ジャスティン・ビーバー(Justin Bieber)の名曲・人気曲14選

ジャスティン・ビーバー(Justin Bieber)の名曲・人気曲14選

圧倒的な人気を獲得し続ける世界的スター、ジャスティン・ビーバー(Justin Bieber)。

10代でデビューして以来、これまで数々のヒット曲を世に送り出してきた彼は、21世紀のキング・オブ・ポップとも称されています。

今回はそんなジャスティン・ビーバーの人気曲とその魅力について紹介していきます。

あわせて読みたい!

ジャスティン・ビーバーのプロフィール



生年月日:1994年3月1日
出身:カナダ・オンタリオ州

ジャスティン・ビーバーのデビューのきっかけは、YouTubeでした。

母親がYouTubeに投稿したジャスティンの歌唱動画が、後に彼のマネージャーとなるスクーター・ブラウンの目に留まり、2009年にシングル「One Time」でデビュー。

天性の歌声中性的なビジュアルで世界中のファンを魅了し、ティーンのアイドルとして爆発的な人気を獲得しました。

2010年にはファースト・フル・アルバム「My World 2.0」をリリースすると、全米アルバム・チャートで1位を獲得し、男性ソロ・シンガーとしてはスティーヴィー・ワンダーに次ぐ最年少記録を達成。

その人気と影響力は凄まじく、17歳でTIME誌の「世界で最も影響力のある人物100人リスト」に選ばれ 、フォーブス誌の「30歳未満の最も稼いだセレブリティ」では2位にランクインしました。

ジャスティンはこれまでにスタジオ・アルバムを6作リリースしており、その全てで全米1位を獲得しています。

2015年にジャックÜ(JACK Ü)との共作でリリースした「Where Are Ü Now」は、「第58回グラミー賞」最優秀ダンス・レコーディング賞を受賞し、自身初のグラミー賞を受賞。

とくに4枚目のスタジオ・アルバム「Purpose」以降は楽曲からも成熟度が感じられ、ティーン・アイドルのイメージを一新し、実力派アーティストとして認知されるようになりました。

10代で培った人気は今も健在で、Instagramのフォロワーは2.9億人、X(旧Twitter)では1.1億人以上のフォロワー数を誇っています。

私生活では、2018年にモデルのヘイリー・ボールドウィン結婚したことでも話題になりました。

長年メンタルヘルスの問題持病と闘いながら、ポップアイコンとして10年以上第一線で活躍してきたジャスティン・ビーバー。

今後も、彼の活躍から目が離せません。

ジャスティン・ビーバーの人気曲14選 Part.1


ここからは、ジャスティン・ビーバーの人気曲を紹介していきます。

彼のヒット曲の数々を、ぜひ改めてチェックしてみてください。

Sorry


ジャスティン・ビーバーの大ヒット曲「Sorry」。

10以上の国の音楽チャートで1位を獲得した曲で、カナダの「Hot 100」では7週連続1位、アメリカの「Billboard Hot 100」では3週連続1位を記録しました。

楽曲制作にはスクリレックスジュリア・マイケルズジャスティン・トランターなどが参加。

歌詞の中では「”ゴメン”と言うにはもう遅すぎる?」と恋人に謝罪の機会を求めており、元恋人のセレーナ・ゴメスに向けた曲であることもファンの間では有名です。

「BRIT Awards 2016」での圧巻のパフォーマンスも、ぜひ見てみてください。

Baby ft. Ludacris


ジャスティン・ビーバーがブレイクするきっかけとなった曲「Baby ft. Ludacris」。

ラッパーのリュダクリス(Ludacris)がフィーチャリングで参加しています。

「Baby, baby, baby, oh」というサビのフレーズが耳に残る、中毒性の高い1曲です。

ジャスティンの初々しい姿が見られるMVもおすすめで、YouTubeでの再生回数は31億回を超えています。

What Do You Mean?


アメリカとイギリスのシングルチャートで自身初の1位を獲得した「What Do You Mean?」。

イントロの時計の針の音も印象的で、曲が始まる瞬間から気分が高まってきます。

この曲も元恋人のセレーナ・ゴメスとの関係について歌った曲で、歌詞の中では「君は”YES”ってうなずくのに 本当は”NO”って言いたいって どういう意味?」と、恋人の感情が理解できないことについて歌っています。

MVはストーリー仕立てになっており、ドラマのような仕上がりになっているので、ぜひMVも見てみてください。

Love Yourself


シンガー・ソングライターのエド・シーラン(Ed Sheeran)が楽曲提供をした「Love Yourself」。

アメリカの「Billboard Hot 100」と全英シングルチャートだけでなく、15以上の国の音楽チャートで1位を獲得したヒット曲です。

ジャスティンの甘い歌声が際立つアコースティック調の穏やかな1曲ですが、歌詞の内容を知ればその曲調とのギャップに驚くはず。

サビの歌詞「自分の見た目がそんなに好きなら そんな自分を愛しなよ」のように、元恋人への痛烈な皮肉が込められています。

エド・シーランがセルフカバーをしたパフォーマンス動画もあるので、気になる人はぜひこちらも聞いてみてください。

この記事をシェアをしよう!

この記事に関連するタグ

関連記事

新着記事