Snow Man 【エピソード特集】意外な組み合わせ!? 知られざるコンビ・トリオエピソードを紹介

Snow Man 【エピソード特集】意外な組み合わせ!? 知られざるコンビ・トリオエピソードを紹介

1stアルバム『Snow Mania S1』がミリオン達成、2022年5月4日には昨年行われたライブ『Snow Man LIVE TOUR 2021 Mania』のBlu-ray&DVDがリリース、『滝沢歌舞伎ZERO 2022』の千秋楽を迎えたりと連日話題となっているSnow Man(すのーまん)

そんな彼らには、ファンの間で人気を集めているコンビ・トリオがあります。有名なものでいうと渡辺翔太さん宮舘涼太さん幼なじみコンビ“ゆり組”深澤辰哉さん佐久間大介さん向井康二さんによるトリオ“ドラマ班”など。

今回はその中から、あまりメディアで取り上げられることのないコンビ・トリオを紹介します。Snow Manを昔から知っているファンは知っているけれど、最近ファンになった人にはあまり知れ渡っていない意外なコンビ・トリオたちのエピソードになっているので、最後までお楽しみください。

あわせて読みたい!

もっと知ってほしい!Snow Manのコンビ9選

“いわラウ” 岩本照×ラウール

Snow Manのリーダー・岩本さんとグループ最年少のラウールさんによる“いわラウ”。ラウールさんが加入した当初、岩本さんは何かと気にかけて世話を焼いていて、“年の離れた兄と弟”という印象が強かったです。

そんな2人の関係性に最近、少し変化が見えてくるようになりました。ラウールさんが岩本さんをいじるようになったのです。

リーダーという立場もあり、前に出てコメントをすることが多い岩本さん。大事なところでビシッと決める彼ですが、たまにミスをすることがあります。それをラウールさんが誰よりも先に気づいて指摘。「岩本君が間違えた~!」と小学生のようにいじりまくっているのです。

それを嫌がりながらも、顔はなんだか嬉しそうな岩本さん弟の世話を焼いていた兄という立場から、弟にいじられるという関係性に変わった2人の姿にほっこりさせられます。

あわせて読みたい!

“いわだて” 岩本照×宮舘涼太

佐久間さんとともに、グループ内でもアクロバット能力が高いメンバーと言われる岩本さん宮舘さん。そんな“いわだて”にはいくつか共通点があります。

・学年は違うが1993年生まれ(岩本さんは1993年5月17日、宮舘さんは1993年3月25日)
・入所日が1年違い(岩本さんは2006年10月1日、宮舘さんは2005年10月1日)
・A型で長男

過去にはシンメとして活動していたり、『滝沢歌舞伎ZERO』内の演目「五右衛門ZERO」で息の合った刀投げを披露し、絆の強さを見せてきました。

この2人を見ていて気づくのが、岩本さんが宮舘さんを好き過ぎるということ。努力は結果で示すという熱い性格で、仕事に対する考え方も似ているということから、何かと宮舘さんを慕っている姿が見られます。

その姿は兄(宮舘さん)を頼る弟(岩本さん)という感じ。リーダーとしてグループを引っ張る皆の兄・岩本さんが、唯一、弟っぽくなるのが宮舘さんなのです。

あわせて読みたい!

“あべなべ” 阿部亮平×渡辺翔太

Snow Manの前身ユニット・Mis Snow Man時代から、一緒に活動している阿部さん渡辺さん。長い間ともに活動してきた“あべなべ”ですが、これまでプライベートで2人きりで出かけたり、ご飯を食べに行ったことが一度もありません。

そんな2人ですが、よく観察してみるとあることが見えてきます。それは、“あべなべ”はちょうどいい距離感を保っているということ。

「強火ゆり組担」としても有名な阿部さんは、渡辺さんと宮舘さんをよく観察しています。一方の渡辺さんは恥ずかしがり屋で、自分から誰かに絡むことはほとんどありません。そんな2人の性格が、距離感にも出ているのでしょう。

ただ、距離感を感じつつも、ちゃんとお互いのことを信頼し合っている2人渡辺さんは阿部さんを頼りになる先生と慕い、阿部さんは不器用に見えて何でもそつなくこなす渡辺さんを尊敬しています。

パフォーマンスにおいて、ハモることが多い2人。メインボーカルを担う渡辺さんに、絶妙なバランスで声を重ねていく阿部さん。2人のちょうどいい距離感がパフォーマンスにも表れています。

あわせて読みたい!

“ニキとめめ” 岩本照×目黒蓮

岩本さんを兄貴のように慕い、「アニキ」から後ろの2文字をとって「ニキ」と呼んでいる目黒さん。岩本さんも他のメンバーとは違う呼び方を、ひそかに気に入っているそうです。

2人とも高身長で目立つ見た目ですが口数が少なく、メンバーを静かに見守るタイプ。メンバーが盛り上がっているなか、静かに端っこのほうで2人で楽しそうにしている姿をよく見かけます。

兄貴と弟という関係性の“ニキとめめ”ですが、最近は目黒さんが岩本さんをかわいがる姿も見かけるようになりました。加入前、岩本さんに怖い印象を持っていた目黒さん。しかし、甘いもの好きという岩本さんの新たな一面を知るようになってから、「岩本君、かわいい」と年上の岩本さんをかわいがるようになりました。岩本さんは終始、照れくさそうにしつつも少し嬉しそう。

初めは“兄貴と弟”という関係性だった2人が、目黒さんが岩本さんをかわいがるという形に変化した“ニキとめめ”。普段は見られない岩本さんの姿を楽しんでください。

あわせて読みたい!

この記事をシェアをしよう!

この記事を書いた人

この記事に関連するタグ

関連記事

新着記事