を決めたのでした。

そして、長濱ねるさんの仲間を募集するため、けやき坂46のオーディションを開催

2016年5月、長濱ねるさんを含めた12名でけやき坂46の活動が開始されました。

しかし、欅坂46が華々しくデビューを飾る一方、けやき坂46の認知度はなかなか上がりませんでした。

欅坂46の2ndシングル「世界には愛しかない」以降、各シングルのカップリング曲をけやき坂46が担当しますが、どこか欅坂46の影に埋もれてしまっていたのです。

それでもひたむきに努力を重ね、「いつかは」というメンバーの熱い想いが徐々にグループに光を集めさせます。

2017年、全国ツアー「ひらがな全国ツアー2017」を開催。

それは、先輩の欅坂46よりも先に全国ツアーを行うという異例の開催でした。

同年8月、ひらがなけやき2期生として新たに9名のメンバーがレッスンを開始し、さらなるパワーアップを目指します。

同年10月、まだデビュー前にも関わらず、テレビ東京系ドラマ「Re:Mind」にて、けやき坂46が主演・主題歌を担当することに。

この1年間、それまで欅坂46とけやき坂46を兼任していた長濱ねるさんが欅坂46の専任となり、新メンバーを迎え、ドラマにも挑戦し、3月にスタートした全国ツアーも12月公演まで見事に完走するという怒涛の日々を過ごしました。

2017年は、けやき坂46として大きな変化と飛躍を遂げ、誰もが目を見張る快進撃を見せた一年でした。

突然の単独武道館〜涙のデビュー決定

2018年、欅坂46と共に出演予定であった武道館3days公演でしたが、諸事情により急遽けやき坂46のみの出演になってしまいます。

しかし、この突然の大舞台も、日向坂46メンバーは見事に成功させました。

公演最終日、メンバーにはサプライズで、けやき坂46単独の初アルバム『走り出す瞬間』リリースの決定が発表されました。

同時に、テレビ東京系のレギュラー番組「ひらがな推し」(2019年4月〜「日向坂で会いましょう」にリニューアル)のスタートも発表されました。

この時、それまで欅坂46の影に潜むことの多かったけやき坂46はファンと共に涙を流し、武道館は歓喜の渦に包まれたのでした。

2019年3月、けやき坂46改め「日向坂46」として、1stシングル『キュン』でメジャーデビュー。

1stシングルの初週売上は約47万6000枚を記録し、女性アーティストによるファーストシングル初週売上枚数歴代1位に輝きました。

さらに、2ndシングル『ドレミソラシド』が初週売上約44万枚3rdシングル『こんなに好きになっちゃっていいの?』が初週売上約47万枚を記録。

1stシングルから3作連続の初週売上40万枚超えは、女性アーティストで史上初の快挙でした。

そして、「第61回 輝く!日本レコード大賞」「第70回NHK紅白歌合戦」に初出場を遂げ、怒涛の勢いでトップアイドルの仲間入りを果たしたのです。

日向坂46メンバー紹介

〜1期生〜

潮 紗理菜(うしおさりな)

生年月日:1997年12月26日
出身地:神奈川県

とにかく優しい心の持ち主で、メンバーやファンからは「聖母」と呼ばれている潮紗理菜さん。

1期生としてグループを引っ張り、番組などではMCにも挑戦しますが、年下メンバーからもよくイジられてしまうような明るくおおらかな性格です。

朗らかな笑顔とサービス精神で、ファンと日向坂46の架け橋になっています。

影山 優佳(かげやまゆうか)

生年月日:2001年5月8日
出身地:東京都

サッカー審判4級の資格を持つ影山優佳さんは、通をも唸らせるほどのサッカー知識を持っています。

歌唱力が非常に高く、透明感のある歌声はファンを常に癒しの世界に導いてくれるようです。

2018年6月1日より学業専念のため活動を休止しましたが、日向坂46の写真集「立ち漕ぎ」の公式Twitterにサプライズ登場をし、ファンを大いに喜ばせました。

そして2020年5月26日、約2年ぶりの活動再開を発表しました。

加藤 史帆(かとうしほ)

生年月日:1998年2月2日
出身地:東京都

「かとし」のニックネームで愛されている加藤史帆さん。

ファッション誌「Can Cam」の専属モデルを務めており、アイドルとしてのキュートさに加え、清涼感のある美しさが魅力です。

脱力感たっぷりの”ヘニョヘニョ”と表現される話し方は、個性的でとても愛らしく、いつの間にか「かとしワールド」にハマってしまいます。

齊藤 京子(さいとうきょうこ)

生年月日:1997年9月5日
出身地:東京都

ぱっちりとした目で、とてもチャーミングなルックスの齊藤京子さん。

見た目とはギャップがある、低音ボイスが魅力です。

その声を生かした歌唱はクールでカッコよく、女性も男性も惚れてしまうほどです。

ラーメンが大好きで、コテコテの二郎系が特にお気に入り。

度肝を抜かれるほどの天然すぎるトークは、もはや伝説的です。

佐々木 久美(ささきくみ)

生年月日:1996年1月22日
出身地:千葉県

グループ最年長で、日向坂46のキャプテンを務めている佐々木久美さん。

メンバーからは尊敬され、とても慕われている佐々木さんは、時に見せる強いリーダーシップがキャプテンの器を感じさせます。

とても責任感が強く、けやき坂46時代からキャプテンに任命されています。

韓国が好きなことから、独学で韓国語をマスターしてしまった佐々木さんのもとには、韓国の番組からも出演オファーが届きました。

佐々木 美玲(ささきみれい)

生年月日:1999年12月17日
出身地:兵庫県

けやき坂46時代には多くの楽曲でセンターを務めてきた、佐々木美玲さん。

日向坂46に改名してからも、エースとして貫禄は維持し続け、絶対的な人気を誇っています。

どこか純朴なルックスを持ち、温かい笑顔でファンを癒してくれます。

女性ファッション誌「non-no」の専属モデルに抜擢され、誌面では大人っぽい表情も見せています。

高瀬 愛奈(たかせまな)

生年月日:1998年9月20日
出身地:大阪府

帰国子女で穏健な雰囲気を持つ、高瀬愛奈さん。

小学4年から中学1年までイギリスで育った、グローバルガールです。

中学校の頃は吹奏楽部に所属し、フルートを担当していました。

人見知りで、涙もろくて、のんびり穏やかな空気感が魅力です。

高本 彩花(たかもとあやか)

生年月日:1998年11月2日
出身地:神奈川県

誰もが羨むほどの小顔で、惹きつける目力が魅力の高本彩花さん。

笑顔を絶やすことなく、長時間の握手会でも最後まで疲れを見せない献身的なところがファンの心を掴んで離しません。

自他ともに認めるマシンガントークでは、時に驚くほどの天然エピソードが披露されます。

東村 芽依(ひがしむらめい)

生年月日:1998年8月23日
出身地:奈良県

グループ随一のダンステクニックを誇る東村芽依さん。

笑顔が引き立つ大きなお口が、とてもチャーミングです。

運動神経が抜群で、日向坂46メンバーの中ではスポーツ系で彼女の右に出るものはいないくらい。

身長は153cmで小柄ですが、ステージでは誰よりもダイナミックなパフォーマンスを見せてくれます。

〜2期生〜

金村 美玖(かねむらみく)

生年月日:2002年9月10日
出身地:埼玉県

4thシングル「ソンナコトナイヨ」でフロント入りを果たした、努力家の金村美玖さん。

負けず嫌いで、とにかく前向きに物事を考える金村さんのことを尊敬しているのは、メンバーだけでなくファンも例外ではありません。

メンバーのモノマネを得意とする、ユニークな一面も彼女の魅力の一つです。

河田 陽菜(かわたひな)

生年月日:2001年7月23日
出身地:山口県

小動物のようなかわいさで、メンバーから愛されてやまない河田陽菜さん。

よく「カワダ」と間違われることが多いのですが、なぜかニックネームは「カワダさん」。

地方出身でおっとりとしたイメージを持たれますが、実は中身はとても熱い少女です。

日向坂46メンバーが選ぶ「妹にしたいランキング」ではぶっちぎりの1位に輝いています。

小坂 奈緒(こさかなお)

生年月日:2002年9月7日
出身地:大阪府

大阪からやってきた奇跡の美少女、小坂奈緒さん。

まるでお人形さんのように整った顔立ちからは想像もできないほど、恐竜が好きです。

女性ファッション誌「Seventeen」の専属モデルに抜擢され、恵まれたルックスを武器に多くのファンを惹きつけています。

富田 鈴花(とみたすずか)

生年月日:2001年1月18日
出身地:神奈川県

根は真面目なパリピキャラで、グループではムードメーカーの富田鈴花さん。

バラエティー番組では突き抜けた個性を遺憾なく発揮し、富田さんなくしては完成し得なかったおもしろシーンがいくつもあります。

決め台詞は「パリピース!」で、明るさと真面目さが持ち味のマルチアイドルです。

丹生 明里(にぶあかり)

生年月日:2001年2月15日
出身地:埼玉県

愛読書は週刊少年ジャンプで、ドラゴンボール好きの丹生明里さん。

デビュー当時のキャッチコピーは「弱いけど剣道3段持ってます!肩幅広い丹生明里です!」で、本来女の子なら気にしてしまう肩幅の広さを前面に押し出し、逆にチャームポイントにしてしまう持ち前のポジティブさが魅力です。

一点の曇りも見えない純粋さは、メンバーやファンから羨望の眼差しを送られるほどです。

濱岸 ひより(はまぎしひより)

生年月日:2002年9月28日
出身地:福岡県

長濱ねるさんに憧れてアイドルを志した濱岸ひよりさん。

幼少からバレエを習っており、ダンスパフォーマンスで見せてくれる体のしなやかさは、とても可憐です。

体調不良により活動を休止していましたが、待望の復帰にファンもメンバーも喜びを爆発させました。

公式ブログでは、人気アニメ「鬼滅の刃」甘露寺蜜璃のコスプレを披露し、ファンからも絶賛されました。

松田 好花(まつだこのか)

生年月日:1999年4月27日
出身地:京都府

視界に入るだけで柔らかい空気に包んでくれる、松田好花さん。

飛び抜けて努力家な松田さんは、番組で共演するお笑いコンビ・オードリーのボケについていくため、キン肉マンについて猛勉強しました。

その甲斐あって番組は大いに盛り上がり、番組終了後には作者のゆでたまごの嶋田隆司さんからコメントが寄せられるほどでした。

宮田 愛萌(みやたまなも)

生年月日:1998年4月28日
出身地:東京都

読書が趣味の文学少女、宮田愛萌さん。

公式ブログでは万葉集や徒然草の文をなぞらえたような、独特の深みのあるタイトルをつけています。

神社巡りや御朱印集めが趣味の和風娘です。

渡邉 美穂(わたなべみほ)

生年月日:2000年2月24日
出身地:埼玉県

バスケ歴10年のスポーツ万能アイドル、渡邉美穂さん。

バスケ部ではレギュラーでキャプテンを務めていた渡邉さんは、自然とリーダーシップがとれるしっかり者です。

アイドルになりたいという思いを強く抱き、オーディション前には必死にダイエットをして努力を重ねるストイックさが魅力です。

〜3期生〜

上村 ひなの(かみむらひなの)

生年月日:2004年4月12日
出身地:東京都

日向坂46最年少で、未知なる才能を秘める上村ひなのさん。

キャッチコピーの「いつでもどこでも変化球、ひなのなの」は、彼女のポテンシャルを的確に表しています。

類まれな語彙センスの持ち主で、誰も予想のつかない変化球コメントで一気に空気を自分のものに持っていくことができます。

髙橋 未来虹(たかはしみくに)

生年月日:2003年9月27日
出身地:東京都

身長168.5cmでスラリとした立ち姿が麗しい、髙橋未来虹さん。

3期生の中ではムードメーカー的な役割を担っており、感受性豊かな天真爛漫さが魅力です。

視力が少し低く、たまに見せてくれるメガネ姿はとてもキュートです。

森本 茉莉(もりもとまりぃ)

生年月日2004年2月23日
出身地:東京都

犬の遠吠えが特技の愛犬家、森本茉莉さん。

「まりぃ」という個性的でカワイイ名前は、海外でも通用するようにと名付けられました。

チアリーディングを習っていたこともあり、ダンスのキレ味はメンバー随一です。

山口 陽世(やまぐちはるよ)

生年月日:2004年2月23日
出身地:鳥取県

鳥取からやってきた期待の大型ルーキー、山口陽世さん。

身長151cmという小柄ながら、存在感はすでに大物の予感をうかがわせています。

6人兄弟の次女で、しかも本人は双子という大家族で育った山口さんは、小学校の時に少年野球のチームに入っていたことがあり、番組で披露したピッチングは見事な投球フォームでした。

日向坂46の魅力とは?

日向坂46は、坂道グループの中でも特に正統派のアイドル道を貫いています。

どこかアーティスティックで、光と影のコントラストが絶妙な欅坂46のアンダーグループとしてスタートしましたが、日向坂46はまるで対極的なグループに成長しました。

運営があつらえたものではなく、彼女たち自身で作り上げた雰囲気と真摯な姿が魅力です。

すでにいくつものアイドルグループが日本の音楽界を席巻する中、爽やかなほど真っ直ぐに突き進んできた日向坂46は、王道であることこそが何よりの個性として捉えられているのです。

東京都港区に実在する日向坂(ひゅうがざか)に由来するグループ名。

それを「ひなたざか」と読ませたのは、将来彼女たちがおそらく主役になり、暖かな光に包まれた時に、ファンを大きく魅了するであろうことを予見させていたのではないでしょうか。

そして、日向坂46の魅力といえば、楽曲の際立つキャッチーさです。

一度耳にすれば離れない、いつの間にか頭の中で流れている心地よいメロディー。

快然たるメロディーキラキラした彼女たちの姿が絶妙なマッチを見せ、アイドルが憧れるアイドルへと成長する可能性を大いに秘めています。

デビューから初週売上40万枚を連続させるという、誰も見たことのない景色を見ている彼女たちがどこまで登って行くのか、ファンは楽しみでならないことでしょう。

日向坂46オススメ曲

『キュン』

記念すべきデビュー曲である『キュン』は、日向坂46のスタートを飾るにふさわしい、とびきりキュートな楽曲です。

愛くるしいダンス、脳内で何度もリピートされるメロディーは、まさにファンをキュンとさせ、ハートを鷲掴みにしました。

苦節の時を過ごした分、メンバーにとっては感慨深い1曲になったことでしょう。

『ドラミソラシド』

2ndシングルの『ドレミソラシド』は、爽やかなサマーチューン。

ライブでは1曲目に使用されることが多く、メンバーそしてファンのボルテージを最高潮にしてくれるバイタリティー溢れるナンバーです。

『こんなに好きになっちゃっていいの?』

3rdシングルである『こんなに好きになっちゃっていいの?』は、これまでと打って変わって切ないナンバーです。

「どうにもできないほど好きになってしまった抑えきれない気持ち」といった、たくさんのアーティストが題材にしてきた感情を、日向坂46が表現するとこんなにも切なく胸が締めつけられるものなのかと驚かされます。

『ソンナコトナイヨ』

4thシングルの『ソンナコトナイヨ』は、「どんな君だってとにかく好きなんだ」と無条件の「好き」を伝える男の子の気持ちを歌っています。

ステージに立つ彼女たちが、まるで自分の気持ちを代弁してくれているかのように歌う姿は、ファンにとって何とも言えない愛しさが込み上げてきます。

『ハッピーオーラ』

欅坂46の7thシングル『アンビバレント』のカップリングに収録された楽曲です。

「これぞ日向坂!」とファンに親しまれているのがこの『ハッピーオーラ』です。

思うようにいかない日々を送る人へ、「ハッピーオーラの作り方」を教えてくれます。

何だか下ばかりを向いているなと感じた時、この曲を聴き終える頃にはきっと、瞳が優しく輝いていることでしょう

絶対に開催して欲しい「ひなくり2020 」in 東京ドーム

日向坂46のホームページを開いてみると、「ROAD TO TOKYO DOME」の文字が飛び込んできます。

2020年12月6日、7日に開催が予定されている、日向坂46によるクリスマス公演「ひなくり2020」のカウントダウンサイトがオープンしているのです。

新型コロナウィルス感染拡大により延期となってしまった全国アリーナツアー。

その振替公演の日程はまだ決まっておらず、開催されるのかどうかさえも、もはやわかりません。

そんな中、ファンは「ひなくり2020」は絶対に開催して欲しいと願ってやみません。

終わりに…

純粋に、ただただアイドルに憧れた一人の少女から始まったこの日向坂46は、とんでもない力を秘めたグループへと変貌を遂げました。

愛と光に溢れた日向坂46は、まだまだ成長を続けることでしょう。

全力で真っ直ぐに駆け上がる彼女たちのこれからの軌跡が、どんなに明るく優しいものなのか、誰も目を離すことができません。

あわせて読みたい!


あわせて読みたい!

この記事に関連するタグ

関連記事

新着記事