SPYAIR:メンバーの本名、意外な経歴、おすすめの楽曲を徹底解説!

SPYAIR:メンバーの本名、意外な経歴、おすすめの楽曲を徹底解説!


2010年にメジャーデビューを果たし、熱いメッセージソングを世に出し続けたSPYAIR(スパイエアー)。邦楽ロックだけでなく、アニメの主題歌を担当するなど、幅広く活動をしています。今回はそんなSPYAIRのメンバーや今までの経歴、おすすめの楽曲について触れていきます。

――Hey!Hey!サムライハート!♪この歌って誰の曲なんだろう?


カルちくん、これは「SPYAIR」の「サムライハート(Some Like It Hot!!)」って歌だね。もしかして知らないのかな?


じゃあ、今日はカルちくんのために「SPYAIR」について教えてあげるよ!

邦楽ロックだけでなく、アニメの主題歌としても人気の高いロックバンド「SPYAIR(スパイエアー)」

2005年に結成。そして2009年にはインディーズデビューを果たし、2010年にメジャーデビュー。そこから数々のタイアップ曲を担当しました。熱いメッセージが強く残る楽曲に、多くのファンを虜にします。

今回はそんなSPYAIRの経歴やメンバーの本名や年齢などを解説。また、おすすめの楽曲についても紹介しているので、ぜひご覧ください!

あわせて読みたい!

SPYAIR:熱いロックを生み出す4人のメンバー


SPYAIRは4人で構成されたロックバンドです。

元々は5人組でしたが、旧メンバーの「ENZEL☆(DJ担当)」が2012年に脱退したことにより4人となりました。

現在活動しているメンバーは全員、愛知県出身のため東海地方の人には、とくに馴染み深いかと思います。

グループの活動方針としては、ファンから会いに来るのではなく「自分たちからファンに会いに行く」というスタンスで活動しており、ファンをとても大切にしていることがわかります。

それでは、そんなSPYAIRのメンバーを一人ひとり紹介していきましょう!

IKE(池田 英史):ボーカル


IKEのプロフィール

  • 名前:IKE(イケ)
  • 本名:池田 英史
  • 生年月日:1984年4月18日
  • 担当パート:ボーカル

SPYAIRのボーカルを担当するIKE(イケ)

激しく熱い歌声でファンを魅了します。SPYAIRの要と言っても過言ではありませんね。また、一部楽曲では作詞も担当するなど、ボーカル以外でも活躍をしています。

そんなIKEですが、実は競艇選手を目指していたようで、なんと試験も受けたことがあるとのこと。ただ、視力検査で不合格になってしまったようです。

本人には失礼かもしれませんが、SPYAIRになってくれたおかげで、こうしてファンを喜ばせる存在になったので、ある意味では不合格で良かったのかもしれませんね。

中学時代はKENTAと同じバスケットボール部に所属していたようで、競艇選手を目指していたこともあり、なかなかアクティブな性格です。

趣味は釣りで、公式TwitterやInstagram、LINEにその様子を掲載しています。また、「ぶどう園の息子」という肩書を持っており、音楽に全く関係のない肩書に色々とツッコミたくなります。

MOMIKEN(籾山 憲児):ベース


MOMIKENのプロフィール

  • 名前:MOMIKEN(モミケン)
  • 本名:籾山 憲児
  • 生年月日:1984年11月14日
  • 担当パート:ベース

SPYAIRのベースを担当するMOMIKEN(モミケン)

バンドの楽曲をほぼすべて作曲しており、SPYAIRにとってなくてはならない存在です。また、一部作詞も担当しており、メンバーからは「歌詞の世界観が独特」と評されています。

MOMIKENを見ればわかりますが、バンドの中でも異色の存在感を放っています。というのも目の周りはアイライナーでラインを入れており、インディーズ時代にはガスマスクを着用していました。赤下線マーカー

人前に出る時は、基本的に上述したラインを入れるか、サングラスで目元を隠しているようです。歌詞が独特なのもある意味で頷けます。それにしても、MOMIKENは恥ずかしがり屋なのでしょうか。

これに関してはラジオで「特徴的なメイクをすれば覚えてもらえるから」と語っており、「それと眩しくないから」とも語っていました。

確かにロックバンドの舞台は眩しいですからね。目の保養は大切です。しかし、この独特なファッションを真似してファンもMOMIKENのメイクを施す人もいるようです。

ちなみに彼の肩書は「居酒屋の息子」だそうです。果たしてそのラインを入れて接客はできるのでしょうか……。

UZ(中井 勇次):ギター・プログラミング


UZのプロフィール

  • 名前:UZ(ユージ)
  • 本名:中井 勇次
  • 生年月日:1984年12月13日
  • 担当パート:ギター、プログラミング

SPYAIRのギター・プログラミングを担当するUZ(ユージ)

SPYAIRのすべての楽曲の作曲を担当しており、一部楽曲では作詞も行っています。MOMIKENも制作に関わっていることから、SPYAIRの大黒柱のような存在です。

ブログなどでも楽曲制作について語ることが多く、職人気質なのかもしれません。また、一部の楽曲ではラップも披露するなど、音楽スキルのレベルは相当なものです。

ちなみにUZはSPYAIR発足のきっかけにもなった人物でもあります。

もともとUZはSPYAIRとは別のバンドを組んでいました。しかし、IKEのバンドメンバーのギタリストが脱退してしまい、そこにUZが加入したことによりSPYAIRが誕生したのです。

ちなみにUZは喫煙者で、現在の目標は禁煙だそうです。卒煙に向けてトレーニングを励んでいる(?)そうですが、果たして無事に成功したのでしょうか。

そしてUZの肩書もしっかりとあります。UZの肩書は「ガソリンスタンドの息子」だそうです。今後もSPYAIRにエネルギーを送る存在として、頑張ってもらいたいですね。

KENTA(笹部 賢太):ドラム


KENTAのプロフィール

  • 名前:KENTA(ケンタ)
  • 本名:笹部 賢太
  • 生年月日:1985年3月16日
  • 担当パート:ドラム

SPYAIRのドラムを担当するのはKENTA(ケンタ)です。

ちなみにIKE、MOMIKENとは幼馴染の間柄で、中学生の頃にはIKEと同じバスケットボール部に所属していました。

なんでも苦手な食べ物はグリーンピースだとか。また、趣味はオンラインゲームだそうで、見た目がカッコいいのに、可愛らしい一面を持つギャップには、多くの女性ファンを虜にしているでしょう。

そして、ここまで読んでいただければわかりますが、KENTAにも肩書があります。KENTAは「ラーメン屋の息子」です。今後もドラマーとして、SPYAIRの味を出してもらいたいですね。

「ウイルス」というバンド名の由来

ロックバンドとして高い評価を受けるSPYAIR。

IKEが組んでいたバンドメンバーのギターリストが脱退し、そこにUZが加入したことによりSPYAIRが誕生しました。

現在4人組として活動していますが、そのバンド名がどのようにして決められたのか知っているでしょうか。

実は「ウイルス」に関係があります。

パソコンに詳しい方であれば「SPYWARE」という単語を見たことや聞いたことがあるかもしれません。この単語は「コンピューターウイルス」のことを指しています。

これをたまたま見かけたバンドメンバーは、言葉の響きに惹かれ、バンド名として使用することにしました。

しかし、これでは検索した時などに自分たちであることが分かりづらいという理由から、検索して自分たちの名前しか出ないように単語を変えて「SPYAIR」としたのです。

ファンを熱狂の渦に巻き込んで興奮させるウイルス、という意味ではピッタリなのかもしれません。

SPYAIR解散。ボーカルのIKE「辞めます」

デビューを果たし、多くのファンを獲得したSPYAIR。

しかし、これからという時に解散騒動があったのです。その事件は2014年の5月21日までさかのぼります。

ボーカルのIKEが公式ツイッターにて、いつも通り「おはよう」といつも通りのつぶやきを投稿しました。

その僅か20分後に突如「SPYAIRを辞めます」と宣言したのです。

これにはファンだけでなく、メンバーですら驚きを隠せませんでした。

もちろん、ファンもメンバーも止めに入ります。SPYAIRにはIKEの存在は必要不可欠でした。

しかし、これには事情がありました。声を使った仕事などに携わっている人であれば知っていると思いますが、IKEはこの時「声帯ポリープ」「急性声帯炎」を発症していたのです。

この年「SPYAIR TOUR 2014 イマジネーション Zepp Nagoya公演」が開催される予定でしたが、ボーカルのIKEが急性気管支炎を発症したことにより、急遽延期。

一時は症状も回復してツアーを再開するも「声帯ポリープ」「急性声帯炎」を併発してしまいます。長期療養は免れず、それどころかもとの声で歌うこともできなくなるかもしれません。

公演はすべて中止。デビュー当時から「自分たちからファンに会いに行く」というスタンスで活動を続けていましたが、今回の一件はファンの期待を裏切ってしまうものです。

IKEはこのことに大きく責任を感じてしまい、自身の症状の悪化からの脱退宣言でした。IKEがどれだけファンを想っているのかがわかりますね。

その後は、ファンやメンバーの温かい言葉もあり、IKEは2ヶ月後には脱退を取り下げます。今回の騒動に関してIKEはファンに謝罪すると共に「バンド活動がいかに大切なものだったかを実感することができました」と語っています。

ファンと共にあることは、これ以上ない喜びでしょう。これからもファンと一緒になって音楽の世界を盛り上げてもらいたいですね。

ファンと共にある……カッコいいね!

でしょ? それじゃあ、次はSPYAIRの代表曲も紹介していくね!

SPYAIRおすすめの曲はこれ!

2010年にメジャーデビューとなったSPYAIR。

これまでに数々の楽曲を手掛け、邦楽ロックにおいてその名を知らしめてきました。

また、アニメのタイアップ曲として起用されることもあり、アニメの世界観を壊すことなく、むしろより盛り上げてくれるアーティストとして、高い評価を得ています。

ここでは、そんなSPYAIRが手掛けた楽曲の中でも選りすぐりのものを掲載します。

SPYAIRの歌を知らないという人は、まずはこの曲から聞いてみるといいでしょう。

LIAR/SPYAIR

SPYAIRのメジャーデビュー曲の「LIAR」です。

SPYAIRを知りたいのであれば、まずはこの曲がおすすめです。

TBS系ドラマ「ハンマーセッション!」主題歌として起用されたことでも有名です。

リリース時からもうすぐで10年も経とうとしていますが、今でも色あせない曲となっています。

サムライハート(Some Like It Hot!!)/SPYAIR

この曲は聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

SPYAIRおすすめの2曲目は「サムライハート(Some Like It Hot!!)」です。

テレビアニメ「銀魂シリーズ」の主題歌として起用された曲です。

熱いサウンドに盛り上がること間違いありません! みんなで一緒になって飛び跳ねたくなります!

そして、曲の終盤でやや悲しげにトーンを落とす歌い方、そして再び盛り上がる曲調にも注目です!

現状ディストラクション/SPYAIR

続いて3曲目は「現状ディストラクション」です。

こちらもタイアップ曲として使用され、アニメ映画「劇場版 銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ」の主題歌となりました。

序盤に溜め込んだ気持ちを、サビで一気に解放するような疾走感に、多くの人気を集めました。

イマジネーション/SPYAIR

4曲目は「イマジネーション」です。

週刊少年ジャンプのスポーツ漫画「ハイキュー!!」のテレビアニメ主題歌として起用されました。

アニメはバレーボールを題材にしたもので、その作風を意識したような歌詞に注目です。青春を感じさせる爽やかな曲です。

BEAUTIFUL DAYS/SPYAIR

5曲目は「BEAUTIFUL DAYS」です。

日本テレビ系ドラマ「ドン★キホーテ」主題歌として使用されました。

「プラスにもっと変えていける」というストレートな歌詞は、励ましの曲として共感を呼びました。

挫けそうになった時、この曲を思い出し、歌詞に耳を傾けてみるのもいいでしょう。

サクラミツツキ/SPYAIR

最後は「サクラミツツキ」です。

この曲も「銀魂シリーズ」のタイアップ曲として使用されました。

ちなみに銀魂のほとんどのタイアップ曲で、IKEさんは髪色が銀髪になります。銀魂の主人公である「坂田銀時」に寄せているものと思われます。まずは形から入るということなのでしょうか、プロ意識が高いですね。

アニメを見たことがある人であればわかりますが、ストーリーに合致しており、泣ける曲として多くのファンを虜にしてきました。

もし気になる方は「銀魂 一国傾城篇」を合わせてご覧ください。序盤の切なさとサビの絞り出すような声、歌詞が非常にマッチしています。

最後に

以上、SPYAIRの紹介をお届けしました。

いかがだったでしょうか。2010年にメジャーデビューを果たし、一時は解散騒動やメンバーの脱退などを経験してきました。

それでも、ファンを大切にする姿勢を忘れず、独特な歌詞から熱いメッセージを送り届けるSPYAIR。

今年もライブを予定しているので、気になる方はぜひ参加してみてください。

それでは、ここまでご覧いただきありがとうございました。

あわせて読みたい!





この記事をシェアをしよう!

この記事を書いた人

この記事に関連するタグ

関連記事

新着記事