Snow Man・乃木坂46がトリプル・プラチナ 2021年1月度「ゴールドディスク認定作品」

一般社団法人日本レコード協会が毎月発表しているゴールドディスク認定作品

累計正味出荷枚数が一定数を超えた音楽作品に対し、ゴールド、プラチナ、ミリオンの認定をおこなっています。

2月10日に発表された2021年1月度分では、トリプル・プラチナ(75万枚)2作を含む合計9作品が認定を受けました。

2021年1月度に認定を受けた作品をご紹介していきましょう。

認定基準(最低累計正味出荷枚数)
  • ゴールド:100,000枚(10万枚)
  • プラチナ:250,000枚(25万枚)
  • ダブル・プラチナ:500,000枚(50万枚)
  • トリプル・プラチナ:750,000枚(75万枚)
  • ミリオン:1,000,000枚(100万枚)
  • 2ミリオン:2,000,000枚(200万枚)
  • 3ミリオン:3,000,000枚(300万枚)
  • 4ミリオン:4,000,000枚(400万枚)
  • 5ミリオン:5,000,000枚(500万枚)

2021年1月度「ゴールドディスク認定作品」

Snow Man「Grandeur」(シングル)

トリプル・プラチナ認定を受けたのは、ジャニーズ事務所の9人組男性アイドルグループ・Snow Manのシングル「Grandeur」

1月20日にリリースされたばかりのシングルですが、リリース初週で80.2万枚という爆発的な売り上げでトリプル・プラチナ認定に輝きました。

2020年のデビューシングルから3作連続でオリコンチャート初登場1位を記録しているSnow Man。

今後も着実にゴールドディスク認定作品数を積み上げていくことは確実です。

あわせて読みたい!


あわせて読みたい!

乃木坂46「僕は僕を好きになる」(シングル)

同じくトリプル・プラチナ認定を受けたのは、女性アイドルグループ・乃木坂46のシングル「僕は僕を好きになる」

同作がオリコンチャート初登場1位を記録したことにより、2012年5月から続く「シングル連続1位獲得記録」を25作に更新しています。

これは浜崎あゆみと並ぶ女性アーティスト歴代2位タイの記録で、乃木坂46の上には先輩グループであるAKB48が控えるのみとなりました。

3月10日には、白石麻衣の卒業コンサートとなった昨年10月の公演を収録した映像作品『NOGIZAKA46 Mai Shiraishi Graduation Concert ~Always beside you~』がリリースされることも決定しており、こちらの内容にも注目が集まっています。

あわせて読みたい!


あわせて読みたい!

その他の認定作品

その他にゴールド以上の認定を受けた作品は次の通りです。

TOMORROW X TOGETHERBAEKHYUN(EXO)は韓国のアーティストですが、日本向けの作品ということで邦楽扱いとなっています。

邦楽 アルバム
  • ダブル・プラチナ:SixTONES「1ST」
  • プラチナ:すとぷり「すとろべりーねくすとっ!」
  • ゴールド:ころん「アスター」
  • ゴールド:TOMORROW X TOGETHER「STILL DREAMING」
  • ゴールド:藤井 風「HELP EVER HURT NEVER」
  • ゴールド:BAEKHYUN「BAEKHYUN」

邦楽 ビデオ
  • ゴールド:Kis-My-Ft2「Kis-My-Ft2 LIVE TOUR 2020 To-y2」

▼日本レコード協会「ゴールドディスク認定 作品一覧」
https://www.riaj.or.jp/f/data/cert/gd.html

あわせて読みたい!


あわせて読みたい!

あわせて読みたい!

あわせて読みたい!

あわせて読みたい!

この記事を書いた人

この記事に関連するタグ

関連記事

新着記事