Penthouse(ペントハウス) – 東大発! 精鋭揃いシティソウルバンドの経歴とは…?

Penthouse(ペントハウス) – 東大発! 精鋭揃いシティソウルバンドの経歴とは…?

シティソウルバンドPenthouse(ペントハウス)は、東京大学の音楽サークル出身の6人で2018年に結成されました。

Penthousがユニークなのは東大出身のバンドというだけでなく、メンバーがすごい特技を持ち、さらには会社員やピアニスト兼YouTuberなど他に仕事をしながら音楽活動をしている点です。

結成直後からポップセンスと歌や演奏力の高さから注目を集め、デビューから1年程でV6に楽曲提供をしています。

2021年にリリースされた6thシングル「26時10分」と7thシングル「…恋に落ちたら」は、YouTubeやサブスクの再生回数がバンド史上最速ペースで急伸。

今回は、楽しみながら音楽活動をしている洗練されたバンドPenthouseをご紹介していきます!

インタビュー記事はこちら!

東大発のバンドPenthouseとは?

Penthouseの由来についてメンバーがハッキリと説明したことはまだありませんが、YouTubeのチャンネルではメンバーが談笑しながら、『由来はペントハウスで生活したいからにしよう』と後付けしています。

あまり馴染みのないシティソウルとは、「ジャンルを越えて融合した洗練されたポップ・ミュージックで、ヒップホップ以降のグルーヴを備えた音楽」と定義される、シティポップから派生したソウルミュージックです。

Penthouseは、東京大学の音楽サークルPOMPのOB合宿をきっかけに、元々ハードロックバンドをしていたヴォーカルの浪岡真太郎さんを中心として結成。

「日常をちょっとおしゃれに彩る音楽」をコンセプトとして、Maroon5の1stアルバム「Songs About Jane」のような音楽を目指して活動を始めました。

MEMO

こういう音楽をやろうと集まったわけではなく、大人数になってもみんなの相乗効果でよくしていけるバンドを目指して結成。人間性も含めて楽しくやっていけそうなメンバーを集めました。

結成から事務所に所属せずにフリーで活動しており、YouTubeやSNSにオリジナル曲やカバー曲などを投稿しています。

2019年6月に1stシングル「Fireplace」を公開すると、パワフルなツインヴォーカルとグルーヴィーで確かな演奏力から話題に。

発表されているオリジナル曲はまだ少ないですが音楽性の高さから注目を集め、デビューから1年程の新人バンドとしては異例の、V6のシングル「Its my life/PINEAPPLE」のカップリング曲「ただこのまま」を提供しています。

2020年12月に刊行されたコンピレーションアルバム「City Soul:Sparkle – Today’s Soul, AOR & Blue Eyed Soul」の5曲目に「Fireplace」が収録。

このシリーズの監修者であるブラックミュージック専門誌bmrの元編集長小渕晃さんが、『前半のハイライトとして選曲しました。その前の曲達は「Fireplace」を聴いてもらうためのものです(笑)』と言ってしまうほど絶賛しています。

音楽性の高さに加えて、メンバーのほとんどは仕事を持つ社会人でありピアニスト兼YouTuberをしていたり、個性の強いキャラクターでも人気です。

Penthouse・メンバー

浪岡真太郎(Vo/Gt)

  • 生年月日 1993年5月12日
  • 出身地 岩手県
  • 出身大学 東京大学(農学部)
  • 仕事 通信関係

作詞作曲も手掛けているギター・ヴォーカルです。

元ハードロックバンド「QUORUM」のヴォーカルとして、アメリカで開催されているSXSWへの出演やアメリカツアーも敢行。

2019年12月以降は、Penthouseに専念しています。

高校の軽音楽部でヴォーカルを始めて、エアロスミスのスティーヴン・タイラーを参考に独学で歌っていました。

東大に合格したのはバンドを始めてからです。

中学生の頃に、ペン回し世界チャンピオンになったこともあります。

大島真帆(Vo)

  • 生年月日 1994年1月13日
  • 出身地 東京都
  • 出身大学 青山学院大学
  • 仕事 転職エージェント

父親の影響もあって、幼い頃からDREAMS COME TRUEの吉田美和さんに憧れていました。

EPOさんや竹内まりやさんの歌を聴いているうちに、『私もこういう歌手になりたい』とヴォーカリストを志すように。

目指しているのは、歌声そのものが圧倒的で人を魅了できるパワフルなヴォーカリストです。

同じヴォーカルの浪岡真太郎さんについては、同期のライバルと思っているそう。

仕事終わりに週に1回2~3時間ジャズダンスに通い、歌だけでなくダンスで魅せるパフォーマンスを意識しています。

トークやスピーチも得意な目立ちたがり屋な性格と語り、大学時代にはラジオのパーソナリティもしていました。

Cateen/角野隼斗(Pf.)

  • 本名 すみのはやと
  • 生年月日 1995年7月14日
  • 出身地 東京都
  • 出身大学 東京大学大学院
  • 職業 ピアニスト

現在はPenthouseのピアノやピアニストだけでなく、チャンネル登録者数72万人(4月29日現在)のピアニストYouTuber「Cateen(かてぃん)」としても活動しています。

2018年のピティナ・ピアノコンペティションでは、非音大生として史上初の特級グランプリ、文部科学大臣賞、スタインウェイ賞を受賞。

その後半年間、フランス国立音響音楽研究所に留学しました。

ヨーロッパ各国でのリサイタルや国内ツアーも行っています。

2020年12月にはショパンやリストなどのクラシックと、オリジナル曲を収録した1stフルアルバム「HAYATOSM」をリリース。

宇宙飛行士の山崎直子さんは親戚です。

大原拓真(Ba)

  • 出身地 東京都
  • 出身大学 東京大学(文学部)
  • 仕事 メディア関係

Penthouse結成の話を聞いたときに、『働きながら友達とバンドがやれるなんて楽しそう!』と嬉しかったそうです。

飽きっぽい性格な為にひとつの事に打ち込み続けるのが苦手で、会社中心に生きていくのでもなく夢の為に苦しい下積みを耐えることもなく、偏らずに生活と楽しみのバランスをとれる今の活動が合っているとも語っています。

ボードゲームや麻雀、クイズ番組、アメトーーク!好き。

J-POPも好きで、aikoさんのファンです。

作詞にも関わっています。

矢野慎太郎(Gt)

  • 出身地 東京都
  • 出身大学 東京大学(法学部)
  • 仕事 新規事業サービス

目立つことが好きなギターには珍しく、自らを「じゃない方バンドマン」と称しているギタリスト。

ギターソロパートも、曲のテイストや流れを見て必要なら入れています。

ヴォーカルの浪岡真太郎さんが楽曲制作などの音楽活動に集中できるように、ミックス作業などの他にも、バンドのスケジュール管理と事務や企画など裏方の作業を引き受けています。

好きなアーティストはマキシマム ザ ホルモン

趣味はレコード鑑賞です。

平井辰典(Dr)

  • 出身地 福井県
  • 出身大学 東京大学(工学部)
  • 仕事 製薬会社

社会人を経験して、「バンドも仕事もチームで成果を出すもの」を確信したそうです。

東大も含めて学生時代の経験で今でも役に立っているのは、学業1:バンド9の比率とも語っています。

デヴィッド・ガリバルディ(タワー・オブ・パワー)やアダム・ダイチ(レタス)などのファンクビートを参考にドラムを叩いています。

ヒップホップのようなヨレるビートを取り入れようと、ドラマーの立場から浪岡真太郎さんに提案することも。

プレイリストを作って聴きまくり、語る会を開催したいほどの宇多田ヒカルファンです。

この記事をシェアをしよう!

この記事を書いた人

この記事に関連するタグ

関連記事

新着記事