Travis Japan【経歴・超詳細解説】結成から世界デビューまでの軌跡を徹底解説

Travis Japan【経歴・超詳細解説】結成から世界デビューまでの軌跡を徹底解説

現在、アメリカ留学中のジャニーズJr.グループTravis Japan

渡米後も国際的に名高いダンスコンテストで入賞するなど、その実力を磨き続けてきました。

そんなトラジャが、2022年10月28日「Capital Records」から世界メジャーデビューすると発表。

今回は、トラジャのグループ結成から世界デビューに至るまでの軌跡を徹底解説していきます。

あわせて読みたい!

Travis Japan誕生の経緯

Travis Japanとは

Travis Japan(トラヴィス・ジャパン)は、現在ジャニーズJr.として活動する7人組グループ

メンバーは、川島如恵留さん、七五三掛龍也さん、吉澤閑也さん、中村海人さん、宮近海斗さん、松倉海斗さん、松田元太さんです。

グループ名の「Travis」は、マイケル・ジャクソンの振付師としても有名なTravis Payne(トラヴィス・ペイン)氏に由来しています。

では、どのようにしてトラジャが今の形になったのか、グループ結成の経緯から詳しくご紹介していきます。

メンバーの詳しいプロフィールについてまとめた記事は、こちらからご覧ください。

あわせて読みたい!

Travis Japanの結成

Travis Japanが結成されたのは、2012年のことでした。

当時、A.B.C-Z主演の舞台「ABC座 星(スター)劇場」が日生劇場で開催されており、その現場に見学に来ていたジャニーズJr.がトラヴィス・ペインさんのレッスンを受けることになりました。

このレッスンに参加していたのは、後にトラジャの「弟組」となる吉澤閑也さん、中村海人さん、阿部顕嵐さん、宮近海斗さん、梶山朝日さん

さらに、トラジャの「兄組」となる川島如恵留さん、仲田拡輝さん、七五三掛龍也さん、森田美勇人さんもレッスンに参加。当時、川島さん達は「JR.A」というJr.グループで活動していました。

この時点で「Travis Japan」の初期メンバーに選ばれたのは「弟組」の5名でしたが、後に「兄組」のメンバーも正式にグループへ加入することになります。

同年7月に開催された「PLAYZONE’12 SONG & DANC’N。PARTII。」には、9人体制の「Travis Japan」で出演を果たしました。

しかし、トラジャが結成されたのも束の間、「異なる夢を追いたい」等の理由でメンバーの脱退が続いてしまいます。

2017年の時点では、川島さん、七五三掛さん、吉澤さん、中村さん、宮近さんの5人までメンバーが減っていました。

そこへ加入してきたのが、当時から「松松コンビ」として人気が高かった松倉海斗さん松田元太さんです。

松島聡さん(Sexy Zone)のユニット「Sexy 松(Show)」のメンバーとして活動していた松松コンビは、その持ち前のダンス力が評価され、トラジャのメンバーに選出されました。

こうして「Travis Japan」というグループ名に劣らぬ実力派メンバーが集結。現在の活動体制が確立されたのです。

この記事をシェアをしよう!

この記事を書いた人

この記事に関連するタグ

関連記事

新着記事