【ENHYPENメンバー別紹介】JAY(ジェイ) – ENHYPENのムードメーカー

【ENHYPENメンバー別紹介】JAY(ジェイ) – ENHYPENのムードメーカー


  • ジェイ
  • 本名:パク・ジョンソン
  • 生年月日:2002年4月20日
  • 出身地:アメリカ ワシントン州 シアトル
  • 血液型:B型
  • 練習生期間:2年11ヶ月

オーディション番組「I-LAND(アイランド)」では、多くの伝説を残し、情熱的に取り組む姿が注目されてたジェイ。

キリっとした美しい顔立ちで、一見クールに見えるジェイですが、実はユーモア溢れるENHYPENのムードメーカー的存在!
仲間思いの情に厚い性格でメンバーから愛されています。

ジェイのデビューまでの軌跡や、デビュー後の可愛らしい魅力・エピソードをご紹介していきます!

あわせて読みたい!

ユーモアのあるはっきりした性格

ジェイは芸能プロダクション「Big Hit Entertainment」(HYBEに改名)の練習生として、2年11ヶ月の練習生期間を過ごしました。
I-LAND」の多くの参加者の中でも、”アーティストとしての可能性を秘めている”と期待されていたメンバーの一人です。

オーディション開始直後の緊張感漂う会場内で、「僕はこう見えて頼れる男だから期待してて」といきなり発言をしてオーディションの雰囲気を和やかにしていましたね。

彼は最初から堂々とした雰囲気があり、ユーモアがありました。

MEMO

最初のパフォーマンスはENHYPENのメンバー・ソンフンとペアを組んでいました。

ジェイはアメリカ出身で、小さい頃からダンスに親しんでいたそうです。

彼のパフォーマンスは、迫力あるダンスや表情が特徴的。
そしてはっきりとした裏表のない性格なため、HYBEのパン・シヒョク代表は「こだわりの強い性格が魅力になる時がある」と彼を評価していました。
難易度の高いダンスも難なくこなしていて、彼のこだわりの強さが伝わってきます。

オーディションでシグナルソングのパートを決める際には、苦手な高音パートにも積極的に立候補する姿も。
目立つパートを勝ち取るため、何度もあきらめずに手を挙げて挑戦していくジェイの姿が印象的でした。

なかなか自身が主要なパートに選ばれないため、複雑な気持ちになってしまったジェイは、「今までで一番恥をかいた気がします。」とコメントしていました。
あきらめずに挑戦していく姿からは、気合や根性の強さを感じられましたね。

ウォン・ブン・ス(怨み・怒り・羞恥心)」というあだ名ができるほど喜怒哀楽がはっきりしているジェイですが、彼のご両親も割とサバサバとした性格で、思ったことははっきり言うタイプなのだそうです。

情熱的にリーダーシップを発揮!

オーディション番組「I-LAND」では、「I-LAND」と「GROUND」に分かれて練習をし、GROUNDにいるうちは”デビューできない”というシステムがありました。
ジェイはシグナルソングのテスト後にGROUNDへ降格することが決まってしまい、大きなショックを受け、”必死に練習しなくては”と闘志を燃やします。

そして、チームワークテストではGROUNDのメンバーたちをリードし、念願のセンターを務めることに。
時には思うように練習が進まず、ストレスが溜まっている様子でした。

MEMO

オーディション番組内では、ストレスが溜まってはちみつをそのまま飲む姿が話題に。

中間テストでは重要なパートの練習が出来ていなかったことを厳しく指摘されてしまいますが、一言一句聞き逃さないようしっかりと耳を傾け、メンバーを代表してずっと謝り続けていましたね。

男らしい、頼りがいのあるリーダーシップを発揮していましたが、本人としては力不足だったと感じていた様子。

僕なりにリードしたけれど、力になれなかった気がします。昇格のために必死に練習したけれど、みんなに無理をさせて申し訳なかったです」とコメントしていて、責任感の強さも感じられました。

ステージでは、ジェイがセンターとなってグループ全体が情熱に満ち溢れた「FIRE」のパフォーマンスを披露し、プロデューサーたちから高い評価を獲得。
I-LANDのメンバーと、「全員一気に入れ替わってほしい」という声が上がるほどです。

ジェイは無事にI-LANDに昇格し、「チームを上手くリードしていた」と個人としての評価も得ました。

情に厚く怖がりな一面も…?

「I-LAND」の投票で2番目の脱落者が発表される前に、視聴者投票の中間結果が最下位だったことから脱落を覚悟していたジェイは、なんとメンバー全員に手紙を書きました。
もし脱落してしまったら、直接上手く話せる自信がないので、仲間たちに自分の気持ちを伝えたくてメッセージを書いたそうです。
ジェイの仲間思いな性格が伝わってくるエピソードですよね。

宿舎で蚊に刺されて、腫れた手で手紙を書いている時には「ドラえもん」と言われていて、なんとも愛らしかったです…。

また彼は番組内で、「もし僕が脱落したとしても、できるかぎりメンバーの力になって悔いなくここを去りたいです」とコメントしていました。
仲間のことを思って涙を流す姿も多く見られていて、情に厚く涙もろい一面もあることが分かります。

ジェイは怖いものが苦手なことも知られていて、「I-LAND」の練習中におばけの噂が出た時には、「一緒にトイレに行って、ごはんを食べて、お風呂に入って一緒に寝よう」とメンバー同士で声を掛け合う姿も。
終始おばけを気にして、謎のダンスを踊るなど、恐る恐る行動するジェイの挙動不審な姿が話題になりました。

ジェイは基本的に怖がったりしない性格なようですが、論理的な性格から、理論的に解決できないような”ホラー的要素があるもの”は得意でないようです。

一見クールに見えるジェイですが、彼の素直で可愛らしい一面を見るとますます応援したくなりますよね。

ファッションや料理が好き?


ジェイはENHYPENのメンバーの中でも”ファッションリーダー”的な存在。

彼は好きなことに熱中すると”熱心に情熱を注ぐタイプ”だそうで、夢中になったらとことん取り組む性格。

アートや芸術に関しては全般的に興味があり、中でもファッションには思い入れがあるのだとか。
そして、アーティストとしてファッションにも力を入れなくてはと、重要視しているとのこと。

有名なファッションアイコンの方々を参考に、勉強しているようです。

時には、メンバーたちのスタイリングを担当することもあり、メンバーたちが率先してジェイにファッションの相談をしにくるのだそうです。

ジェイがSNSに投稿する写真はいつもファッショナブルで、ヘアスタイルや私服ファッションも注目されています。
ファンの間でもジェイのファッションが話題になっていて、ジェイのスタイリングを取り入れることもあるようです。
高校生とは思えない、大人っぽくシックなスタイルがよく似合いますよね。

また、ジェイはお料理男子な一面も。
メンバーの中でも特に料理に関心があり、宿舎では生活担当として、料理をふるまってくれることもあるそうです。
メンバーに人気なメニューは、キムチチヂミとサムギョプサルなのだとか。

動画配信などの料理を作る企画では、いつもメンバーを心配そうに見守っていて、何かあると率先して助けている姿を見かけます。

ジェイのお母さんはとても料理上手だそうなので、お母さんが料理を作る姿を見ていたことや、”美味しい味”を知っているのことも影響しているのかもしれませんね。

MEMO

普段は小食なニキも、ジェイのお母さんの手作り料理はたくさん食べたそうです!

料理上手で、ファッショナブル。
そして面倒見の良いところも彼の魅力のひとつですよね!

日本語がとっても上手!

ジェイは、英語の他、韓国語や中国語も操ります。
最近では自分で本を買って、独学でフランス語も勉強しているのだとか…。

彼は独学で日本語を勉強していて、日本語の実力が高いこともよく知られています。
時には、ENHYPENのメンバー・ニキに韓国語を日本語で教えてあげることも。

優しく面倒見の良い性格で、ニキの様子をいつも見ている姿が印象的です。

また、「I-LAND」ではニキに「勝ってやろうぜ」と日本語で声を掛けている姿が話題になりました。
日本人でもこんなにかっこいいセリフは咄嗟に出てきませんよね。

ジェイは敬語も上手く使い分けていて、「I-LAND」で先輩にあたるケイには「頑張ってください」などとしっかりと敬語を使っています。
また、ENHYPENのメンバー間で日本語の話題になると、メンバーの日本語を正しい敬語に直しているシーンも見られます。
発音もとっても良いので、聞きやすいですよね。
独学で他の国の言語をこれだけ流暢に使い分けられるのは本当にすごいです。

熱心に日本語を勉強して話してくれるのは、日本のファンにとっても大変嬉しいこと。
ファンからも「言葉の壁がないので安心する」「日本語でお話できるのが嬉しい」という声が寄せられています。

いじられキャラ?の頼れるお兄さん

I-LAND」時代から黒歴史を作り出して周囲の笑いを誘っていたジェイですが、今では”いじられキャラ”としてメンバーから愛されています。

ENHYPENのメンバー・ソヌとは彼氏彼女のような交流を見せてファンを虜に。

I-LAND」では、同じ部屋で寝ていたソヌが、年上のジェイに遠くの電気のスイッチを押して、明かりを消してもらおうとしているシーンがありました。
その場にいたヒスンにもお願いされ、ジェイは仕方なく電気を消しに行きます。
お願いされると断り切れないところが何とも微笑ましいですよね。

とはいえ、お兄さんとして尊敬されているジェイ。
ジェイとソヌが2人で行った動画配信では、自分の思いをストレートに伝えるピュアなソヌの愛が感じられ、ジェイも照れている様子でした。
ソヌは悩みがある時はいつもジェイに相談しているそうで、感謝しているようです。

弟のような存在のニキは、ジェイの「I-LAND」時代のパイナップルのような髪形をトークに持ち出し笑いを誘ったことも。
そしてENHYPENが進行を務めるラジオ番組「オールナイトニッポンX(クロス)」では、「パイナップル」というワードで爆笑をこらえるニキの姿が。
ニキはいつもジェイを頼っていて、「無人島に一つだけ持っていくとしたら何?」という質問に対して「ジェイ」と答えるほどです。
兄弟のように仲睦まじい姿をよく見かけますね。

メンバー全員で動画配信をしている最中も、いじられることの多いジェイ。
パフォーマンスの最中に面白い顔をしている”と話題になったり、”痛みに対して大げさにリアクションしている”といじられたり。
話題の中心になることも多いですよね。
どれだけいじられても嫌な顔ひとつせず話を聞いているところから、メンバーへの信頼と愛を感じます。

ジェイはメンバーから「一番面白い」と言われるほどのユーモアの持ち主で、何も意識していなくても自然体な状態でいるだけで面白いのだとか。
素直で分かりやすいので、そんな彼の反応が面白いのかもしれませんね。

恋愛経験がないことが明らかに?

I-LAND」の放送内の発言で、ジェイはこれまで恋愛経験がないことが明らかになりました。
同番組のPR動画撮影の際には、彼氏目線で彼女に問いかけるような動画を撮影。
そして、「19年間一度も恋愛をしたことがない」という発言をしたことが話題になりました。

端正な顔立ちで男らしい性格なので、ファンからは驚きの反応が相次ぎ、「少女漫画をイメージして動画を撮影しているのが可愛い」「あの外見で恋愛経験がないのは信じられない。ウブな反応が可愛らしい」との声が寄せられています。

仕草に彼氏感があるので、「ほんの少しだけ恋愛経験があるのでは?」という意見も。

ジェイは「翰林演芸芸術高等学校(ハンリムえんげいげいじゅつこうとうがっこう)」という高校に通っている高校生で、ENHYPENとしてデビュー後もハードなスケジュールをこなしているようです。

MEMO

番組収録後に車中で着替えて学校でテストを受け、テストが終わったらまた着替えて生放送に出演したことも…。

練習生期間中は夢に向かって必死に練習し、デビュー後はますます忙しくなっているので、恋愛をしている時間もなさそうですよね。
ENHYPENのメンバー・ジョンウォンとはくっついたり、手をつないだりといちゃいちゃしているところもよく見かけるので、ジョンウォンが彼女?と言われることもあります。

最新アルバムでは男らしい魅力がますますアップしていて、ファンの心をがっつり掴んでいます。
クールなビジュアルと素直な性格、ファン思いな一面も素敵なジェイ。

そんな彼と、ENHYPENのメンバーたちをこれからも温かく見守り続けていきたいですね!

他のメンバーはこちら!

この記事をシェアをしよう!

この記事を書いた人

この記事に関連するタグ

関連記事

新着記事