Aimer(エメ)- 【人気曲ランキング】 Spotify再生回数TOP10!

Aimer(エメ)-  【人気曲ランキング】 Spotify再生回数TOP10!

デビュー前に声帯を痛め、歌手としての活動が危ぶまれてきたAimer(エメ)は、その苦難を乗り越え、2011年にメジャーデビューを果たしました。

肌を撫でるような独特なハスキーボイスが特徴的。アニメ・ドラマ・CMなど数多くのタイアップ曲を手がけ、その歌唱力には多くの人が魅了されてきました。

カバー曲も含め、どれもが素晴らしい楽曲であることは間違いありません。そこで今回は、彼女がこれまで歌ってきた楽曲をピックアップしてご紹介します。紹介方法として音楽配信サービス『Spotify(スポティファイ)』の再生回数を参考にランキング形式で掲載しています。もし気になる楽曲があれば、この機会にぜひじっくりと聴いてみてください。


https://www.aimer-web.jp/biography/

あわせて読みたい!

Aimerの人気曲ランキングTOP10

10位「Blind to you」


2019年8月14日にリリースされたシングル「Torches」のカップリング曲「Blind to you」。アコースティックの音色による柔らかさが印象的です。ですがその柔らかさと比べ、歌詞に着目してみるとややしっとりとした雰囲気を感じるかもしれません。

中学時代はシンガーソングライターのアヴリル・ラヴィーンを好んでいたAimer。その時の影響を意図的に表現したのかは分かりませんが、今回の楽曲は邦楽というよりも洋楽に近いテイストを生み出しています。

曲調と歌詞で真逆を表現しているのは意図的でもあると本人は語っており、このような曲を以前から歌えるようにもなりたかったとも述べています。カップリング曲ではありますが、Aimerにとっても非常に重要な位置づけにある曲。最初はフィーリングで聞き流し、次にメロディと歌詞に分けて意識してみると、違った発見があるかもしれません。

9位「蝶々結び」


2016年8月17日にリリースされたシングル「蝶々結び」。表題曲である同曲は、RADWIMPSの野田洋次郎が作詞・作曲・編曲を担当。また、コーラスとしても参加しました。

この楽曲に参加した野田洋次郎は、「蝶々結び」がリリースされる3~4年程前に初めてAimerの歌声を聴いたそうです。まるで恋心に気付いたかのようにAimerの歌声が好きだと感じたとのこと。

感情を揺さぶるバラード曲。蝶々結びから連想させる想いの強さが描かれています。また、コーラスとして参加した野田洋次郎の歌声がアクセントとなり、Aimerだけでは生まれなかった世界観がとても心地よく感じます。

8位「セプテンバーさん」


2016年8月17日にリリースされたシングル「蝶々結び」のカップリングカバー曲「セプテンバーさん」。RADWIMPSの代表曲として知られ、表題曲「蝶々結び」にRADWIMPSの野田洋次郎が携わったことでカバーが実現しました。

9月3日(セプテンバー=9月、さん=3)に歌いたくなる曲。Aimerの独特なハスキーボイスによって本家とはまた違った良さが生み出されています。「こんな僕だけど そう君となら」という歌詞は、まるで今回のコラボの野田洋次郎とAimerの2人を表しているようにも思えます。ぜひ本家と比べ、それぞれの良さを探してみてください。

あわせて読みたい!

7位「LAST STARDUST」


2015年7月29日に発売されたアルバム「DAWN」に収録された「LAST STARDUST」。同楽曲はアニメ『Fate/stay night [Unlimited Blade Works]』の挿入歌として使用されました。

同アニメの主人公・衛宮士郎の抱く想いがそのまま歌詞になったと言っても過言ではなく、実際に挿入歌として使用された「第20話-Unlimitedo Blade Works.」において、最高の盛り上がりを演出しました。

単語を一つ一つ噛みしめる歌声が、バラードでありながらこの曲の力強さを演出しています。ちなみに余談ですが、同楽曲は原作者・奈須きのこの指示で、次回作である『Fate/stay night [Heaven’s Feel]』に使用する予定だったとのこと。しかし、アニメ監督が独断で挿入歌として使用してしまい、今の形に落ち着いたそうです。

あわせて読みたい!

6位「Ref:rain」


2018年2月21日にリリースされたシングル「Ref:rain/眩いばかり」。その表題曲の一つである「Ref:rain」は、アニメ『恋は雨上がりのように』のED主題歌として使用されました。

作品の世界観に沿って、この楽曲では雨をテーマに書き上げられています。呟く言葉の一つ一つが、まさに雨のように思えます。しかしサビではAimerの広がりある歌声の本領が発揮。湿っぽい雰囲気が突如晴れ渡り、天気のような移り変わりを耳で感じることができるでしょう。

そしてこの楽曲のタイトル「Ref:rain」ですが、繰り返しを意味する「refrain」と雨を意味する「rain」がかかっています。タイアップ曲ではありますが、作品を知らない人でも非常に心地よく感じる歌なので、ぜひこの機会に聴いてみてはいかがでしょうか。

5位「地球儀 with Vaundy」


2021年4月14日にリリースされたアルバム「Walpurgis」に収録されている「地球儀 with Vaund」。シンガーソングライターのVaundyが楽曲制作とプロデュースを手がけ、Aimerとのコラボが実現しました。 

ステップを踏みたくなるような軽快さが特徴的な楽曲。Vaundyによって手がけられた楽曲は、Aimerの新たな一面を引き出したのかもしれません。そしてMVでは両名が主軸に描かれ、白を基調とした世界に様々な人種が登場。

気持ちが湧き上がるポップな曲なので、聴くだけでなく誰かと一緒に歌ってみるのもおすすめです。

あわせて読みたい!

4位「コイワズライ」


2019年4月10日にリリースされたアルバム「Sun Dance」に収録されている「コイワズライ」。同楽曲はAbemaTVにて放送された恋愛リアリティ番組『白雪とオオカミくんには騙されないの主題歌に使用されました。

Aimerの代表曲の一つである「カタオモイ」を意識して制作された今回の楽曲。Aimer自身が書き下ろした歌詞は、10代の恋にスポットを当てた切なさ溢れるものとなっています。

ギターサウンドによる軽やかな曲調ですが、どこか儚さを感じさせ、青春真っ只中の少年・少女達の日常を描いているようにも思えます。

3位「SPARK-AGAIN」


2020年9月9日ににリリースされたシングル「SPARK-AGAIN」。表題曲となっているこの楽曲は、アニメ『炎炎ノ消防隊 弐ノ章』のOP主題歌に使用されました。

疾走感溢れる一曲。アニメの主人公・シンラの決意をなぞるように、誰かを守りたいという想いがひしひしと伝わってきます。

いつになくロックな曲調は、ファンにとっても新鮮味を感じるかもしれません。歌詞にもあるように、まさに火花散るようなかっこよさと緊迫感。この曲の熱さのせいか、Aimer自身もここまで振り切って制作したのは初めてかもしれないと語っています。

2位「Brave Shine」


2015年6月3日にリリースされたシングル「Brave Shine」。同楽曲はアニメ『Fate/stay night [Unlimited Blade Works] 2ndシーズン』のOP主題歌として使用されました。

イントロの激しさから一変して潜めるような声が特徴的な楽曲。弱さを前にして、それでも強くありたいと、アニメの登場人物に沿った内容が描かれています。しかし、この楽曲にはもう一つ別の想いが込められていました。

知っている人もいるかと思いますが、Aimerはツアー中に突然声が出なくなるという事態に陥ってしまいました。不調に屈しそうになりながらも、それでも歌い続けていたい。その時の挫折、抗う経験がこの歌には強く込められています。それはアニメの主人公・衛宮士郎にも重なる部分があります。Aimer自身にとっては悲劇とも呼べる事態でしたが、その偶然によって今回の楽曲が生まれました。

1位「カタオモイ」


2016年9月21日にリリースされたアルバム『daydream』に収録されている「カタオモイ」。andropの内澤崇仁が楽曲提供・プロデュースを行いました。

いまだに根強い人気を誇る同楽曲。ストレートなラブソングが描かれ、これまでのAimerには無かった優しいフレーズが強調されています。語りかけるような淡々としたリズムが少し癖になります。

ちなみに2019年にリリースされた「コイワズライ」は、この「カタオモイ」を意識して制作したとのこと。恋に焦点を当てた二つの曲にどのような繋がりがあるのか。気になる方はぜひ色んな視点から聴き比べてみてください。

【番外編】カラオケ人気曲TOP3

ここからは番外編として、Aimerがリリースした楽曲の「カラオケ人気曲TOP3」をご紹介します。人によっては聴くだけでなく、歌ってみたいと思う人もいるでしょう。先程ご紹介した楽曲と合わせて、ぜひAimerの楽曲を歌ってみてください(ランキングはJOYSOUNDの2021年8月時点の集計から抜粋して掲載)。

第3位「春はゆく」


2020年3月25日にリリースされた「春はゆく/marie」。その表題曲の一つ「春はゆく」は、劇場版アニメ『Fate/stay night [Heaven’s Feel]」Ⅲ.spring song』の主題歌に起用されました。静寂を強調しながらも深さを感じさせる一曲。3部作の最終章を飾る最高の一曲です。

第2位「星屑ビーナス」


2012年5月11日に配信限定シングルとしてリリースされた「星屑ビーナス」。2012年8月15日にはCDシングル「あなたに出会わなければ 〜夏雪冬花〜/星屑ビーナス」としてもリリースされました。女優・佐々木希が主演を務めるドラマ『恋なんて贅沢が私に落ちてくるのだろうか?』の主題歌として起用。濃厚なバラードで男女の別れが描かれ、悲しみに溢れた一曲に思わず涙してしまうかもしれません。

第1位「I beg you」


2019年1月9日にリリースされ「I beg you/花びらたちのマーチ/Sailing」。その表題曲の一つ「I beg you」は、劇用版アニメ『Fate/stay night[Heaven’s Feel]II.lost butterfly』の主題歌に起用されました。歌唱した本人が難しいと語る一曲。ゆらゆらと揺れるような曲調にホラー要素を感じるのではないでしょうか。

まとめ

今回ご紹介したランキングに、皆さんのお気に入りの一曲はあったでしょうか。Aimerが発表した曲はまだこれ以外にも多数あります。ぜひこの機会にAimerの楽曲に触れてみてください。

あわせて読みたい!

この記事をシェアをしよう!

この記事を書いた人

この記事に関連するタグ

関連記事

新着記事