YouTuber バンド特集!音楽の才能を開花させて楽曲をリリースしたYouTuberは…?【東海オンエア、フィッシャーズ、はじめしゃちょー】

東海オンエアやフィッシャーズなど、グループのYouTuberってなんとなくバンドっぽいと思ったことはありませんか?

もし数年前だったらバンドを始めていたかもしれない人達が、今YouTuberになっているのかもしれません。

2020年も後半に入った最近では、はじめしゃちょーと岡崎体育さんのコラボ曲や、ヴァンゆんがリリースする1stシングルが話題になっています。

YouTuberは動画で笑わせてくれたりタメになる情報を教えてくれるだけでなく、曲をリリースしている人もたくさんいます。

そこで今回は、これまで人気YouTuberが発表したオリジナル曲をご紹介します!

オリジナル曲をリリースしているYouTuber【楽曲名】

東海オンエア【Coming Out of THE WORLD.】


https://uuum.jp/

チャンネル登録者数550万人以上で、動画再生回数は68憶回以上、2020年1月~6月に最も多く再生されたチャンネルランキングのインフルエンサーパワーランキング2020年上半期で1位を獲得し、毎月5〜10万人単位でちゃんねる登録者数が増えている大人気YouTuberが東海オンエアです。

東海オンエアといえば体を張った過激な企画や悪ふざけのネタ動画ですが、アーティストとしてこれまでシングルを2作リリースしています。

1stシングルは、2018年7月に配信リリースされた「Coming Out of THE WORLD.」。

この曲は、いじっていいのか迷うくらい微妙な面白くない程度の音痴を自認している、音楽素人のリーダーのてつやさんが作詞・作曲したものを、プロに渡したらどれほど良い曲に仕上がるのかを検証した動画『「くそ素人が作った歌」をプロに渡したらどれぐらい完成度上がるの!?』から誕生しました。

翌年の2019年11月には、エース(しばゆー)、スター(としみつ)、カリスマ(てつや)の目立つことが大好きな3人で結成したユニットリサイタルズとして、シングル「俺らリサイタルズ」を配信リリース。

作詞はエースことしばゆーが担当、作曲を手掛けたのは、ぼくのりりっくぼうよみ、みやかわくん、CHEMISTRYなどに楽曲提供しているケンカイヨシさんと後輩のマツバケンタさん。

いきものがかり「じょいふる」、きゃりーぱみゅぱみゅ「PONPONPON」などの振付をしたair:manによるアイドルっぽい振付も評判となり、MVの再生回数は1600万回を突破しています。

フィッシャーズ【虹】

中学の同級生で結成し、高校生になった2010年から動画投稿を始めているフィッシャーズ

YouTube界のアカデミー賞とも言われているStreamy Awardsのアジア太平洋部門の日本人初受賞や、2019年のYouTubeR再生回数世界トップ9(19億回再生)にランクインするなど、大御所YouTuberの風格も漂い始めています。

フィッシャーズは活動期間が長いこともあり、音楽作品はシングル8作とアルバム2作をリリースしています。

1stシングルは2016年7月リリースの「チャンピオンロード」。

現在は活動休止中のニコニコ動画の歌い手「こめてっと。」ことぺけタンがヴォーカルを務めて、ンダホが作詞とコーラスを担当しました。

フィッシャーズのシングルで最もヒットしているのは「」です。

2017年8月に7ndシングルとして配信リリースと同時にYouTubeにMVがアップされると、約7000万回再生を記録

メインヴォーカルはぺけタンンダホが作詞と作曲を手掛けMVの撮影と編集はマサイシルクがラップを担当し、ザカオがダンスを披露するなど、フィッシャーズのメンバーそれぞれの魅力が詰まった一曲です

スカイピース【スタートダッシュ】

vineに投稿していたテオくんとニコニコ動画出身のラッパー☆イニ☆(じん)の音楽ユニットYouTuberスカイピースは、大手ミュージックレーベルのソニー・ミュージックレコーズに所属しています。

チャンネル登録者数は310万人ですが、YouTuberブームがある程度落ち着いてきた現在でも、投稿から半年以内で300~400万再生を越える動画も複数あるほどの人気ぶり

その勢いのままに、スペースシャワーTVで初の冠番組「スカイピースの急上昇学園」が2020年9月からスタートしました。

さらには、NHKみんなのうたの為に書き下した曲「愛w君」は2020年12月~1月の放送が決定しています

1stシングルは、2017年8月に配信リリースした「スタートダッシュ」

CDの1st「雨が降るから虹が出る」は、2018年5月にリリース。

雨が降るから虹が出る」は、アニメ「七つの大罪」のオープニングテーマに起用され、オリコンチャート17位を記録、MVのYouTube再生回数が640万回を突破するヒットを記録しています。

あわせて読みたい!

はじめしゃちょー【YouTuberあるあるソング】

キッズ系YouTuberのキッズラインがチャンネル登録者数で日本初の1000万人越えを公表した2020年8月まで、日本の最多登録者数だと思われていたはじめしゃちょー

チャンネル登録者数の件についてのネタ動画「ぼくはもう日本1のYouTuberじゃないです。」はこちら。

そんなはじめしゃちょーは、2020年9月に岡崎体育さんをプロデューサーに迎えた自身初のシングル「YouTuberあるあるソング」をリリースしました。

ロックバンドのMVあるある曲「MUSIC VIDEO」で、それやっちゃっていいの!?怒られるよ!!と音楽シーンを震撼させた岡崎体育さんお得意のYouTuberにツッコミを入れるあるあるネタ満載の歌詞は、はじめしゃちょーとの共作です。

あわせて読みたい!

HIKAKIN & SEIKIN【YouTubeテーマソング】

日本のYouTuberのパイオニアHIKAKINさんは、お兄さんのSEIKINさんとのユニットHIKAKIN & SEIKIN名義で4作シングルを発表しています

2015年8月に1stシングル「YouTubeテーマソング」をCDリリースすると、 iTunes総合アルバムランキング2位など複数のチャートにランクインし、この曲のMVがYouTube再生回数でHIKAKINさんにとって初の1憶回突破を記録。

HIKAKIN & SEIKINの楽曲は全てSEIKINさんが作詞・作曲を担当しています

アーティストが大勢出演する音楽番組で歌ったYouTuberの先駆者でもあり、2017年にミュージックステーションの「Mステスーパーライブ」にYouTuberとして初出演以降、3年連続で出演中です

さらに小室哲哉さんのリアレンジバーション「YouTubeテーマソング -Tetsuya Komuro Rearrange-」も配信リリースされました。

2017年10月には2nd「雑草」、2018年11月に3rd「今」、2019年12月に4th「夢」とコンスタントにリリースを続けており、アーティスト活動にも力を入れています。

すとぷり【苺色夏花火】

6人組エンタメユニットすとぷりは、シングルリリースの前に初オリジナル曲のMV「StrawberryPrinceForever」を発表。

そして2018年9月に1stシングルとして「苺色夏花火」をYouTubeにアップしました

当初はMVだけでしたが、2020年5月30日に6th「マブシガリヤ」までのシングル作品全てを配信リリースしてからは、MVをアップした数日後に配信リリースしています。

コラボライブも開催したHoneyWorks書き下ろしの「おかえりらぶっ!」は、1stアルバム「すとろべりーらぶっ!」に収録。

頑張っている人に温かいエールを送って応援してくれる元気が出る曲です

人気アニメ「妖怪ウォッチ」の新シリーズ「妖怪学園Y ~Nとの遭遇~」のオープニングテーマ「ギンギラ銀河」は、ボカロプロデューサーのナユタン星人が作詞・作曲を担当しました

48(フォーエイト)【こたつバースデーソング】

大阪アメリカ村の48STUDIOを拠点にしている、クリエイター・モデル・アーティストなど8人組YouTuberでTikTokerの48(フォーエイト)

1stシングルとしてリリースしたのは、2020年2月に配信スタートの「こたつバースデーソング」です。

この曲はリーダーこたつさんの誕生日を祝うためにサプライズで制作が進められました

撮影の際に、こたつさんに内緒で突然メンバーが「こたつバースデーソング」を歌い始めると、こたつさんは大号泣し、それを見たメンバーも一緒に泣いてしまいました。

感動の1stシングル後はハイペースでリリースを続け、5月に2nd「えがおの芽」、6月には3rd「Together~あのヒカリの先へ~」を配信スタートしています。

まふまふ【命に嫌われている。】

作詞と作曲、編曲、歌唱、演奏、そしてエンジニアリングまで1人でこなし、ニコニコ動画の歌い手でもあり、歌い手そらるさんとのユニットAfter the Rainでも活動中の、クリエイターでアーティストのまふまふさん

YouTubeのまふまふちゃんねるは、2014年から始めました。

2018年1月10日にYouTubeにアップした、カンザキイオリさんの曲を歌った「命に嫌われている。/まふまふ【歌ってみた】」が、再生回数8000万回を突破しています

2020年10月18日にアップした初監督動画の「ひともどき」は、初顔出しの実写MVです

あわせて読みたい!

ねお【プチアガール】

TikTokやYouTubeなど、SNS総フォロワー数500万人のモデル・タレントのねおさんは、2020年3月にブルボン「プチシリーズ」のCMソングでもある1stシングル「プチアガール」を配信リリース

さらに「プチシリーズ」のCMにも出演しています

吉田朱里【ジッパー】

NMB48のメンバー吉田朱里さんは、2016年にAKB48グループの現役メンバーとして2人目のYouTube個人チャンネルを開設

チャンネルに、小さい頃から好きだったコスメやメイク、ヘアアレンジなどの「女子力動画」をアップし始めました

AKB総選挙で選抜メンバー入りするほどの人気アイドルでありながら、YouTubeには自分で企画・撮影・編集した動画をアップしています。

2018年にMV集「NMB48 ALL CLIPS -黒髪から欲望まで-」の発売記念で実施された「ミュージックビデオファン投票」で、全112作品のなかでファン投票1位になったのが、吉田朱里さんが編集した「ジッパー」です。

2作目のMV「キャンディー」は、AKBチームBとのユニット曲です。

NMB1期生としてメンバーを引っ張ってきた吉田朱里さんは、結成10周年を節目として、2020年10月24日(土)に開催される「NMB48 吉田朱里卒業コンサート ~さよならピンクさよならアイドル~」を最後にNMB48から卒業

YouTuberやモデル、アパレルブランド「Amiuu wink」とコスメブランド「B IDOL」のプロデュースなど、多才な吉田朱里さんの今後の活動に注目が集まっています。

ボンボンTV【キミとキラキラ】

「まずは見てみる、やってみる!」をテーマにした「やってみた動画」でお馴染みのボンボンTV

HIKAKIN、SEIKIN、はじめしゃしょー、フィッシャーズなど有名YouTuberとのコラボ動画が多いことでも知られている人気YouTuberです。

メインチャンネルボンボンTVの他に、歌やダンス多めの教育系チャンネルボンボンアカデミー、メンバーのいっちーさんとなるさんのゆるい日常を撮ったいちなるTV、視聴者と青春を楽しむ為のぷらぷらぶといったサブチャンネルも好評です。

ボンボンTVチャンネルに最初にアップされた曲は、いっちーさんとなるさんの「キミとキラキラ」

ボンボンドリーム」では、よっちさん、えっちゃん、りっちゃん、いっちーさん、なるさんの、当時のレギュラーメンバー5人が出演しています。

がーどまん【仲間】

2018年7月にYouTubeにチャンネルを開設するとわずか1年で登録者数100万人を突破し、その後も伸び続けて150万人をも越えているがーどまんさん。

数々のドッキリ動画で人気のYouTuberでありながら、ヒップホップシーンでよく知られている実力派ラッパーです。

高校生の頃から頭角を現し、MCバトル大会の「KING OF KINGS2018」西日本予選で優勝した経歴の持ち主。

そんながーどまんさんのYouTubeチャンネルのチャンネルがーどまんで最も再生回数の多い人気曲は「仲間」です

ヴぁんゆん【ラ・ラ・ランデヴー!】

元ビジュアル系バンドのヴォーカルだったヴァンビと元アイドルでMSJのメンバーだったゆんの、2人組YouTuberヴぁんゆん

2020年11月12日に配信リリースされた「ラ・ラ・ランデヴー!」で、ユニットでのアーティスト活動をスタートしました。

2019年から「ダウンタウンDX」「有吉反省会」「幸せ!ボンビーガール」「さんま御殿」などへのテレビ出演が増えており、今後YouTubeだけでなく他方面での活躍が期待されている人気ユニットです。

LiSAさんが歌う劇場版「鬼滅の刃 無限列車編」のテーマソング「炎」を、竈門炭治郎と禰豆子に扮した2人がTHE FIRST TAKE風に歌う「歌ってみた」では、元々アーティスト活動していた2人の歌唱力の高さが話題に

最後に…

お笑い芸人やアイドルなどのタレントだけでなく、スポーツ選手など各業界で活躍しているプロも続々とYouTubeにチャンネルを開設し始めたことで、無名だった人が有名になる手段としてのYouTubeが変わり始めています。

一方では、YouTube以外の活動を始めているYouTuberも増えているので、これからもYouTuberのアーティスト活動を楽しみにしていましょう。

あわせて読みたい!

この記事を書いた人

この記事に関連するタグ

関連記事

新着記事