Official髭男dism(ヒゲダン)メンバーの年齢、名前、意外な経歴とは…?

日本の邦楽シーンに突如現れた「Official髭男dism」(おふぃしゃるひげだんでぃずむ)、愛称は髭男(ひげだん)。その気になる経歴やメンバーの略歴、バンド名の由来など解説をしていきます。

ある日、都内某所にて…

うわ〜この曲もほんといいっすね。。。
このメロディックな楽曲がすごく耳に残る素敵なバンドは一体。。

チケさるくん

Hiphopさるくん

それは「Official髭男dism」(おふぃしゃるひげだんでぃずむ)さんだ。
最近とっても耳にする事が増えたと思うが、2019年飛躍した邦楽のバンドの代表の一つだよナ
まず読み方がまずお洒落ですね。バンド名の由来やメンバーについてもっと詳しく知りたいです。

チケさるくん

Hiphopさるくん

うむ。この記事ではメンバーの基礎情報から
バンド名の由来など「Official髭男dism」(おふぃしゃるひげだんでぃずむ)さんを語る上で基礎となる部分を説明していくゼ。

今回は現在大ブレイク中の島根県出身の4ピースピアノPOPバンド「Official髭男dism(おふぃしゃるひげだんでぃずむ)」についてご紹介していきます。

Official髭男dismの結成までの経緯や、初見では「何て読むの?」と思ってしまうバンド名の由来、そして楽曲からは想像もつかないような意外すぎるメンバーのプロフィールなどもお届け致します!

様々な楽曲で大ブレイク中のOfficial髭男dismについて詳しく見ていきましょう!


Official髭男dism/おふぃしゃるひげだんでぃずむ


バンドメンバー(画像左より)
  • Ba&Sax「楢崎誠」(ならざきまこと)
  • Gt「小笹大輔」(おざさだいすけ)
  • Vo&Pf「藤原聡」(ふじわらさとし)
  • Dr「松浦匡希」(まつうらまさき)
2012年の6月7日に島根県出身の4人で結成されたピアノPOPバンド「Official髭男dism」

島根大学の軽音部に所属していた藤原聡さん(Vo&Pf)、楢崎誠さん(Ba&Sax)、松浦匡希さん(Dr)

学校は別(松江高専)だったのですが、メンバーと交友があった小笹大輔さん(Gt)の4人で結成されました。

2015年の4月に1stミニアルバム「ラブとピースは君の中」をリリースし、Lastrumよりインディーズデビューをしました。

2016年の2月には上京し、メンバー全員で共同生活を送りながら精力的にライブ活動を開始します。

その後、2018年3月には「関ジャム 完全燃SHOW」にて「Tell Me Baby」セッションを行い有名音楽プロデューサーからも大絶賛を受けて、なんと4月には「ノーダウト」が月9ドラマの「コンフェデンスマンJP」の主題歌として起用され一躍人気となりました。

MEMO
インディーズアーティストの楽曲が月9の主題歌に起用されたのは、Official髭男dismが初めてだったみたいです!

そしてこの「ノーダウト」をポニーキャニオンから1stシングルとしてリリースし、メジャーデビューしました。

そんな飛ぶ鳥を落とす勢いのOfficial髭男dismですが、楽曲はPOPなサウンドとキャッチーなメロディーが武器のいわゆる歌モノ…では終わらせません

「POP」という軸はブラさずに、ブラックミュージックからの影響を感じる、グルーヴィーなノリやストレートなロックサウンドまでを「ピアノPOPバンド」とは称しつつも、様々な一面を持っている実力派グループです。

Official髭男dism・バンド名の由来は?

「Official髭男dism」という少しクセの強いバンド名ですが、このバンド名の由来は、練習をしていたスタジオに貼られていた外国人のギタリストのポスターがダンディーでカッコいい髭を生やしていたのを見てインスパイアされ、バンド名には「髭が似合うような年齢になってもこの4人で楽しく最高の音楽をやっていこう」と言う思いが込められており、メンバーの仲の良さも垣間見れる素敵なバンド名となっております。

藤原さん(Vo&Pf)は酔っ払った際にメンバーに向かって「お前らとバンドを組んで本当に良かった!お前ら本当にありがとう!」と号泣したというエピソードなどもあり、メンバーの絆の強さを感じますね!

ちなみにOfficial髭男dismの愛称は「ヒゲダン」で、SNSのハッシュタグでは「#髭男」などと書かれています。

Official髭男dism・メンバー

藤原聡(ふじわらさとし)/Vo&Pf

Official髭男dismのボーカルを務め、キーボード、そして楽曲の作詞作曲を担当する藤原聡(ふじわらさとし)さん。

高校時代は吹奏楽部に所属し、パーカッションを担当していたそうです。

しかもなんと!ブラックミュージックのバンドとメタルのバンドを掛け持ちしていたそうで、元ドラマーという経歴も持っています!

ドラマーの頃から作曲は行なっていたようですが、自分の思うように歌ってもらうことができず、そんなジレンマがあり自身でも歌うようになったそうです。

しかし本格的に歌うようになったのはOfficial髭男dismを結成してからで、好きな音楽は上の事例から見ても分かるように

  • スティーヴィー・ワンダー
  • マイケル・ジャクソン
  • ブルーノ・マーズ

といったブラックミュージックを主体に、メタルまでかなり広い幅のジャンルが好みみたいです。

しかしあまりアーティストには固着しないようで、曲単位で好きだったりすることが多いそうで、それでも自身が影響を受けたアーティストとして「aiko」さんや「ONEOKROCK」の名前を挙げています。

MEMO
Official髭男dismといえば「恋愛ソング」のイメージが強いですが、藤原さん自身が大学を卒業してから地元で金融関係のサラリーマンを2年間していたこともあって、その経験に基づいた人生観や学生時代の苦悩などが幅広い世代の胸に刺さるような歌詞を書いています。

小笹大輔(おざさだいすけ)/Gt

Official髭男dismのギターを担当している小笹大輔(おざさだいすけ)さん。

伝説的メロコアバンドHi-STANDARDのコピーをしたのがギターを始めたきっかけで、好きな音楽も青春パンクやメロコアが多めです。

しかしOfficial髭男dismに加入となったきっかけは、藤原さんと別のバンドとして対バンをした際に、お互いに「Children Of Bodom」が好きで意気投合したのがきっかけでした。

かなりデスメタル系のバンドなので、今のバンドのイメージからはかなりかけ離れていますね…。

学校では「電子情報システム工学」で「カオス理論」を研究していたことで、もはやそういった面もメタルに感じますね!

Official髭男dismではギターソロが入っている曲は少ないですが「ClapClap」などの楽曲で熱いサウンドを鳴らしていて、ギターの腕はかなりのものです。

楢崎誠(ならざきまこと)/Ba&Sax

Official髭男dismでベースとサックスを担当するのが楢崎誠(ならざきまこと)さん。

主にベースをメインで担当していますが、お父さんがジャズミュージシャンという音楽一家に生まれ、楢崎さんも島根県の警察音楽隊に所属してサックスを吹いていた時期もあるそうです。

さらには!音楽の教員免許も持っていると言う…音楽のセンス以外にも勉強もできるという楢崎さん。

好きな音楽は「レッド・ホット・チリ・ペッパーズ」から「銀杏BOYZ」まで、楢崎さんもかなり音楽のジャンルの幅が広い方です。

そしてイチオシ楽曲の「55」や「ブラザーズ」のバリトンサックスのサウンドも楢崎さんが演奏しており、この楽曲はOfficial髭男dismの中でも“ザ・洋楽!”といった感じで、思わず体がノッてしまうような楽曲です。

是非一度聞いてみてください!

松浦匡希(まつうらまさき)/Dr

Official髭男dismでドラムを担当する松浦匡希(まつうらまさき)さん。

中学校では剣道初段を取得し、在籍していた剣道部では部長を務めており、団体戦では主将を務めるほど剣道に青春を捧げていました!

釣りが趣味で、メンバーの中でもかなりのアニメ好きで、ゲームも好きなんだとか。

タイトなリズムを刻む楢崎さんと共に、Official髭男dismのサウンドを強固でかつノれるサウンドに仕上げていて、ドラムを叩いているときの笑顔が素敵です♪

Official髭男dismは実力者揃い

この4人がOfficial髭男dismのメンバーになりますが、このメンバーはとにかく演奏スキルが高いんです!

そして楽曲に対するこだわりもかなり強く、POPでありながらも絶妙に外してきたり、新しい曲を出すたびに新たなアプローチに挑戦していたり、Official髭男dismの音源をリリース順に聴いていると、バンドの進化というのが顕著に出ているのを感じることができます。

それだけ音楽に対して愚直に取り組んでいると言うことなんでしょう!

バンド自身も「国民的バンドになる!」という強い意志を持っていて、幅広い層に受け入れられつつも、POPSの新たなスタンダートを作るようなバンドのように思えます。

耳に残るメロディーにハマる人が続出!

Official髭男dismの楽曲は一度聞けばすぐに頭の中でなんども繰り返し鳴り続けるような心地よい耳に残るメロディーで、彼らの楽曲にハマる人が続出しています。

現在では彼らのステージを観ようと多くの人が詰めかけ、入場規制がかかってしまうほどの大人気バンドなんです!

聴きやすいメロディーと”歌”にこだわる彼らだからこそ、ジャンルという枠を超えて多くの人に支持されるのでしょう。

新曲の『パラボラ』はカルピスウォーターのCMソングに決定しました。

『パラボラ』では様々なことが変わる時期の不安や期待が入り混じった感情が描かれています。

それがカルピスの甘酸っぱさや爽やかさとうまくリンクしています!

「何者でもない、“まっしろ”だからこその強さ」というフレーズがとっても刺さりますね。

YouTubeでライヴ公開

人気爆発中のOfficial髭男dismさんもYouTube上でライヴ映像を公開しています。

公開されたのは「Official髭男dism one-man Tour 18/19」のNHKホール公演から“ESCAPADE”“相思相愛”“Trailer”、“LADY”“Clap Clap”“日曜日のラブレター”“異端なスター”の計7曲が公開されています。

どちらかというとコアなファン向けの曲が多いですが、これを機にOfficial髭男dismに深くハマってみませんか?

また5/20にはSWEET LOVE SHOWER 2019で披露したライブ映像がプレミア配信されます。

セットリストは超がつくほどの有名曲ばかり。リアルタイムでみんなでライヴを楽しみましょう!

最後に…

以上、Official髭男dismの4人のメンバープロフィールと経歴、バンド名の由来などをご紹介しました!

Official髭男dismは今後も多く都市でのライブが企画されているので、是非ライブもチェックして見て下さい♪

それでは今回は以上になります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

あわせて読みたい!
Official髭男dism(ひげだん)が邦ロックで大人気になったきっかけとは…? あわせて読みたい!
Official髭男dism(ひげだん)のおすすめソング10曲が示すJ-POPの未来 Official髭男dism(ヒゲダン)チケット売買一覧 Ticketjam/チケジャム