10-FEET(テンフィ)メンバーの年齢、名前、意外な経歴、おすすめな曲とは…?

10-FEET(テンフィ)メンバーの年齢、名前、意外な経歴、おすすめな曲とは…?

かっこよさと親しみやすさを兼ね備えた兄貴分的バンド「10-FEET」(テン・フィート)。今や夏の風物詩となったロックフェス京都大作戦を主催する10-FEETの魅力をご紹介します。

「47都道府県の中から“おっとりとした上品な県”をひとつ挙げなさい」と問われたら、おそらく多くの人が「京都府」と回答するのではないでしょうか。

そんな伝統と歴史ある街、古都・京都のイメージからはほど遠いハチャメチャぶりでロックファンやバンドマン達から兄貴分のごとく慕われ、愛され続けている京都出身のバンドが今回ご紹介する10-FEET(テン・フィート)です。

彼らの最大の魅力は、観る者の感情を揺さぶる熱いライヴパフォーマンスでしょう。

お笑い芸人も顔負けの爆笑MCでファンの腹筋を崩壊させたかと思えば、同じ人間の口から発せられたとは思えないような心に響く言葉で涙腺を決壊させ、泣き暴れ必至の名曲の数々で観客の汗を最後の一滴まで搾り取っていく10-FEET。

「笑えて、泣けて、燃える」と三拍子そろった名バンドです。

正直なところ、10-FEETは有名なバンドではありますが、超ビッグスターというわけではありません。

しかし、だからこそ手の届かない存在ではなく、そっと寄り添ってくれる柔らかい毛布のようなバンドとしてファンとの信頼関係を築けてきたのかもしれません。

音楽的にはメロディック・パンクを軸足としながらもそこに拘泥することはなく、メタル、ヒップホップ、スカ、レゲエなどの多彩な音楽ジャンルの要素を臆することなく導入し、ミュージシャンとして成長し続けています。

近年では打ち込みを導入した楽曲も発表しており、「どんなジャンルでも良いものは良い!」という柔軟な姿勢を持ったバンドであることが伝わってきます。

ジャンルの垣根をぶち破って突き進むも頼れる3人組、10-FEETをご紹介していきます。

10-FEET/ テン・フィート


バンドメンバー(左から)
  • NAOKI(ナオキ) / ベース、ヴォーカル
  • TAKUMA(タクマ) / ヴォーカル、ギター
  • KOUICHI(コウイチ)/ ドラム、コーラス

10-FEET・メンバー

ごく初期にギタリストがひとり在籍していたことがインタビュー等で明らかになっていますが、その期間を除き10-FEETは上記3名のメンバーで20年以上活動しています。

TAKUMA(タクマ) / ヴォーカル、ギター

  • 芸名:TAKUMA(タクマ)
  • 本名:三田村 卓真(みたむら たくま)
  • 生年月日:1975年8月14日
  • 出身地:京都府京都市

ヴォーカルとギターを担当するTAKUMAは、野太い声と低く構えたギターが特徴的な10-FEETのフロントマンです。

小学校6年生の時に聴いたBon Joviでロックにハマり、スラッシュメタルバンドMetallicaMegadethを聴いたことをきっかけとして、ヘヴィメタルやハードロックの世界にのめり込んでいきました。

メインギターはMetallicaのジェイムズ・ヘットフィールドの影響でギブソン社のエクスプローラーという変形ギターを使用しています。

極端なほどギターを低く構えているため、ネックを立て気味にして右手はネックの根本あたりをピッキングするという演奏スタイルです。

他のアーティストとの共演にも積極的で、多くの楽曲に参加しています。

ごく一部ですが、代表的なものをいくつかご紹介します。

TAKUMA参加曲
  • MAN WITH A MISSION / “Database”
  • Dragon Ash / “SKY IS THE LIMIT”
  • TOTALFAT / “DA NA NA”

NAOKI(ナオキ) / ベース、ヴォーカル

  • 芸名:NAOKI(ナオキ)
  • 本名:井上 直樹(いのうえ なおき)
  • 生年月日:1977年8月24日
  • 出身地:京都府京都市

ベーシストのNAOKIはTAKUMAと共にヴォーカルを担う場面も多く、そのハイトーンの声色は“10-FEET第二の声”として楽曲に欠かせないものとなっています。

最初に手にした楽器は高校1年生の時に買ったギターで、Mr.BigGuns N’ Rosesなどのハードロックバンドを通過した後、Green DayThe Offspringといったバンドの影響からパンクを演奏するようになりました。

食べ物にはこだわりがあり、自身のブログに「ナオキ独断グルメ」と題したグルメレポを投稿しています。

KOUICHI(コウイチ)/ ドラム、コーラス

  • 芸名:KOUICHI(コウイチ)
  • 本名:中岡 浩一(なかおか こういち)
  • 生年月日:1975年9月12日
  • 出身地:京都府京都市

バンドの屋台骨としてドラムキットからフロントのふたりを見守るKOUICHIは、ライヴ中にいきなりヴォーカルを任されたりと“10-FEETのいじられキャラ”としてファンに親しまれています。

ロックに目覚めたきっかけは、中学校2年生の時に兄に聴かされたBOOWY

BOOWYのドラマー高橋まことの映像を観て「自分もドラムをやりたい!」と思い立ち、最初はドラムスティックではなく割り箸を使って練習していた、という光景を想像するだけでじわじわくるエピソードの持ち主です。

プロのミュージシャンになるつもりはなく、所有していた機材を売り払って保育士になるために準備をしていましたが、勧誘に来たTAKUMAとNAOKIからデモ音源を聴かされ、それがかっこよかったことから10-FEETに加入することを決めました。

2017年発表のアルバム『Fin』収録曲“十二支”ではメインヴォーカルを務めています。

10-FEET・バンド名の由来

フィートは長さを表す単位で、1フィート=0.3048メートルなので10-FEETは約3メートルを意味します。

頭上3メートルは手が届きそうで届かない位置ですが、それをわかった上での「高く飛び上がれ!」というメッセージが込められたバンド名です。

イギリスのパンクバンドThe Clashのメンバーだったジョー・ストラマー「Reach for the moon, even if we can’t. (月に向かって手を伸ばせ。たとえ届かなくても)」という有名な発言に通じるものがあります。

「できるかどうかじゃない。やるんだ!」という姿勢を表現したバンド名で、10-FEETはその精神に恥じない活動をおこなってきたバンドだと言えるでしょう。

10-FEET・略歴

1996年に京都府で結成された10-FEETは、2020年3月現在で8枚のフルアルバム、18枚のシングルを発表しています。

バンドの創成期は4人編成で“シンちゃん”というギタリストが在籍していましたが、脱退にともないTAKUMAがヴォーカルとギターを兼任することになりました。

MEMO
公式バイオやWikipediaなどでは1997年となっていますが、メンバーの証言により1996年結成が正しいと訂正されています。

結成後は京都府内を中心にライヴ活動をおこなうと共に、オリジナル曲を収録したデモ音源を制作。

すぐに大きなチャンスには結びつかなかったものの、ライヴ自体の評判は良く、会場で販売されたデモ音源は毎回売り切れになっていました。

2000年末に京都から東京へ拠点を移し、3人での共同生活を開始します。

物件は3LDKと手狭ではなかったものの、3人とも体重が10キロも落ちるなど、東京での生活は過酷なものでした。

音楽に本腰を入れるため、京都で就いていた仕事を辞めて上京した3人でしたが、レコーディングとツアーでほとんど家にいないことに気付き、2002年11月頃に再び拠点を京都に戻しています。

MEMO
上京を決意したきっかけは、東京のラジオ番組に出た際に「こっちで活動すればいいのに」と番組パーソナリティーからアドバイスを受けたことでしたが、いざ東京に出てきた10-FEETを見たその人は「え!?本当に来ちゃったの!?」と驚いた、という笑えないエピソードが残されています。

2001年にシングル『april fool』『May I help you?』を2ヶ月連続でリリースしてデビューを果たすと、2002年4月にはデビューアルバム『springman』を発表。

『springman』は大きなヒットにはならなかったものの、アルバムに伴うツアーでは最終日となる渋谷ON AIR WEST(現在のTSUTAYA O-WEST)がソールドアウトするなど、着実に人気は高まっていきました。

バンドの名を全国に知らしめたのが、2002年10月にリリースされた3枚目のシングル『RIVER』です。

現在でも10-FEETの代表曲としてライヴで重要な位置を占める“RIVER”は、オリコンのシングルチャートに何度も登場するロングセラーとなり、人気バンドへの扉をこじ開けるきっかけとなりました。

2003年にはシングル『nil?』でメジャーデビューを果たした10-FEETは、攻撃の手を休めることなく一気に突き進みました。

翌2004年にはメジャー初となるアルバム『REALIFE』をリリースすると、オリコンチャート最高9位というヒットを記録。

早くもオリコンチャート10位という壁を打ち破った彼らはチャートの常連となり、それ以降の作品を軒並みチャート上位へ送り込んでいます。

その中でも、“ヒトリセカイ”“アンテナラスト”などヒット曲を収録した2017年のアルバム『Fin』はオリコンチャート最高2位を記録し、現在のところバンドにとって最高位を獲得した作品となりました。

MEMO
2010年に発表されたベストアルバム『10-BEST 2001-2009』はバンドの意思に反して発売されたもので、10-FEETの公式ディスコグラフィーには掲載されていません。

2007年はTAKUMAの喉の不調によるツアー延期、初開催となる主催フェスティバル『京都大作戦2007〜祇園祭とかぶってごめんな祭〜』が悪天候により中止になるなど10-FEETにとってつらい年となりました。

短期間でふたつの厄災に襲われた彼らでしたが、TAKUMAは喉の故障を見事に乗り越え、京都大作戦も翌年以降は京都の夏の風物詩としてほぼ毎年(2018年は悪天候により中止)開催されています。

この出来事も彼らが最強のロックバンドとして成長するための試練だったのかもしれません。

10-FEET・京都大作戦

京都大作戦は10-FEETの活動10周年を記念して、2007年から京都府宇治市の京都府立山城総合運動公園で開催されているロックフェスティバルです。

初年度の2007年と2018年は悪天候のため開催見送りとなったものの、現在までに合計11回開催されており、京都の夏の風物詩として定着しています。

原則として毎年2日間に渡って開催されますが、2019年は『〜倍返しです 喰らいな祭〜』と題して、中止になった前年分を含めた全4日間の開催となりました。

日本のバンド主催のロックフェスティバルとしては、Hi-STANDARDが主催しているAIR JAMが有名で、10-FEETもその手法を参考にしたことは間違いありません。

Hi-STANDARD不在の2007年にスタートした京都大作戦のインパクトは絶大で、多くのバンドが10-FEETの背中を追うようにして自身のフェスティバルを開催しています。

バンドの出身地で毎年フェスティバルを開催するという文化を根付かせた10-FEETの功績は大いに評価されるべきでしょう。

出演アーティストは、ELLEGARDEN、マキシマム ザ ホルモン、ROTTENGRAFFTYといった10-FEETのイメージから容易に想像ができるバンドはもちろんのこと、つじあやの、MINMI、BEGINのように意外性のあるアーティストまで実に多彩な顔触れとなっているのも京都大作戦の特徴のひとつです。

会場内にはメインステージとなる源氏ノ舞台、サブステージとなる牛若ノ舞台のふたつが設置され、観客はタイムテーブルを見ながら好きなステージを観る方式です。

出演バンドにとっても源氏ノ舞台は憧れのステージで、そこに出演するということは、憧れの先輩10-FEETに認められたことを意味します。

2008・2009年と牛若ノ舞台に出演したものの、それ以降パタリと京都大作戦に呼ばれなくなったSiMが2013年に源氏ノ舞台のトップバッターとしてステージに立った際、ヴォーカリストのMAH「あの丘を越えるのに5年かかったよ!」と喜びを爆発させたMCは伝説となっています。

京都大作戦の名場面は数多くありますが、絶対に外せないのが2013年の10-FEETのステージでしょう。

彼らがHi-STANDARDの名曲“STAY GOLD”をカバー演奏している最中、本家Hi-STANDARDの横山健難波章浩が突如乱入。

TAKUMAとNAOKIから楽器を強奪すると、なんと“STAY GOLD”を演奏し始めたのです。

子供のようにステージを飛び跳ね、走り回り、狂ったようにヘッドバンギングをキメた後、ステージに突っ伏して号泣するTAKUMAの姿は、完全にパンクキッズそのものでした。

そんな“奇跡が起こる場所”京都大作戦は、これからもファンとバンドマンの夢を乗せて開催され続けるでしょう。

10-FEET・オススメ曲

10-FEETのアルバムは名曲の宝庫なので「全部聴いてください」で終わらせたいところですが、心を鬼にして厳選したオススメ曲をご紹介します。

RIVER

2004年発売のセカンドアルバム『REALIFE』(リアライフ)収録のシングル曲。

ある意味では非常にベタな選曲ですが、「これを聴かずして10-FEETを語るなかれ」という一曲です。

ライヴで絶大な盛り上がりを見せる必殺曲で、会場全体で声を合わせて合唱する<助けてのその一言は>から始まる中間パートの感動と言ったら…。

MEMO
四星球がカバーした“時間がないときのRIVER”は爆笑必死なので、お時間のある方はそちらも是非聴いてみてください。

1sec.

2009年発売の8枚目のアルバム『Life is sweet』収録のシングル曲です。

ミクスチャー・ロック的なオープニングからヘヴィなリフに突入し、疾走感抜群のメロコアで突っ走った後は、思わずシンガロングしながらダイヴしたくなるサビへ雪崩れ込むキラーチューン。

「僕らこういうバンドです」とでも言いたげな魅力がギュッと詰まった名刺代わりの1曲です。

ハローフィクサー

2019年7月24日にリリースされ、オリコンチャート最高6位を記録したシングル曲。

「あれ?再生する曲間違えたかな?」と心配になるような洒落たイントロから始まる曲ですが、安心してください、10-FEETですよ。

お洒落⇒ヘヴィ⇒お洒落と曲調がコロコロと変化し続けて最初は落ち着かない気持ちになるものの、慣れてくるとそれが気持ちよくてクセになります。

アメリカのヘヴィロックバンドSystem of a Downからの影響を感じさせるパートも登場し、普段ヘヴィ系を聴いているリスナーにも向いている一曲です。

最新情報

「京都大作戦2021」第一弾発表!

7月3日(土)、4日(日)、10日(土)、11日(日)の4日間に渡り開催される「京都大作戦2021」の出演アーティスト第一弾が発表されました。

10-FEET・最後に

『OF THE KIDS, BY THE KIDS, FOR THE KIDS』。

これは10-FEETが活動開始当初から掲げているスローガンで、彼らの映像作品のタイトルとしても使われているファンにはお馴染みの言葉です。

元ネタはアメリカ大統領リンカーンの有名な演説の「government of the people, by the people, for the people(人民の人民による人民のための政治)」だということは言うまでもありません。

TAKUMAはこの言葉に「いついかなる時もキッズ(ファン)を大切にする」という想いを込めていると言います。

「自分はステージに立っている人間だけれど、決して特別な存在ではなく、今も音楽を愛するひとりのキッズなんだ」という視点を忘れないからこそ、10-FEETの音楽はこんなにも僕らの胸にまっすぐに響くのかもしれません。

あわせて読みたい!

この記事を書いた人

この記事に関連するタグ

関連記事

新着記事