[Alexandros](アレキサンドロス)- メンバーの年齢、名前、意外な経歴とは?


「ドロス」の愛称で親しまれ、今やスタジアム級の会場すら手中に収めたモンスターバンド[Alexandros](アレキサンドロス)。不本意な改名をも乗り越えて見せた[Alexandros]の魅力をご紹介します。

疾走感と力強さを併せ持つバンドサウンドに乗せて歌われる高音域のヴォーカルが印象的な“ワタリドリ”の大ヒットにより、音楽ファンのみならず一般層にまでその名を轟かせたロックバンド、[Alexandros](アレキサンドロス)。

映画の主題歌やCMソング、テレビ番組のテーマソングなどリリース後数年に渡って様々な場面で使用された“ワタリドリ”は、オリコンチャート最高5位という数字以上の意味を持った“大出世作”だと言えます。

生涯無敗を誇った古代マケドニアの王、アレクサンドロス3世の名をバンド名に冠する彼らは、その異名でもある“征服王”の如く、音楽業界の頂点を目指す野心的なバンドです。

インタビューでバンドの目標を尋ねられた際、彼らが挙げたのは日本武道館でもなければ紅白歌合戦でもありません。

50年の歴史を誇るイギリスのロックフェスティバル『グラストンベリー・フェスティバル』ヘッドライナーを務めることを宣言して見せたのです。

出演すること自体が名誉となる名門フェスティバル、そのトリとして出演することを目標に掲げてしまうのですから、[Alexandros]の野望は生半可なものではないでしょう。

しかし、[Alexandros]は“ワタリドリ”のヒットで有名になったラッキーボーイズではありません。

“ワタリドリ”をリリースする以前から日本武道館のステージに立っていた有名バンドでした。

バンド名の変更を余儀なくされるなど、一筋縄ではいかない歴史をたどっている[Alexandros]をご紹介します。

[Alexandros] / アレキサンドロス


バンドメンバー
  • 川上 洋平(かわかみ ようへい) / ヴォーカル、ギター
  • 磯部 寛之(いそべ ひろゆき) / ベース、コーラス
  • 白井 眞輝(しらい まさき) / ギター
  • 庄村 聡泰(しょうむら さとやす) / ドラム

[Alexandros](アレキサンドロス)・メンバー

2001年の結成以来、メンバーチェンジを繰り返してきた[Alexandros]は、ファーストアルバム『Where’s My Potato?』リリース後の2010年3月にドラマーの石川博基が脱退。

2010年4月1日に後任ドラマーとして庄村聡泰が加入し、それ以降は不動のメンバーで活動を続けてきました。

しかし、2020年1月に庄村聡泰が“局所性ジストニア”のためにドラムの演奏が困難となり、バンドを勇退することが発表されました。

新型コロナウイルス感染拡大によって勇退日が不確定な状況が続きましたが、2021年3月17日にリリースされた自身初のベストアルバム『Where’s My History?』を最後にバンドを勇退しています。

2021年4月10日には、庄村離脱後にサポートドラマーを務めていたリアド偉武の正式加入を発表。再び4人編成となっています。

川上 洋平(かわかみ ようへい) / ヴォーカル、ギター

  • 氏名:川上 洋平(かわかみ ようへい)
  • 生年月日:1982年6月22日
  • 出身地:神奈川県川崎市

ヴォーカルとギターを兼任する “ようぺいん”こと川上洋平は、青山学院大学在学中の2001年に[Alexandros](当時は別名義)を結成したバンドの創設者で、楽曲の大半において作詞・作曲を手掛けるメインソングライターです。

MEMO
“ようぺいん”はBIGMAMAの金井政人が命名したもので、それまであだ名がなかった川上は「すっげー嬉しかった」と大喜びしていました。

父親の勤務の関係により9歳から15歳までを中東のシリア・アラブ共和国を過ごした川上は、中学3年生の時に日本に帰国しています。

アラビア語が公用語のシリア・アラブ共和国ですが、川上はインターナショナル・スクールに通っており、本人いわく“中東訛りの”英語を話せるようになりました。

MEMO
川上の流暢な英語の発音は[Alexandros]の大きな武器のひとつとなっています。

シリア・アラブ共和国ではCDが流通しておらず、衛星放送などで音楽情報を得ていた川上は、OasisをはじめとするUKロックを最大の音楽的影響として挙げています。

バンドで成功するという夢を叶えるために人生設計をしっかりと組み立てており、大学在学中のデビューという目標が叶わなかった際には、経済的に安定した状態でバンド活動を続けるために就職するという道を選びました。

「夢をあきらめて就職」ではなく、「夢をあきらめないために就職」を選択したわけです。

MEMO
外資系メーカーで営業マンをしていたという川上は、出張先からライヴハウスへ直行し、楽屋で着替えるなりステージに立つなど、かなりハードな日々を送っていたと語っています。

磯部 寛之(いそべ ひろゆき) / ベース、コーラス

  • 氏名:磯部 寛之(いそべ ひろゆき)
  • 生年月日:1982年12月29日
  • 出身地:愛知県日進市

“ヒロ”こと磯部寛之は、青山学院大学在学中に川上と知り合い、ベーシストとして[Alexandros]に参加した創設メンバーです。

川上に対する第一印象は「なんか偉そうなやつだ」と最悪でしたが、次第に仲良くなっていき、大学1年生の終わり頃にバンドに参加することになりました。

MEMO
磯部は「ベースを少し触ったことがある」レベルの初心者でしたが、川上は演奏技術よりも「なんか目についたんですよね」とその存在感が気になっていたことを回想しています。

小学6年生から中学3年生までをアメリカで過ごした帰国子女で、現地では吹奏楽の楽団でバリトンホーンを演奏していました。

高校時代はバスケに熱中しており、他のメンバーと比較して音楽的なバックボーンが希薄であると語る磯部は、好きなベーシストとしてThe Stone RosesPrimal Screamで活躍したマニを挙げており、特にPrimal Scream時代の演奏を評価しています。

白井 眞輝(しらい まさき) / ギター

  • 氏名:白井 眞輝(しらい まさき)
  • 生年月日:1982年12月12日
  • 出身地:神奈川県相模原市

“まーくん”の愛称で知られる白井眞輝は、2007年に[Alexandros]に加入したギタリストです。

川上とは高校の同級生で、学園祭のためにバンドを組んで一緒に演奏していたこともあります。

中学時代からギターを弾いていたという白井は、高校生になって観たBLANKEY JET CITY“小さな恋のメロディ”のMVに衝撃を受け、ロックにのめり込むことに。

BLANKEY JET CITYの浅井健一をもっとも好きなギタリストとして挙げるほか、Guns N’ RosesのスラッシュMetallicaのジェイムズ・ヘットフィールドなどハードロック/ヘヴィメタル系のギタリストからの影響も口にしています。

その後、ギターからベースに転向した白井は、高校卒業後に横浜の音楽専門学校へ進学してベース科で学びましたが、ギタリストを探していた川上からバンドに誘われ、ベースからギターへ再度転向して[Alexandros]の一員となりました。

MEMO
高校卒業以来、川上と疎遠になっていた白井でしたが、代々木公園で路上ライヴをやっているバンドの演奏を観ていたら、それがなんと川上だったという運命的な再会を果たしています。

【2021年3月勇退】庄村 聡泰(しょうむら さとやす) / ドラム

  • 氏名:庄村 聡泰(しょうむら さとやす)
  • 生年月日:1984年3月21日
  • 出身地:福岡県大牟田市

ドレッドヘアーがインパクト絶大な”サトヤス”こと庄村聡泰は、前任ドラマー石川博基の脱退を受け、2010年4月に正式加入しました。

川上、白井の高校の後輩に当たり、後任ドラマーの選任をおこなう際に、真っ先に川上の頭に浮かんだのが庄村の顔でした。

「節操無く何でも聴く」という庄村は、日本のビジュアル系バンドLUNA SEAやアメリカのロックバンドAt The Drive-Inが自身の音楽の入り口だったと語っています。

尊敬するドラマーとして、日本では元KING BROTHERSの高野太一LOSTAGEの岩城智和、海外ではFoo Fightersのテイラー・ホーキンス元Policeのスチュワート・コープランドを挙げています。

クラッシュシンバルのセッティングが独特で、信じられないほど高い場所に設置されており、手が届くのか心配になるほどです。

2019年6月19日、庄村が局所性ジストニアの診断を受けたことを公表され、治療に専念するためライヴ活動を休止することになりました。

しかし、2020年1月24日に庄村およびバンドメンバーからのコメントが公式サイト上に掲載され、「日常生活は元気に送る事ができているのにドラムだけが上手く叩けない」として、庄村の“勇退”が発表されました。

当初、庄村の勇退時期は2020年5月のベストアルバム『Where’s My History?』の発売日となっていましたが、新型コロナウイルスの感染拡大によって作品のリリース日が延期。最終的に2021年3月17日がベストアルバム発売日となりました。

庄村が[Alexandros]のメンバーとして最後にファンの前に姿を現したのは、3月21日開催の『 [Alexandros] 10th ANNIVERSARY LIVE at 国立代々木競技場 第一体育館 ”Where’s My Yoyogi?”』

内に秘めた想いがあふれ出したかのように涙を流す庄村の姿からは、バンドに対する想いと志半ばにして去らなければならない無念さがひしひしと伝わってきました。

[Alexandros](アレキサンドロス)・バンド名の変遷・由来

現在は[Alexandros]名義で活動している彼らですが、結成当初は[Champagne]というバンド名を使用していました。

とある事情によってバンド名を変更せざるを得なくなり、[Alexandros]に改名したという経緯があります。

バンド名の変遷と由来についてご説明していきましょう。

[Champagne](シャンペイン)名義 / 2001年~2014年3月

バンドの結成時から2014年3月まで使用していた名義が[Champagne](シャンペイン)です。

リーダーの川上が小学生の頃に思い付いたバンド名で、その時からすでに両側に[ ]を付けることまで決まっていました。

バンド名を[Champagne]にした理由としては、川上が敬愛するOasisの大名盤『(What’s the Story) Morning Glory?』の最後に収録された壮大な楽曲“Champagne Supernova”からインスピレーションを得たこと、川上の父親が持っていたお酒の瓶に書かれていたChampagneの文字がかっこよかった、の2点が挙げられています。

日本武道館公演を開催するほどの人気バンドとなった[Champagne]でしたが、シャンパーニュ地方ワイン生産同業委員会日本支局からバンド名変更の要請を受け、2014年3月28日の日本武道館公演のステージで[Alexandros]への改名を発表しました。

[Alexandros](アレキサンドロス)名義 / 2014年3月~現在

川上が子供の頃から大切にしてきた[Champagne]というバンド名を変更せざるを得なくなった彼らが選んだ次なる名前は[Alexandros]でした。

[ ]を継承することにより、[Champagne]からの継続性を持つバンドであることが一目瞭然です。

アレクサンドロス3世の名前を拝借したのは特に理由は無く、「完全に見た目と響きだけで選びました」と川上は自身のブログで明らかにしています。

川上にとって改名自体よりも新バンド名を考えることが大変な作業で、かなりギリギリのタイミングでようやく思い付いた名前だったようです。

MEMO
アレクサンドロス3世から採られた[Alexandros]ですが、発音は「アレクサンドロス」ではなく「アレキサンドロス」となっています。

改名とは異なりますが、[Alexandros]の表記方法が変更となっていた時期があります。

2018年3月から2019年12月までの期間は、[ALEXANDROS]大文字表記が使用されていましたが、2020年1月から新バンドロゴが使用されるのに合わせ、[Alexandros]表記に戻されました。

[Alexandros](アレキサンドロス)・略歴

現在までに7枚のフルアルバム、17枚のシングルを発表している[Alexandros]は、2016年のアルバム『EXIST!』がオリコンチャート1位、シングルも2013年発売の『Run Away / Oblivion』以降、10枚連続でオリコンチャート10位圏内に入るなど大ブレイクを果たしています。

2015年の“ワタリドリ”があまりにも一般層にまでアピールする力を持った楽曲だったため、あっという間に売れたバンドだと思われがちな彼らですが、長い下積み時代を経験してきた苦労人バンドです。

2001年の結成以来、10年近くデビューできず、2009年10月頃までは最大でも50人ほどの観客の前で演奏する日々が続きました。

2008年1月からはメンバー全員で共同生活を始め、地下に防音室があるという環境を生かし、仕事から帰宅した後にそのままスーツ姿で練習することも珍しくなかったそうです。

MEMO
デビュー後もしばらく続いた共同生活は、2013年に4月にシングル『Forever Young』をリリースするタイミングで解消となりました。

送り続けたデモテープがRX-RECORDSの目に留まり、2010年1月にアルバム『Where’s My Potato?』で念願のデビューを果たします。

『Where’s My Potato?』は発売当初はまったく話題になりませんでしたが、その内容の良さが口コミ的に広がっていき、最終的にはツアーファイナルがソールドアウトになるなど、彼らにとって夢への切符を掴むきっかけとなった作品です。

『Where’s My Potato?』発表後にドラマーが石川から庄村に交代しますが、バンドに吹く追い風はすさまじく、シングルのリリースや大型フェスティバル出演、自身の全国ツアーなどにより知名度は“爆上げ”といった勢いで高まっていきました。

2011年に早くもセカンドアルバム『I Wanna Go To Hawaii.』を発表すると、オリコンチャート最高14位というヒットを記録。

10年間鳴かず飛ばずだった時期があったとは信じられないような飛躍を見せました。

[Champagne]時代は毎年アルバムをリリースしており、2012年の『Schwarzenegger』はオリコンチャート最高10位、2013年の『Me No Do Karate.』を記録しています。

2014年3月28日に開催された初の日本武道館公演でバンド名を[Alexandros]に変更しますが、そんな大事件すらも彼らの勢いを鈍らせることはできませんでした。

2015年3月18日、メジャー初となるシングル『ワタリドリ/Dracula La』をリリースし、オリコンチャート初登場5位を記録。

“ワタリドリ”でバンドの人気は決定的なものとなり、2018年にはZOZOマリンスタジアムでワンマンライヴを開催するなど、スタジアム級のモンスターバンドへ成長していくことになります。

アレクサンドロス3世のごとく、日本ロック征服を着々と進めていた[Alexandros]でしたが、2020年1月にドラマーの庄村が勇退することを発表。

しかし、新型コロナウイルスの感染拡大によって活動スケジュールに変更が生じ、正式な勇退は2021年へ延期となりました。

2021年3月17日にリリースされたベストアルバム『Where’s My History?』を最後の花道として庄村はバンドから勇退。

3月21日に開催の『 [Alexandros] 10th ANNIVERSARY LIVE at 国立代々木競技場 第一体育館 ”Where’s My Yoyogi?”』に出演したのが4人揃っての最後の演奏となりました。

同ライヴはWOWOWでも生中継され、あの異常なほど高い位置にセッティングされたクラッシュシンバルを恋しく思って涙したファンも多かったことでしょう。

メンバーチェンジという痛手を乗り越えて活動を続ける[Alexandros]、新しい人生をスタートさせる庄村、両者の今後の活躍を祈らずにはいられません。

空位となった正式ドラマーの座でしたが、4月10日にバンドの公式サイトを通じてリアド偉武の加入が発表されました。

ロックバンド・BIGMAMAの元メンバーで、庄村が離脱を余儀なくされた時期にサポートを務めていた経緯もあり、ファンにとっては違和感の無い人選なのではないでしょうか。

新たなメンバーが加わり、新ステージに突入する[Alexandros]の今後に注目が集まります。

[Alexandros](アレキサンドロス)・オススメ曲

敬愛するOasisの背中を追うかのように、時代を超えるであろう名曲を発表し続けてきた
[Alexandros]

卓越したメロディセンスが光る名曲の数々から厳選したオススメ曲をご紹介します。

Adventure

改名後初の作品として2014年6月18日にシングルリリースされた楽曲で、2015年リリースのアルバム『ALXD』にも収録されています。

“Wonderwall”を思わせるギターフレーズや歌詞に登場する「マスタープラン」という言葉からはOasisを連想してしまいますが、おそらくこれは確信犯的なものでしょう。

斬新なトリックや派手な展開は存在しないけれど、“ただひたすらに良い曲”として僕らに寄り添ってくれるような優しい楽曲です。

MVのラストシーンに登場する上半身裸の庄村は必見。

spy

[Champagne]時代の2011年12月にシングルリリースされた楽曲で、2012年リリースのサードアルバム『Schwarzenegger』にも収録されています。

「ミュージシャンではなく安定した生活を選んだ自分がいたとしたら、どのような人生を送っているのか?」という疑問を抱いた川上が、“ありえたかもしれないもうひとつの人生”を覗き見(スパイ)するという設定で書き上げた珠玉のバラードです。

歌詞中に登場する「我が人生に悔いはない」というフレーズについて、川上は自身のブログの中で「死ぬ間際に言う事が目標だ」と綴っています。

ワタリドリ

2015年3月にシングルリリースされ大ヒットした“ワタリドリ”は、同年6月リリースのアルバム『ALXD』に収録されています。

[Alexandros]自身を渡り鳥に例え、<飛べる者 落ちる者>が混在する弱肉強食の音楽の世界の中で、たどり着くべき場所があると信じて飛び続けるという決意を歌い上げる力強い楽曲です。

果てしなく長い距離を飛び続ける渡り鳥に推進力を与えるかのような庄村のドラムビートは、間違いなくこの曲を特別なものとしている要素のひとつでしょう。

2015年の、ではなく2010年代の日本ロックの名曲として語り継がれるであろう大名曲です。

最新情報

主題歌担当の映画『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』で声優初挑戦!

[Alexandros]の3人が5月7日公開『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』で声優に初挑戦します。3人が演じるのは、ハサウェイとミアミスするダバオの市民たちとのことです。

[Alexandros](アレキサンドロス)・まとめ

2010年代の日本ロックシーンを席巻したバンド、[Alexandros]についてご紹介してきました。

代表曲“ワタリドリ”をリリースした時点ですでにBigだった[Alexandros]ですが、“ワタリドリ”のヒットは彼らをさらにBiggerにしたと言えるでしょう。

しかし、彼らの目標はイギリスのロックフェスティバル『グラストンベリー・フェスティバル』でヘッドライナーという、いわば“Biggest”です。

最上級の成功を目指してひた走る彼らの夢が叶う日が来るのは、それほど遠い将来ではないのかもしれません。

あわせて読みたい!

この記事を書いた人

この記事に関連するタグ

関連記事

新着記事