THE BOYZ(ザ・ボーイズ) 「全員センター級」K-POPボーイズグループの経歴とは?

2019年、韓国で反響を呼んだサバイバル番組「Queendom(クィーンダム)」が放送されました。現役の女性アイドルグループが出演し、様々なミッションに挑戦して順位を競い合うという番組です。

2021年には「Queendom」の男性版である「Kingdom(キングダム)」の制作が決定し、この番組に出演するグループを決める予選番組「Road to Kingdom(ロードトゥキングダム)」が2020年に放送されました。この番組で優勝を掴み取ったのが今回紹介する「THE BOYZ(ザ・ボーイズ)」です。

メンバー紹介はこちら!

THE BOYZって、どんなグループ?


THE BOYZは、2017年にCre.kerエンターテイメントからデビューしたボーイズグループです。結成初期は仮の名前として「Cre.kerz(クラッカーズ)」と名乗っていました。12人編成のグループでしたが、途中でメンバーの脱退があり現在は11人で活動しています。

MEMO
THE BOYZは、大手事務所SMエンターテインメントの元社員で様々な人気アイドルを抜擢してきた人物が手がけたグループとしても話題になりました。

THE BOYZというグループ名には「大衆の心を捉えるたった1人の少年になる」という意味が込められています。韓国語では「더보이즈(ドボイズ)」と発音されるので「ドボ」という略称で呼ばれています。

MEMO
ファンクラブ名は「THE B(ドビ)」で「ファンはTHE BOYZのビタミンのような存在である」という意味や「THE BEST」という意味があるそうです。

THE BOYZは11人で構成されているグループですが、ダンススキルが高い「パフォーマンスチーム」と、歌唱力が高い「アンサンブルチーム」に分かれています。

パフォーマンスチーム
  • ヨンフン
  • ジュヨン
  • キュー
  • チュハンニョン
  • ソヌ
  • エリック

アンサンブルチーム
  • サンヨン
  • ジェイコブ
  • ヒョンジェ
  • ケビン
  • ニュー

THE BOYZが他のK-POPアイドルグループと違ったのは、メンバーの中に人気番組「PRODUCE 101」や「高等ラッパー」などに出演した練習生がいたことと、外見が「全員センター級」と表現されるくらいの良さを持っていたことから、デビュー前から大きな人気とファンを獲得していたことでした。

グループとしてはまだ特に大きな実績はありませんでしたが、何社もの広告会社や出版社などからラブコールを受けており、デビュー前から制服の専属モデルに抜擢されるなど業界関係者からも注目を浴びていました。

さらに、正式デビュー前に日本のソニーミュージックとマネジメント契約を行ったことにも注目されました。通常はデビューして韓国国内で活動を行い、ある程度のファンと実績を持った後に日本デビューという流れがあるのですが、THE BOYZは、その一連の流れを飛び越えてしまったのです。

2017年12月6日、THE BOYZは1stミニアルバム「THE FIRST」を発売し、待望のデビューを果たしました。デビュー日にはショーケースを開催しましたが、なんと4,000席規模の会場が準備され、韓国以外の国からもファンが応援に来るほどの人気でした。これほどまでに大きな会場でデビューショーケースが開催されたグループはなかなかいないと思います。

華々しいデビューを飾ったTHE BOYZは、デビューから約5ヶ月後の2018年4月に早くも2ndミニアルバム「THE START」を発売し、高速カムバックします。発売直後から韓国の音楽リアルタイムランキングで1位を記録し、以前より強い勢いを見せました。

このアルバムは「Ready」「Set」「Go」という3つの形態で発売されたのですが、特に「Ready」は、メンバー全員がジャケットの写真撮影や構成などを手がけた限定版アルバムとして発売されたため、即完売という状態になりました。デビューから数ヶ月で作品の構成に関われる機会があることは珍しいと感じます。

2017年12月にデビューしたTHE BOYZは、2018年が新人賞をもらえる年となっていました。メンバーはデビュー前から「デビューの年にしか受賞できない新人賞がほしい」と語っていました。そして現実にTHE BOYZは2018年の新人賞を総なめにしたのです。

「Asia Artist Awards」や「Melon Music Awards」などの音楽関係から「2018年ブランド大賞」という韓国国民の投票で決まる1年で最も輝いたブランドを選ぶ賞まで受賞しました。しかもブランド大賞に関してはデビュー後8ヶ月で受賞しており、いかにTHE BOYZが世間から注目を浴びているのかが確認できた瞬間でした。

MEMO
2018年にはアメリカビルボード誌が選んだ「10 Best New K-POP Acts of 2018」にもTHE BOYZがリスト入りするなど、世界での人気も証明されています。

2019年には、初の単独アジアツアーが開催されました。このツアーはファンコンサートと題され、メンバー全員がソロステージやユニットステージを披露したり、トークコーナーやダンス対決など歌以外の魅力を見ることができました。

このファンコンサートでは、ソウルを皮切りに日本や香港、タイ、インドネシアなど8カ国を周っています。さらに、ツアー中に2ndシングル「Bloom Bloom」を発売するなど、音楽活動も積極的に行いました。

THE BOYZは、デビュー前からファンや関係者の関心を集め、ファッション雑誌やバラエティ番組への出演を通してグループの認知度が高かったグループですが、まだ音楽番組で1位を獲得した経験はありませんでした。音楽番組で1位を獲るためには、CDの売上や音源の再生回数、視聴者の投票が関係してくるので容易ではありません。

デビューから1ヶ月かからずに音楽番組1位を獲得するグループがある中で、1位を獲得することなく解散していくグループがある厳しい音楽業界…。THE BOYZが念願の1位を手にしたのはデビューから約1年半後、2019年5月のことでした。

2ndシングル「Bloom Bloom」で初の音楽番組1位を獲得したとき、THE BOYZは日本公演のために音楽番組への出演はできませんでした。そのため、スタッフがお祝いのケーキを持ってメンバーたちに伝えに行くという形がとられました。

嬉しい報告は、動画配信でファンと共に共有されました。1位になったことを知らされていなかったメンバーは「ケーキ?誰かの誕生日?」と戸惑っていましたが、1位獲得の報告を聞くと言葉が出ないほどの驚きを見せていました。だんだんと実感して1人また1人と涙を流すメンバーが増えていったのがとても印象的でした。

この1位獲得がきっかけとなったのか、3ヶ月後の2019年8月に発売された4枚目のミニアルバム「DREAMLIKE」では、アルバムが発売されるや否やアメリカをはじめ、フランスやロシアなど7カ国のiTunes K-POPアルバムチャートで1位にランクインし、目に見えた人気が至る所で確認され始めました。

MEMO
アメリカでは「Bloom Bloom」がアメリカビルボードの「ソーシャル50」チャートにランクインされ、アメリカの人気番組「Good Day New York」にも出演が決定しました。

しかし2019年10月、以前から体調不良を理由に何度かグループ活動から離脱し、休養していたメンバーのファルが脱退を発表しました。ファルは、公式サイトに直筆のメッセージを掲載し「完璧ではない姿で舞台に立たざるを得ないことが、自分自身に多くのプレッシャーを与えていた」と自分の言葉でファンへ対して気持ちを伝えています。

ファンとしては、ゆっくり休んでまた新しい姿を見せてくれればという気持ちがあったのかもしれませんが、ファル本人にとってはそれが新たなプレッシャーとなっていたようです。

11人体制での活動がスタートしたTHE BOYZは、2019年12月に初のヨーロッパツアーに乗り出します。夏に発売したミニアルバム「DREAMLIKE」がドイツやフランスでも1位を獲得していたこともあり、アジア以外での人気も上昇していました。

また、2019年11月には日本デビューも果たしました。この時期は、韓国国内でも活動を行っていたので、まさに世界中を駆け巡ったアイドルグループだったのではないでしょうか。

2020年は1stフルアルバム「REVEAL」の発売からスタートしました。このアルバムは今までの爽やかなイメージから脱却し、THE BOYZの成長とセクシーさやカリスマ性が溢れたアルバムとなっていました。また、トラックリストの最後には「Spring Snow」というファンソングを収録するなど、ファンへの感謝の気持ちも込められたアルバムとなりました。

MEMO
アルバム発売後には、イギリスやデンマークなど海外5カ国のiTunes K-POPアルバムソングチャート1位を獲得しており、韓国国内でも週間アルバムチャート1位を記録しています。

Road to Kingdomへの出演


2020年4月、THE BOYZにとって新たな挑戦が始まりました。2019年「Queendom」として反響を呼んだサバイバル番組の男性版として「Kingdom」の制作が決定し、その出演権をかけた番組「Road to Kingdom」が放送されることになりました。THE BOYZがその番組に出演することが決定したのです。

「Road to Kingdom」に参加したアイドルグループは、韓国国内のチャートで1位を獲得していないグループを中心に集められており、音楽番組などでもBTSやSEVENTEENなど第一線で活躍しているアイドルグループの後ろにいるイメージが多いグループが選ばれていました。

このようなティザー映像まで作られました。ファンの気持ちとしては複雑ですよね…。グループのイメージにも繋がるため出演交渉も難航したようです。しかし、活躍して自分たちを覚えてもらいたいという志を持ったグループが出演を決めた「Road to Kingdom」は、結果的にグループ全体のスキルアップやイメージアップに繋がったと感じました。

番組では、課題曲を自分たちで新解釈したステージを披露したり、2つのグループがコラボして作られたユニットステージを披露したりと、様々な形でサバイバルが行われました。THE BOYZは途中で順位を落としながらも、ほぼ毎回のように1位の座を守り切り、見事「Kingdom」への出場権を獲得しました。

「Kingdom」に出場できるのは、ファイナルステージ評価で1位を獲得したグループと、動画再生回数や音源点数、視聴者投票数などの累計ポイントが1位だったグループの最大2組となっていましたが、THE BOYZは、ファイナルステージで1位を獲得しただけではなく、累計ポイントでも2位に結果を大きく離す点数で文句なしの単独優勝となりました。

MEMO
この番組は、韓国国内だけではなくYouTubeを通じてグループのパフォーマンス映像が公開され、国内外からTHE BOYZのパフォーマンススキルの高さを評価する声が聞こえました。

「Road to Kingdom」の最終回では、2020年内に「Kingdom」が放送されると期待される演出がありましたが、その後、2020年内の放送がなくなったことが発表されていました。

しかし、2020年の年末に放送された「Mnet Asian Music Awards 2020」で、THE BOYZ、Stray Kids、ATEEZのメンバーがパフォーマンスを行い、最後に「Kingdom COMING SOON」という映像が出現しました。突然の展開と、Stray KidsとATEEZという人気グループの参戦決定に、世界中のK-POPファンが驚いたことと思います。

残念ながら「Road to Kingdom」で1位を獲れなかったグループも、この番組をきっかけに様々な番組に出演するようになりましたし、新たなファンも獲得していると感じます。そして優勝したTHE BOYZは、音楽面でもさらに注目を浴びることになりました。

新たなステージへ

「Road to Kingdom」への出演で確実なステップアップを踏んだTHE BOYZは、2020年9月に初のオンラインコンサートを開催します。本来は3月にオフラインでの単独コンサート開催を予定していましたが、新型コロナウィルスの影響で延期になってしまい、オンラインコンサートという形となりました。

THE BOYZは、今までにもショーケースやファンコンサートで度々ファンの前でパフォーマンスを披露してきましたが、意外にも単独コンサートは今回が初となります。このコンサートは世界中のファンが視聴し、数百万という再生回数を記録しました。

2020年9月には5枚目のミニアルバム「CHASE」を発売しました。「Road to Kingdom」出演後、初めて発売された楽曲ということもあり、前作の2倍以上の売上枚数を記録、タイトル曲「The Stealer」は音楽番組で2冠を達成しています。

日本での活動


THEBOYZは、日本での活動も行っています。初めて日本でのショーケースが行われたのは2018年11月のことでした。以前から韓国の音楽やカルチャーを紹介したイベントでは日本公演を経験していましたが、単独ショーケースは初の開催となります。

この公演は2,700席というキャパシティに対して40,000以上の申し込みがあったそうです。日本ファンの反応にメンバー自身も「申し込みがこれほどまで多かったとは予想していなかった」と、驚きを隠せない様子でした。

日本ではデビュー日となった2017年12月6日からオフィシャルサイトが開設され、公式Twitterやモバイルファンクラブも次々と開設されました。日本ファンクラブでしか見られないコンテンツが準備されたり、韓国版CDの販売に日本だけの特典を付けたりと、日本にいながらもTHE BOYZを応援できる楽しみがありました。

また、音楽番組やハングル講座、韓国の情報を伝える番組など様々なメディアにTHE BOYZのメンバーがゲスト出演し、パフォーマンスを披露したり日本語でのトークを繰り広げたりしました。デビュー前にソニーミュージックと契約をしていただけあって、日本での活動もスムーズに行えていると感じました。

番組出演以外にも日本のファンを対象としたオンラインコンサートの開催や、ポップアップストアなども展開し、まるでTHE BOYZが日本で活動しているかのような気持ちにさせてくれました。

THE BOYZは日本でオリジナルアルバムを発売し、日本デビューもしています。2019年11月に発売された1stミニアルバム「TATTOO」は、日本オリジナルアルバムでありながらほとんどの楽曲が韓国語で構成されていることでも注目を浴びました。

しかも、韓国で既に発売された曲をそのまま日本語版として発売するというのではなく完全オリジナル楽曲となっており、その点が他のアイドルグループとは違うところであり特徴だと感じます。2021年には新たな日本オリジナルアルバムの発売が決定しています。どんなアルバムになるのか楽しみですね!

2020年12月にはデビュー3周年を迎えたTHE BOYZ。毎年いい意味で違った表情を見せてくれる彼らは、今後どのように成長していくのか楽しみで仕方ありません。THE BOYZの新たな挑戦を近くで見守っていきたいと思います。

THE BOYZおすすめ曲

THE BOYZの楽曲は、爽やかな曲から中毒性を感じる曲までジャンルの幅広さが魅力です。そして、なんと言っても良曲が多いことを知ってもらいたいです。

また、11人という大人数にも関わらず細やかに計算されたフォーメーションも見所だと感じます。今回はTHE BOYZのパフォーマンスが見られるMVを準備したので、楽曲と併せて見てみてください。

No Air


2018年11月に発売された3rdミニアルバム「THE ONLY」のタイトル曲です。

爽やかなダンス曲となっており、サビ部分の「僕の目が、息が、心が君を望んでいる」「No Air」のワードが頭の中に残り、何度も聞きたくなってしまう楽曲です。「目」を意味する振り付けも印象的です。

MVではメンバー1人1人の映像とパフォーマンスがバランス良く見られます。特にフォーメーションに注目していただきたいMVで、メンバーが画面から飛び出してきそうなパフォーマンスを見せてくれています。

D.D.D


2019年8月に発売された4枚目のミニアルバム「DREAMLIKE」のタイトル曲です。

恋愛によって自分の世界が広がっていく楽しさをダンスで表現している曲になっています。夏の暑さと曲の爽やかさがリンクして、聞いていて心地良さを感じさせます。

この曲はMVではなく音楽番組の映像を準備してみました。ファンと一体になった「D.D.D」を楽しんでください。

The Stealer


2020年9月に発売された5枚目のミニアルバム「CHASE」のタイトル曲です。

今までの爽やかなイメージからダークでセクシーなイメージになりました。ヒップホップを全面に出した楽曲でラップが印象に残る楽曲だと感じます。

「The Stealer」というタイトルには「泥棒、盗む人」という意味があり、パフォーマンスにも追撃者をイメージした振り付けが入っています。

MEMO
ソヌが作詞に参加した楽曲としても注目を浴びました。

まとめ


デビュー前から人気があったTHE BOYZですが、サバイバル番組「Road to Kingdom」に出演したことにより、楽曲やパフォーマンスにも注目が集まり、グループ全体のイメージが変化したと感じます。

新型コロナウィルスが収束したら、世界に羽ばたくグループになると思いますし、日本での活動も増えることでしょう。日本での音楽番組への出演もさらに増えることを期待します。そして「Kingdom」では、どんな姿を見せてくれるのか楽しみです!

この記事を書いた人

この記事に関連するタグ

関連記事

新着記事