ギャップ萌え! Travis Japan(トラジャ)メンバープロフィール、魅力、最新情報は…?

ギャップ萌え! Travis Japan(トラジャ)メンバープロフィール、魅力、最新情報は…?

圧巻のダンスパフォーマンスを武器として舞台を中心に活躍するTravis Japanは、ジャニーズJr.の中でも圧倒的な存在感を放ち、デビューを心待ちにするファンも多い人気グループ。

プライベートやトーク中に見せるゆるい表情とキレキレのダンスとのギャップの大きさで沼に落ちるファンが続出中です。

さらに、個人としても俳優や振付師等、幅広い分野でその才能を見せつけるメンバーが多く、今後ますますの活躍が期待されています。

今回は、そんなTravis Japanのメンバー7人のプロフィール、グループとしての魅力、最新の活動情報についてまとめていきたいと思います。

Travis Japanとは?

Travis Japan(略称:トラジャ)は、 アクロバットやシンクロダンスを得意とするジャニーズJr.の7人組グループです。

アメリカの人気歌手として知られるオースティン・マホーンの来日ツアーでバックダンサーを務めたことにより、認知度が急上昇。

デビュー前ながら単独主演舞台『虎者-NINJAPAN-』に挑戦する等、舞台を中心にジャニーズJr.の中で一目置かれる存在として日々奮闘しています。

初期メンバーは9人でしたが、何度かメンバー入れ替えが行われた後、現在の7人編成に落ち着いています。

Travis Japan メンバープロフィール

それでは、Travis Japanの7人のプロフィールを年齢の高いメンバーから順にご紹介していきたいと思います。

川島 如恵留(かわしま のえる)

愛称:ノエル、のえさん
生年月日:1994年11月22日
出身地:東京都
身長:173cm
血液型:O型
メンバーカラー:白
入所日:2007年10月14日

最年長メンバーの川島如恵留さんは、グループ内で“お兄さん”的存在。
MC中のボケ等にも上手に対応してくれる等の気遣いを見せています。

MEMO
ちなみに、“如恵留”という珍しい名前は彼の両親の名前から1文字ずつ取って名付けられたそうです。

ジャニーズ事務所への入所年は2007年と非常に長い芸歴の持ち主で、当時はジャニーズJr.と子役を兼業していました。
子役として劇団四季の代表作『ライオンキング』にヤングシンバ役で出演した経験もあることを明かしており、歌唱力や演技力の高さが伺えます。

資格取得を趣味とする勉強熱心な方でもあり、ジャニーズの活動と学業を両立しながら青山大学を卒業したことは有名です。
在学当時、学園祭のステージパフォーマンスでバク転を披露したというエピソードが今でも残っています。

また、何度も留学を経験していて語学堪能なので、オースティンのバックダンサーを務めた際には通訳を買って出ていました

他にもアクロバットや歌唱、ピアノ、ドラムと何でも出来るイメージのある川島さんですが、たまに見せる不器用な一面も彼の魅力だと言われています。

七五三掛 龍也(しめかけ りゅうや)

愛称: しめちゃん、しめ
生年月日:1995年6月23日
出身地:栃木県
身長:166cm
血液型:AB型
メンバーカラー:ピンク
入所日:2009年2月15日

グループ内で“可愛いキャラ”担当の七五三掛龍也さん。
北関東を中心に全国で340人程度しか存在しない、珍しい苗字が話題のメンバーです。

細身で愛くるしいルックスに反した激しくキレのあるダンスが、七五三掛さん最大の魅力。
小柄な体型をものともしない、観客の目を引くパフォーマンスに誰しもが魅了されることは間違いないでしょう。

体脂肪率は、Snow Manの岩本照さんと同じだという驚異の4%
衣装を脱ぐと筋肉バキバキで男らしい姿に惹かれるファンも多いといいます。

人懐っこい性格上、先輩や他のグループのメンバーとも仲が良いそうです。

持ち前の振付センスを活かしてグループの振付師としても活躍しており、トラジャの単独公演等では彼が振付を手掛けたダンスが多数披露されています。

舞台上で披露する甘く透明感のある歌声は、7人のメンバーの中でダントツにアイドルらしい声だと評判です。

俳優業にも挑戦しており、『BAD BOYS J』をはじめ、『49』や『トットちゃん』にも出演した経歴があります。
『49』では、女装姿で出演するシーンが女性から見ても可愛すぎると絶賛されていました。

吉澤 閑也(よしざわ しずや)

愛称:しーくん、しずや、すじや
生年月日:1995年8月10日
出身地:神奈川県
身長:175cm
血液型:A型
メンバーカラー:黄色
入所日:2009年4月19日

いつも周囲をよく見ており、ベストなタイミングでスベり役を自ら買って出る吉澤閑也さん。
グループのサポート役として、トラジャになくてはならない存在だと言えるでしょう。

グループの“お父さん”的存在だと言われることもあり、その面倒見の良さから他のグループの後輩にも頼られるしっかり者です。
一方で『虎者-NINJAPAN-』のゲネプロ時にムチャブリの一発ギャグに対応してくれる等、ふざけ倒す時にはどこまでもふざけてくれる面白さも兼ね備えています。

ジャニーズになるまでダンスは完全未経験だったそうですが、コツコツと真面目にレッスンに取り組む中で身につけたという高いダンススキルには驚かされます。

今では七五三掛龍也さんと並んでグループの振付師を担うほど、その振付センスがメンバーからも認められているようです。

7人の中で最も背が高く、筋肉質という体格を活かした“軸のブレないダンス”が吉澤さんのパフォーマンスにおける大きな魅力だと言われています。

MEMO
ちなみに、“すじや”という愛称はメンバーの中村海人さんが“しずや”を“すじや”と呼び間違えたことがきっかけで定着したそうです。

中村 海人(なかむら かいと)

愛称:うみんちゅ、かいと
生年月日:1997年4月15日
出身地:東京都
身長:173cm
血液型:O型
メンバーカラー:緑
入所日:2010年10月30日

グループ内で最もスタイルが良く、立っているだけでも目立つ存在の中村海人さん。
“トリプルカイト”と呼ばれ、愛されるトラジャの3人の”かいと”のうちの一人です。

その長い手足を活かしたダンスには迫力があり、ステージ上でよく映えます。
踊ることを心から楽しんでいる様子が伝わってくるようで、見ていると自然に応援したくなってしまうのが中村さんのズルい所です。

小学1年生の時に始めたというダンスは、かなりの腕前。
当時からヒップホップ、ジャズ等の幅広いジャンルのダンスを習ってきたそうです。

また、野球やハンドボール、陸上等、多数のスポーツ経験から身につけた抜群の運動神経も中村さんの大きな武器です。
前髪が崩れても気にしないほど全力でパフォーマンスをやり切る姿は毎度話題になっています。

一方でアニメ好きであることも明かしており、休日はゲームやアニメ鑑賞のために引きこもるインドアな一面も。

俳優としてはドラマ『トットちゃん』のほか、現在放送中の『ハケンの品格』の第2シリーズにも出演中で、本人の個性を出しつつナチュラルな演技を見せる姿が徐々に注目を集めています。

今後も、俳優業での活躍を一層期待されるメンバーです。

宮近 海斗(みやちか かいと)

愛称:ちゃかちゃん
生年月日:1997年9月22日
出身地:東京都
身長:166cm
血液型:O型
メンバーカラー:赤
入所日:2010年10月30日

トラジャのセンターポジションを担う宮近海斗さん。
トリプルカイトの2人目に当たるメンバーで、中村海人さんとは同期の関係です。

ハーフだと勘違いされるほどのしっかりした目鼻立ち、見事なパフォーマンスでグループの中心に花を添えています。
歌唱シーンでは、リズムをよく捉えた中毒性のあるハイトーンボイスで歌うラップパートが見事だと話題です。

兄2人と妹1人の賑やかな環境下で生まれ育ったせいか、グループではムードメーカー的存在でいつもその場の雰囲気を盛り上げてくれます。

度々披露するギャグは滑りがちですが、ジャニーズJr.随一とも称賛されるダンスをいざ始めればギャップ萌えするファンが多数。

『激流~私を憶えていますか~』で俳優デビューを果たし、その後『お兄ちゃん、ガチャ』や大ヒットドラマ『花のち晴れ~花男Next Season~』、『特捜9』にも出演しています。
将来の夢に“アメリカの映画に出演すること”を掲げており、それに伴った演技力の高さには定評があるそうです。

松倉 海斗(まつくら かいと)

愛称:まつく、松
生年月日:1997年11月14日
出身地:神奈川県
身長:162cm
血液型:O型
メンバーカラー:オレンジ
入所日:2010年11月30日

2017年11月、シンメで活動してきた“松松”コンビの相方・松田元太さんと共にトラジャに加入した松倉海斗さんは、トリプルカイトの3人目のメンバー。

メンバー曰く、グループで最も繊細な性格をしているそうです。
自らも昔は人見知りで臆病だったと明かしていますが、だからこそ傷ついた人の気持ちを理解出来るところを自身の長所として掲げています。

小動物風の弾けるような笑顔とは裏腹にプロ意識が高く、いつも全力で頑張る松倉さんの姿に胸を打たれるファンは多いことでしょう。

スポーツ万能で運動神経抜群。
さらに、ギター演奏や作詞を得意とする多彩さも7人の中で目を引くポイントです。

『お兄ちゃん、ガチャ』で俳優デビューも果たしています。

松田 元太(まつだ げんた)

愛称:げんげん、げんた
生年月日:1999年4月19日
出身地:埼玉県
身長:169cm
血液型:O型
メンバーカラー:青
入所日:2011年2月10日

先述したように、松倉海斗さんと同じタイミングでトラジャメンバーの一員となった松田元太さん。
元々長きにわたってシンメの関係で活動してきた彼等の加入は、グループにさらなる統一性をもたらしました。

圧倒的にポジティブな性格が松倉さんとは正反対だそうですが、それが互いを補完し合う要素となって息の合ったダンスを生み出せているのだといいます。

MEMO
仕事上のコンビという関係性のみならず、プライベートでも一緒に出掛けるほど仲が良いそうです。

これまで多数の舞台に出演してきた経歴があるので、最年少ながらも堂々としたパフォーマンススキルが話題。

舞台上ではセクシーな王子様風キャラを全面的に売り出していますが、普段見せる末っ子らしいわがままな一面も魅力とされています。

Travis Japan グループの魅力

圧倒的なダンスパフォーマンス

トラジャのグループとしての最大の魅力は、やはり圧倒的なダンスパフォーマンスでしょう。

個人個人でもダンスの上手いメンバーが揃っていますが、全員の動きがピタリと揃ったハイクオリティなパフォーマンスを生で見ればその迫力に圧倒されてしまいます。

彼等の実力はマイケル・ジャクソンの振付師を務めたことで有名なトラヴィス・ペインも認めたほどで、グループ名の由来も彼のファーストネームから来ているそうです。

2019年11月に開催された初主演舞台『虎者-NINJAPAN-』でも、自慢のシンクロダンスによる見せ場が特にファンから絶賛されていました。

鍛え抜かれた肉体美

激しいダンスパフォーマンスを何なくこなす彼等の、美しくムキムキな筋肉の虜にされてしまうファンも多数。

2020年5月7日発売の女性グラビア週刊誌『anan』で初表紙を飾った際、家トレ時間をテーマに撮影された写真の中で見せるセクシーで色気溢れる肉体美や切なげな表情が注目を集めていました。

同誌は発売前からネット書店で品切れを続出させ、発売翌日に緊急重版が決定するほど好調な売れ行きぶり。
そんなところからも、トラジャの人気の高さが伝わってくるようです。

デビュー前でこれだけ支持されるジャニーズJr.ということで、どうしても今後に大きな期待を抱いてしまいますね。

Travis Japan 最新の活動情報

ドキュメンタリー番組の放送決定

2020年7月10日、BSフジがサプライズでトラジャの1日に密着したドキュメンタリー番組『~EP.1:ROCK~ Travis Japan×MIYAVI』の放送が発表されました。

制限時間内に課題曲を振付けし、くじ引きで決めた1人がメインの振付を担当。
リハーサルから完成したパフォーマンスを披露するまですべての模様をBSフジが追っていくそうです。

MEMO
個性的な演奏スタイルで注目を集め、世界を舞台に活動を展開するロックミュージシャン・MIYAVIが楽曲提供するとのことで、その界隈のファンからも注目を集めるコラボ企画となっています。

メンバーたちの素の表情、グループのチームワークの強さが伝わるシーン等、トラジャの魅力が詰まった盛りだくさんの内容だそうなので、ファンには見逃せない1時間弱となることでしょう。

放送前の同年7月18日の昼0時から番組終了予定時刻までの期間限定で、BSフジの公式YouTubeチャンネルで公開される同番組の予告編も必見です!

『~EP.1:ROCK~ Travis Japan×MIYAVI』の放送概要

銀のさらとのコラボメニューを発売

2020年で20周年を迎えた宅配寿司「銀のさら」。
トラジャはその20周年公式アンバサダーを務めており、同年7月1日から12月20日までの期間限定で特製メニューホルダー(クリアファイル)付きのコラボメニューの販売がスタートされました。

対象の“限定桶”を注文した場合、1人前につき1枚のメニューホルダーをもらえるという内容のキャンペーンでグッズは在庫が無くなり次第、配布終了となるようです。

YouTubeでは本人たち出演のCMもアップされているので、忘れずにチェックしておきましょう。

メンバー全員で『ANN』特番決定!

Travis Japanがパーソナリティーを務めるニッポン放送の特番『Travis JapanのオールナイトニッポンPremium』が、4月19日に放送されることが決定しました。
関東ローカルですが、ジャニーズJr.ではSixTONES、なにわ男子以来3組目の快挙となります!

最後に…

以上、Travis Japanのメンバー7人のプロフィール、グループとしての魅力、最新の活動情報についてまとめてきました。

トラジャが大勢のファンを魅了し続ける背景には、世界を股に掛ける有名振付師にも認められたほどのダンススキルに加え、キレキレのダンスを想像させないようなゆるい表情や甘いルックスも深く関わっていることが分かってもらえたのではないでしょうか。

今後もグループとしての活動と共に個人での活動の幅が広がっていくことにも期待したいしつつ、彼等のデビューの日まで注目し続けていきたいと思います!

この記事を書いた人

この記事に関連するタグ

関連記事

新着記事