millennium parade(ミレパ)メンバーの名前や経歴、King Gnuとの違いとは…?

鬼才、常田大希さんが主宰する音楽チーム「millennium parade(ミレニアムパレード)」

アルバムをリリースしたり、『FAMILIA』が映画の主題歌に抜擢されたりと大活躍中のため、名前を耳にすることが多くなったのではないでしょうか?

新進気鋭のアーティスト集団が手掛けた音楽は素晴らしいものばかりで、King Gnuファンだけではなく全音楽ファンにおすすめです!

今回はメディア露出が少なく、謎に包まれた部分の多いmillennium paradeとはどういったグループなのか、どのようなメンバーが在籍しているのか、King Gnuとはどう違うのかを解説していきたいと思います。

併せて読みたい!

millennium paradeとは?

millenium parade(通称ミレパ)は常田大希さんが2019年から本格始動させた音楽チームです。

元々「Daiki Tsuneta Millennium parade(DTMP)」という前身のチームがありそれを引き継ぐ形で誕生しました。

millennium paradeは特異的なバンド

millennium paradeはバンドとしてかなり特徴的な制度が採用されています。

まずはメンバーが固定されておらず、曲によって参加するアーティストが変わること。

millennium paradeはソロでも活動することもあるようなクリエイティブで特異分野を持ったメンバーが集まったグループです。

作り上げたい音楽に応じてメンバーを変え、最適なチームで楽曲制作を行います。ボーカルですら固定されていません。

デザインを担当しているメンバーがライブでパフォーマンスをしたこともあるほど、自由自在にメンバーが変わります。

作りたい音を貪欲に追求している最高にクールなクリエイター集団です。

あわせて読みたい!

映像・デザインまで全て手掛ける

正確にはmillennium paradeではありませんが、常田大希さんが主宰するクリエイティブ集団「PERIMETRON」が映像やデザインを手掛けています。

一応は別組織となっていますが、共通して在籍しているメンバーも多くそこまで明確に区別されていない印象を受けます。

作りたい音楽・映像へのイメージが共有されているため、メッセージ性が高く完成度の高いMVを作り出すことが可能です。

曲と映像が一つのストーリーを作り上げているMVは必見です!

millennium paradeの名前の由来

スタイリッシュな印象を受けるmillennium paradeという名前ですが、どのような意図が込められているのでしょうか?

直訳すると、「千年期の行進」のような意味になります。

意味が取れそうで取れないこの言葉を理解するためにはmillennium paradeが掲げるテーマを理解する必要があります。

millennium paradeは「百鬼夜行」というテーマを掲げて活動しています。

新進気鋭のクリエイターを巻き込んで活動し、最終的に世紀の大行進やパレードを成し遂げようという意味が込められています。

やがて大きな群れとなって活動したいという意味が込められているKing Gnuという名前と少し共有する部分がありますね!

King Gnuとは何が違う?

millennium paradeには井口理さん以外のKing Gnuのメンバーが参加しています。

2つのグループがどう違うのかはっきりと理解できていない方も多いのではないでしょうか?

結論から述べると、2つのグループの違いは「作りたい音楽」です。

King Gnuは日本の音楽業界に多様性をもたらすために「Jポップ」に挑戦しています。

サビが明確にあったり、歌詞に英語があまり登場しないのはそのためです。

一方millennium paradeは現代アートのような「ポップアート」に挑戦しようとしています。

最先端の音楽を作り上げるためにサビのはっきりしていない曲や英語の曲などもリリースします。

このように音楽性の違いについて理解すれば2つのグループの住み分けが理解しやすくなると思います!

King Gnuの4人のメンバーが楽曲に参加することも

「ヤクザと家族 The Family」の主題歌として作られた『FAMILIA』では、井口理さんも楽曲に参加していています。

常田大希さんは前々より井口さんは「誰にも嫌われない声の持ち主」であり、「日本語の歌詞を歌わせるなら理しかいない」と明言しています。

今回も作りたい楽曲が日本語の歌詞の曲だったために井口さんが呼ばれたのだと考えられます。

今後も参加する機会はあると思うので、非常に楽しみですね!

millennium parade メンバー

曲によってボーカルやプレイヤーは変わりますが、基本的なメンバーを紹介していきたいと思います。

常田大希

millennium paradeのプロデューサーを務めていて、作詞作曲も担当します。

King Gnuでの活動の方が有名ですが、millennium paradeでは真に作りたい音楽を自由に作っている印象です。

常田さんは複数の楽器を演奏することができ、中でもチェロは日本3位、ベースは日本2位になるほどの腕前を誇っています。

クラシックにも精通しており、圧倒的な音楽的素養を持ちつつ、前衛的な表現にもチャレンジしています。

様々な分野で才能を発揮する常田さんの姿は非常に魅力的で目が離せません。

佐々木集

PERIMETRONのクリエイティブプロデューサーを務めていて、常田さんの相棒的存在の佐々木さん。

15歳で高校を辞め、ベース片手にロンドンに渡りライブ活動に明け暮れていました。

その後、YouTubeでKing Gnuの前身のバンドであるSrv.Vinciの曲を聞き、アプローチをかける運命的な出会いを果たしました。

現在はクリエイターとしての仕事がメインですが、ライブではラップなども行っておりミュージシャンとしてもmillennium paradeに貢献しています。

ermhoi

日本人の父とアイルランド人の母を持つermhoi(エルムホイ)さんはボーカリストで、主に英語の歌詞を歌い上げます。

透き通った高音はmillennium paradeが生み出すアーティスティックな音楽にぴったりです!

森洸大

森洸大はデザイナーとしてチームに貢献していて、ロゴデザインやアルバムワークを作り上げます。

ラッパーとしてライブに登場してパフォーマンスをすることもあります!

神戸雄平

デジタルアーティストとして活躍し、アニメーションなどを手掛ける神戸雄平さん

ポップでありつつ、どこか不気味さも感じる神戸さんの作品は中毒性があります。

他のアーティストのアルバムワークを手掛けることもあるので、実は見たことある作品も多いです!

MELRAW/安藤康平

サックス、ギター、ボコーダーを担当するMELRAWさん。

大学生の時に「山野 ビッグ・バンド・ジャズ・コンテスト』で最優秀ソリスト賞を受賞するなど、超一流の腕前を持っています。

サックスだけではなく、ギターも弾くなどマルチプレイヤーぶりを発揮しています。

ソロとしても活動していて、非常に活躍の幅が広いミュージシャンです!

江崎文武

江崎文武さんはオルガンやピアノを担当しています。

またwonkというバンドも掛け持ちしており、そこでもキーボードを担当しています。

東京芸術大学を卒業しており、そこで常田さんと出会いました。

鍵盤奏者としてmillennium paradeやKing Gnu以外のアーティストの作品にも参加しています

新井和樹

King Gnuのベーシストを務めている新井さんもmillennium paradeに参加しています。

全くリズムがずれないベーステクは非常に魅力的で、聴いていると思わず体がノッてしまいます。

石若駿

ドラム、シンセベースを担当している石若駿さん。

King Gnuの前身となるSrv.Vinciではメンバーとして活動していました。

石若さんも東京芸術大学出身で、そこで常田さんと意気投合。

アカデミックな環境で磨きあげたドラムテクは超一流です。

勢喜遊

King Gnuでドラムを務める関裕さんもmillennium paradeに参加しています。

派手なフォームで豪快にドラミングしつつも、リズムはキープし続けている。

そんな一流のドラムテクニックが魅力的です!

最後に

ここまでmillennium paradeの特徴やメンバーなどをご紹介してきました!

高いポテンシャルを持つメンバーで構成され、優れた楽曲を世に排出し続けるmillennium parade。

鬼才、常田大希率いる彼らの活躍から今後も目が離せません!

この記事を書いた人

この記事に関連するタグ

関連記事

新着記事