NiziU(ニジュー) 【超詳細解説】メンバー&グループ情報を総まとめ!

NiziU(ニジュー) 【超詳細解説】メンバー&グループ情報を総まとめ!

NiziU(ニジュー)のメンバー紹介

虹プロジェクトで見事デビューを掴み取ることができた9名のメンバーを紹介していきたいと思います。

1人1人、様々な魅力があって全員推したくなってしまいますよ!

MAKO(マコ)

  • 本名:山口 真子(やまぐち まこ)
  • 生年月日:2001年4月4日
  • 出身地:福岡県
  • 血液型:A型
  • 担当:リーダー、メインダンサー、サブボーカル
  • 虹プロジェクト最終順位:1位
  • メンバーカラー:オレンジ

グループ最年長でNiziUのリーダーでもあるマコは、JYPエンターテインメントの練習生として活動していました。練習生歴は約2年7ヶ月ほど。単身で韓国に渡り既に努力していたんですね!その経験があるからか、当初より全てのスキルにおいて一目置かれた存在でもありました。

マコは「自分が納得しないと次に進めない」というくらい練習熱心で探究心があるメンバーです。オーディションでは、曲のイメージに合わせて髪型や衣装を変えて挑む姿も見られました。そして「2PM」という男性アイドルの曲を審査曲に選ぶなど、自分のハードルを上げていました。

男性の振り付けはパワフルなものが多く、女性には難しいと思われていましたが、マコは何度も練習を繰り返し、見事に自分のものにしていました。パク・ジニョン氏からは「オーディションを見ながら涙が出たのは初めてだ」「現在活動している歌手にも負けていない」と、高評価を受けていたメンバーです。

MEMO

合宿から最終審査まで、常にトップの順位を守り続けてきたメンバーです。

合宿では自らリーダーシップをとり、練習生を引っ張る存在のマコは、真面目でしっかり者というイメージを持っていますが、じつは天然なところもあるようです。面白いことをするのが好きだったり、宿舎では遅くまでドラマを見ていたりと、他の練習生にとってはギャップが面白いと感じているようです。

MAKOをさらに知りたい方はこちら!

RIO(リオ)

  • 本名:花橋 梨緒(はなはし りお)
  • 生年月日:2002年2月4日
  • 出身地:愛知県
  • 血液型:B型
  • 担当:リードダンサー、サブボーカル、サブラッパー
  • 虹プロジェクト最終順位:4位
  • メンバーカラー:水色

デビュー前からダンススタジオに通っており、練習生の中でもトップクラスのレベルだったというくらいダンススキルが高いメンバーです。

オーディション番組でもパク・ジニョン氏から「私が指摘することがないくらいダンスに関しては完璧だった」と言われるほどでした。さらに、立ち振る舞いもプロ並みで「私はこのために生まれてきた人だ」と語っているくらい堂々としたパフォーマンスを披露していました。

しかし、ダンスとは逆に歌唱力を指摘されてしまったリオは、猛練習をして次の評価までに歌唱力を克服しました。「次の審査では歌唱力を見る」とまで言われていたくらいなので、克服できなければNiziUとしてのデビューもなかったかもしれません。

MEMO

東京合宿のときにギリギリの順位で合格したリオは、最終予選では上位に食い込んできており、努力が数字となって表れています。

NiziUの中では「元気担当」でもあるリオは、当初は怖い印象があったと他のメンバーから言われていましたが、話してみると優しくてサバサバしているということがわかり、今ではNiziUの中で優しいお姉さんとして位置しています。

歌唱力は、これからもっともっと磨けるものなので、今後の成長が楽しみなメンバーでもあります。

RIOをさらに知りたい方はこちら!

MAYA(マヤ)

  • 本名:勝村 摩耶(かつむら まや)
  • 生年月日:2002年4月8日
  • 出身地:石川県
  • 血液型:O型
  • 担当:サブボーカル
  • 虹プロジェクト最終順位:5位
  • メンバーカラー:紫

マヤはBIG BANGやBLACK PINKが所属しているYGエンターテインメントの練習生だった経験があるようです。

そこで培った経験を活かしてデビューメンバーに選ばれていますが、レベルテストでは12位など、それほど上位にいるメンバーではありませんでした。しかし、予選の最終評価は3位、デビュー審査では5位を獲得しています。

マヤの魅力は、パフォーマンス力の高さにあると感じました。自分の歌唱力やダンススキルを、舞台の上では何倍もよく魅せる能力があります。それはアイドルにとって不可欠な要素だと思います。

パク・ジニョン氏やダンストレーナーからも「実際は70〜80点くらいなのに、90〜100点のように思わせる能力がある」と、その能力に関して評価されています。韓国合宿のチームミッションでは、常にトップを走ってきたマコを抑え個人順位1位を獲得していました。

MEMO

韓国での合宿では常に上位をキープしており、目に見える成長を見せたメンバーでもあります。

NiziUでは、お母さん的な存在のマヤ。自身も「お母さん感はグループの中で1番だ」と自負しています。料理を作ってあげることはもちろん、メンバーの相談に乗ったり一緒に騒いだり泣いたりと感情を共にしてくれるメンバーです。

MAYAをさらに知りたい方はこちら!

この記事をシェアをしよう!

この記事を書いた人

この記事に関連するタグ

関連記事

新着記事