【元乃木坂46】玉置玲央さんと結婚したことで話題に!若月佑美のプロフィールや経歴、魅力を徹底解説!

【元乃木坂46】玉置玲央さんと結婚したことで話題に!若月佑美のプロフィールや経歴、魅力を徹底解説!

若月佑美さんは元・乃木坂46の1期生として活躍していたメンバーです。

現在は、女優モデル画家イラストレーターとして活躍しています。

2021年12月10日に、俳優の玉置玲央さんとの結婚を発表したことで話題になりましたね。

そこで今回は若月佑美さんのプロフィールや魅力、参加していたおすすめ楽曲について紹介していきます。

ぜひ最後まで読んでください。

乃木坂46とは?

乃木坂46は2011年8月21日に秋元康さんのプロデュースによって結成された女性アイドルグループです。

乃木坂46は坂道シリーズと呼ばれるグループの最初のグループです。

今では坂道シリーズには櫻坂46日向坂46があります。

乃木坂46とAKB48の違い

乃木坂46はAKB48の公式ライバルとして結成されたグループです。

乃木坂46という名前には、AKB48グループと分けるために漢字表記の採用、AKB48よりも人数が少なくても負けないという想いが込められています。

乃木坂46と公式ライバルのAKB48の違いは、乃木坂46は専用劇場を持たない、総選挙・じゃんけん選抜がないなどがあります。

活動の方針にも違いがあり、グループ単位での活動に力を入れているAKB48グループと違い、乃木坂46はメンバー個人の個性を活かした活動に力を入れています。

そのため個人での活躍も目立っているのが乃木坂46です。

写真集やドラマ・映画・テレビ番組・ラジオ番組・CMの出演、ファッションモデルなどで個人での活躍が目立ってきました。

特に写真集では2017年にはオリコン年間写真集ランキングトップ10の内6作品を乃木坂46のメンバーが占める快挙も成し遂げています。

乃木坂46は17枚目のシングル「インフルエンサー」、20枚目のシングル「シンクロニシティ」で「日本レコード大賞」の「大賞」を受賞しました。

女性グループとしてはAKB48に続いて史上二組目の大賞連覇を達成し話題にもなりましたよね。

さらにライブでの活躍もあり、今ではNo.1女性アイドルグループと呼ばれるようにもなっています。

乃木坂46の1期生

今回紹介していく若月佑美さんは乃木坂46の1期生として活躍していたメンバーです。

MEMO

乃木坂46の1期生メンバーは卒業したメンバーを含めると

秋元真夏、生田絵梨花、齋藤飛鳥、樋口日奈、星野みなみ、和田まあや、山本穂乃香、吉本綾華、岩瀬佑美子、安藤美雲、柏幸奈、宮澤成良、市來玲奈、伊藤寧々、大和里奈、畠中聖羅、永島聖羅、深川麻衣、橋本奈々未、中元日芽香、伊藤万理華、川村真洋、生駒里奈、斎藤ちはる、若月佑美、能條愛未、川後陽菜、西野七瀬、衛藤美彩、斉藤優里、桜井玲香、井上小百合、中田花奈、白石麻衣、松村沙友里、高山一実

です。

このうち、現在も乃木坂46で活動しているのは秋元真夏さん生田絵梨花さん齋藤飛鳥さん樋口日奈さん星野みなみさん和田まあやさんの6人です。

さらに、生田絵梨花さんと星野みなみさんは卒業することを発表しています。

2022年からの乃木坂46の活動では36人いた1期生メンバーがついに4人になってしまいます。

現在No.1アイドルグループと呼ばれるようになるまで、乃木坂46を支えてきたのは間違いなく1期生メンバーなので、残り4人の今後の活躍にもぜひ注目して見てください。

現在乃木坂46では、5期生メンバーのオーディションも開催されており、2021年12月ごろに合格者発表が予定されています。

今後1期生メンバーが作り上げてきた乃木坂46を新たなメンバーがどんな形で受け継いでいくのか非常に楽しみですね。

そんな乃木坂46のオーディションの情報やメンバーのブログ、その他最新情報については以下の公式リンクからチェックしてみてください。

乃木坂46公式リンク

あわせて読みたい!

若月佑美はどんな人物?

若月佑美の基本的プロフィール

若月佑美

  • 名前:若月 佑美(わかつき ゆみ)
  • 愛称:みゅうみゅう、わか、若さま、ワカツキ、ゆみちゃん
  • 生年月日:1994年6月27日
  • 年齢:27歳(2021年12月現在)
  • 出身地:静岡県
  • 血液型:O型
  • 身長:157.7cm
  • 職業:女優、モデル、画家、イラストレーター
  • 所属事務所:ゼスト
  • 合格期:1期
  • 選抜回数:20回
  • サイリウム:青×青
  • 公式ホームページ:若月佑美オフィシャルサイト
  • 公式Twitter:@WAKA_Y_official
  • 公式Instagram:yumi_wakatsuki_official

若月佑美の経歴

若月佑美さんは元・乃木坂46の1期生として活躍していたメンバーです。

乃木坂46に加入する前は、美術大学への進学を目指し、抽象絵画や油絵を描いていたそうです。

しかし、周囲に自分より優秀な学生が多く、進路に悩んでいた時に、小学生のころにモデルを夢見ていたことを思い出し、乃木坂46のオーディションに応募したそうです。

そして、2011年8月21日に乃木坂46の1期生として合格しました。

MEMO

若月佑美さんのキャッチフレーズは

こんにちわかつき

です。

しかし、合格してからわずか4か月後に当時付き合っていた男性とのプリクラの流出を受けて年内の活動を自粛することになりました。

合格して早々に付き合っていた男性とのプリクラの流出を受けながらも、最後には人気メンバーとなり、多くのファンに見守られながら卒業していきました。

MEMO

活動の自粛を受けて、真摯にアイドルとして活動し、努力したことが分かりますね。

2013年には「BAD BOYS」でテレビドラマに初のレギュラー出演を果たしました。

また、2013年5月に行われた乃木坂46の舞台「16人のプリンシパル deux」で主要10役をこなす活躍も見せました。

さらにアイドルとして活動していく中で、「第99回二科展」のデザイン部A部門・C部門の2部門で入選するなど、美術的な活動も積極的に行っています。

その画力は乃木坂46の冠番組「乃木坂って、どこ?」の「乃木坂46 画王決定戦」でもバナナマンの日村勇紀さんをデッサンし、ベスト3に選ばれています。

その後も「二科展」では、第100回、第101回、第102回、第103回、第104回でデザイン部門A部門で入選しました。

そんな素晴らしいデザイン力は乃木坂46の中でも発揮され、過去には乃木坂46オリジナルグッズのデザインもした経験があります。

2017年11月7日には初のソロ写真集「パレット」を発売しました。

「パレット」はこちらから購入することができるので気になった方はぜひチェックしてみてください。

そして2018年11月30日の日本武道館での卒業セレモニーを最後に乃木坂46を卒業しました。

卒業後は、女優、モデル、画家、イラストレーターとして活躍しています。

若様軍団

乃木坂46の中にはメンバー同士で結成された「軍団」がいくつか存在しています。

若様軍団」はその中の一つで、若月佑美さんが結成した軍団です。

若月佑美さんを筆頭に仲が良かった3期生の山下美月さん阪口珠美さん梅澤美波さんの4人で活動しています。

かっこいい×面白い」をテーマに活動がスタートしました。

「若様軍団」には実は「失恋お掃除人」というユニット曲もあります。

2018年11月に若月佑美さんは乃木坂46を卒業してしまったものの、その後も残った3期生3人が軍団員を名乗り続けています。

山下美月さん、阪口珠美さん、梅澤美波さんの3人は現在の乃木坂46の中でも中心的な存在になっているので、豪華な軍団だったことが分かりますね。

あわせて読みたい!

若月佑美の魅力とは?

現在、女優としても活躍している若月佑美さんの魅力は演技力です。

乃木坂46のメンバーの中でもいち早く舞台にソロで出演し活躍し始めたのが若月佑美さんでした。

MEMO

舞台に出演した際には

舞台においては、舞台袖にいる時も自分に戻らないほど役になり切ってしまう

と語るほどでした。

また、「主演をやっているときも楽しかったけど、主演を支える役が、もうすっごく楽しくて!」と様々な役へのやりがいを感じていました。

アイドルとしては演技力を活かした感情のこもった歌声が魅力の一つにもなっていました。

しかしながら、若月佑美さん自身は「演技の引き出しの少なさ」を課題にしています。

演技の引き出しを増やすために、映画をたくさん見たり、旅に出てきれいな景色を見てそこから何かしらの感情を得たりしたいと語っていました。

今でも十分な演技力で活躍していると言える若月佑美さんですが、ストイックで努力家な部分もあるみたいですね。

今後も間違いなくそんな努力を重ねて活躍していくことが間違いないので、これからの若月佑美さんの活動からも目が離せませんね。

おすすめ楽曲

ここでは演技力に定評のある若月佑美さんが参加しているおすすめ楽曲について3曲紹介していきます。

狼に口笛を

狼に口笛を」は2012年5月2日にリリースされた乃木坂46の2枚目のシングル「おいでシャンプー」のカップリング曲です。

「狼に口笛を」で伊藤万理華さんがセンターポジションを務め、若月佑美さんはその隣のポジションを務めています。

孤独な狼をイメージするような少し寂しい歌詞と、ポップな曲調のギャップが魅力的な楽曲になっています。

アンダー楽曲ながらも参加しているメンバーが非常に豪華な楽曲になっているのでぜひチェックしてみてください。

「狼に口笛を」のフォーメーションは以下のようになっています。


1列目:深川麻衣、伊藤万理華、若月佑美
2列目:川後陽菜、川村真洋、斎藤ちはる、永島聖羅
3列目:衛藤美彩、伊藤寧々、齋藤飛鳥、中元日芽香、樋口日奈
4列目:柏幸奈、安藤美雲、大和里奈、能條愛未、和田まあや

失恋お掃除人

失恋お掃除人」は2017年10月11日にリリースされた乃木坂46の19枚目のシングル「いつかできるから今日できる」に収録されているカップリング曲です。

「失恋お掃除人」は乃木坂46の軍団の一つ、「若様軍団」による楽曲です。

「若様軍団」は若月佑美さん、山下美月さん、阪口珠美さん、梅澤美波さんの4人で結成されています。

MVは事件の後処理が専門で、実際は捜査することがないとある警察の部署にいる若様軍団が「国宝級の割りばし」の危機を救うことができるのか!?という面白いテーマになっています。

ネタ要素全開の面白いMVになっているのでぜひチェックしてみてください。

若月佑美さんの作風に合わせた少しオーバーな演技も見どころなので注目して見てください。

帰り道は遠回りしたくなる

帰り道は遠回りしたくなる」は2018年11月14日にリリースされた乃木坂46の22枚目のシングルです。

「帰り道は遠回りしたくなる」で若月佑美さんは2列目の中央のポジション、いわゆる「裏センター」を務めています。

MVでは乃木坂46としてのオマージュや小ネタが含まれていたりと、乃木坂46を知れば知るほど泣けるMVになっています。

MEMO

1期生メンバーを応援しているファンにはたまらない作品になっています!

そのMVの完成度の高さはファンの間でも話題になったのでぜひチェックしてみてください。

また、楽曲としては、Bメロ部分でかなり低い低音パートがあったかと思うと、王道アイドルソング、乃木坂46らしいサビにつながったりと楽曲としてもとても面白いものに仕上がっています。

「帰り道は遠回りしたくなる」のフォーメーションは以下のようになっています。


1列目:梅澤美波、山下美月、齋藤飛鳥、西野七瀬、白石麻衣、生田絵梨花、与田祐希
2列目:衛藤美彩、秋元真夏、堀未央奈、若月佑美、星野みなみ、桜井玲香、松村沙友里
3列目:斉藤優里、井上小百合、佐藤楓、大園桃子、伊藤理々杏、新内眞衣、高山一実

現在の若月佑美

現在の若月佑美の活動

現在、若月佑美さんは、女優、モデル、画家、イラストレーターとして活躍しています。

2020年4月1日に芸能事務所「ゼスト」と業務連携したことが発表されると、小学館「Oggi」の美容専属モデルを務めることも発表されました。

さらに2020年6月27日には、自身のオンラインサロン「未開発区域」を開設しました。

そして2020年12月には公式YouTubeチャンネル「未開発区域ch」を開設しました。

「未開発区域ch」ではオンラインサロンメンバー限定のお悩み相談の様子や、おすすめのコスメ、ファッション、トレンドの紹介などを行っています。

ぜひ気になった方はチェックしてみてください。

また、2021年9月8日には2冊目の写真集「アンド チョコレート」を発売しました。

乃木坂46のan・an美脚選抜ともいわれた若月佑美さんの美脚やこれまでとは少し違った若月佑美さんの魅力を見ることができるのでぜひチェックしてみてください。

「アンド チョコレート」はこちらから購入することができます。

結婚

現在の若月佑美さんの話題といえば結婚ですよね。

若月佑美さんは2021年12月10日に俳優の玉置玲央さんと結婚したことを発表しました。

Instagramで結婚報告をした際には、多くの乃木坂46のメンバーやOGからのお祝いのコメントも寄せられ、改めて乃木坂46の温かさを感じることができましたね。

また、「今後もお仕事には真摯に向き合い誠心誠意、丁寧にきっちり努めて参ります。また何よりこんな私をずっと応援してくださる皆様の存在により一層の感謝をし、自惚れることなくしっかり恩返し出来るよう精進致します。どうかこれからも温かく見守って頂けたら幸いです」と語っており、今後も仕事は続けていくようです。

結婚したことで、今後さらに若月佑美さんの演技力に魅力が出てきそうで、とても楽しみですよね。

まとめ

今回は元・乃木坂46の1期生として活躍し、現在は女優、モデル、画家、イラストレーターとして活躍している若月佑美さんについて紹介してきました。

若月佑美さんはアイドルとしても演技力を活かした歌声などで人気を集め、卒業後も女優として舞台などで活躍しているメンバーでしたね。

しかしながら、まだまだ努力していきたいというストイックな一面も持ち合わせており、今後の成長が非常に楽しみなメンバーでもありましたね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

あわせて読みたい!

この記事をシェアをしよう!

この記事に関連するタグ

関連記事

新着記事