【TWICEメンバー別紹介】CHAEYOUNG(チェヨン) – TWICEのちびっ子ラッパー

【TWICEメンバー別紹介】CHAEYOUNG(チェヨン) – TWICEのちびっ子ラッパー
  • チェヨン(ソン・チェヨン)
  • 1999年4月23日生
  • 韓国ソウル特別市江東区
  • 身長159cm
  • B型
  • メインラッパー、サブボーカル
  • メンバーカラーはレッド

TWICEには2人のラッパーが存在しています。その1人であるチェヨンは、なんと練習生時代はラップ未経験からスタートしています。

また、パフォーマンス以外では特徴あるファッションや髪型、メイクにも注目が集まっており、チェヨンに憧れる女の子も増殖中なんです。

あわせて読みたい!

ラップとの出会い

チェヨンは2011年、小学校6年生のときからダンススクールに通ってダンスを始めました。その翌年にはJYPエンターテインメントのオーディションに参加して見事、練習生となっています。

練習生になった当初はラップ未経験だったチェヨンですが、練習生として課題をこなしていく中でラップが自分に合っていると感じ、ラップの練習を重ねたそうです。ラップ未経験のチェヨンが今ではTWICEのメインラッパーとして活躍しているのですから、相当の努力をしたはずです。

MEMO

チェヨンは学生時代にTWICEとしてデビューしており、友達と遊ぶ時間や学校のイベントに参加する時間を全て練習時間に使っていたそうです。

チェヨンが注目を浴びたのはTWICEのメンバーを決めたサバイバル番組「SIXTEEN」でした。ラップ担当として審査員の評価もよく、ランキングも常に上位をキープしていました。

番組内では特にクローズアップされたりすることはあまりありませんでしたが、最後まで安定的にデビュー圏内にいましたし、番組内でも「この子はデビューメンバーに選ばれるだろうな」と感じさせるオーラがあったように感じます。

ラッパーとサブボーカルを担当

チェヨンは自身で作詞を行うことも多く「SIXTEEN」に出演していたときから自作のラップを披露していました。番組ではJ.Y.Parkことパク・ジニョン氏の楽曲「Honey」を、チェヨンが作詞したラップに乗せて歌ったことがあり、パク・ジニョン氏本人をはじめ、審査員を驚かせていました。

チェヨン「HONEY」

本来、この曲にはラップがありません。チェヨンが楽曲を編集し、自作のラップの歌詞をつけてチェヨンらしい楽曲に変身させました。パク・ジニョン氏の「Honey」は、韓国でも大ヒットした楽曲だったので、その曲を編集してしまうチェヨンの度胸の良さと、デビュー前からの作詞やアレンジスキルの高さには驚きを隠せません。

また、チェヨンはTWICEでメインラッパーを務めているのですが、サブボーカルとしてのチェヨンも見てほしいポイントです。楽曲によってはチェヨンのラップが少ないために「チェヨンのラップパートをもっと増やしてほしい」というファンの声が上がるほど。

しかし、チェヨンの安定した歌唱力にも定評があり、ボーカルラインでも通用するのでは?と言われています。TWICEの楽曲には「소중한 사랑(Precious Love)」や「Feel Special」といったチェヨンのボーカルから始まる曲もあり、サブボーカルながら長いパートを歌っています。

チェヨンの歌唱力は「TWICE Melody Project」でさらに感じることができます。このプロジェクトはTWICEのメンバーがカバー曲を披露して、TWICEとはまた違った魅力が発見できるというプロジェクトです。

このプロジェクトで、チェヨンはダルチョンという歌手の楽曲「Alone」をカバーしています。この楽曲はチェヨンの歌がしっかりと聞ける楽曲で、TWICEで見せるチェヨンの雰囲気とはまた違ったチェヨンが見られるということで、ファンの間で神曲として有名になった楽曲でした。

チェヨン「Alone」

TWICEではダヒョンというもう1人のラッパー担当のメンバーがおり、チェヨンとダヒョンの掛け合いのようなラップも見所なのですが、サブボーカルとしてのチェヨンをもっと見たくなってきました!

作詞の実力も!?

チェヨンは作詞家としての一面も持っています。TWICEの楽曲は恋愛をイメージした楽曲が多いのですが、チェヨンは恋愛の曲だけではなく頑張っている人を応援する楽曲や、恋人との別れを綴った楽曲を発表するなど、バラエティに富んだ作詞をしています。

MEMO

サバイバル番組「SIXTEEN」に出演していたときからラップの作詞を行っていたチェヨンですが、TWICEとして活動するようになってからはラップ以外の歌詞も手がけています。

さらにチェヨンは、以前からチャレンジしてみたいと語っていた日本語での作詞も行なっています。チェヨンが日本語の歌詞を書いたことで注目された「How u doin」では、作詞だけではなく作曲にも挑戦しました。日本のアルバムでメンバーが日本語で作詞をするのはチェヨンが初めてだということです。

この曲に関してチェヨンは、当初は韓国語の歌詞だったのを後から日本語歌詞に変えることになったとSNSに経緯を書き込んでいました。歌詞となると日本語特有の言い回しや表現方法が難しいと感じますが、チェヨンは恋人との悲しい別れの歌詞を見事に書き上げました。

また、チェヨンが大好きな「いちご」をタイトルにした「STRAWBERRY」は、恋する女の子を可愛らしく表現し、ファンからも「チェヨンらしい曲」だと人気を得ています。今後はどんな楽曲がチェヨンから発信されるのか楽しみですね!

絵の才能と特徴的なヘアスタイル

パフォーマンス以外にもチェヨンは自分を上手く表現しています。それは「」と「ヘアスタイル」です。チェヨンは女の子のファンも多いのですが、その理由が「チェヨンみたいになりたい!」と思うくらい独特で可愛らしいセンスにあると感じます。

チェヨンはTWICEのインスタグラムで度々自身が描いた絵を披露しており、絵のレベルが高いと評判です。インスタグラムにはメンバーやファンに宛てたメッセージカードや、他の歌手の楽曲を聞いて、そこからインスピレーションを受けて描いた絵を投稿しており、ファンからは「まるでピカソみたいだ」と評価されています。

MEMO

「モンスターズ・インク」が大好きだというモモの鞄に「モンスターズ・インク」のキャラクターを描いてあげたこともあり、商品にできるくらいのクオリティでした。

さらに、チェヨンは自身で描いた絵をグッズとして販売しています。TWICEのコンサートグッズや、TWICEがイメージモデルを務めたスニーカーブランドで、チェヨンが描いた絵を使ったスニーカーが発売されました。

当時のチェヨンはまだ高校生だったこともあり「学生なのに既にデザイナーとして活躍しているのは凄い」と、話題になりました。また、当時発売されたグッズは韓国でしか買えないものだったので、日本でも販売して欲しいとの声が上がっていました。

MEMO

サイン会ではチェヨンに絵を描いてもらうファンもいるそうで、ファンのリクエストに応えてくれるチェヨンは本当にファン思いなメンバーだということがわかります。

絵の他にチェヨンはヘアスタイルでも自分を魅力的に表現しています。チェヨンはTWICEの中で1番髪型の変化が激しいメンバーで、アルバムの活動中に何回も髪型を変えて常に新しいチェヨンを見せてくれています。

その髪型も、ロングからショートまで多彩で「先週まではボブだったのに急にロングヘアーになっている!」とファンを驚かせたことも。そのときは大量のエクステをつけていたそうなのですが、当時はボブ=チェヨンというイメージもあったので、ファンはいろんな意味で驚いたようです。

MEMO

髪を切ることにも躊躇することなく「切りたいと思ったらすぐに切る」という思い切りの良いチェヨンの性格が髪型に表れています。

チェヨンの髪型は普段でも取り入れられそうなものもあるので、髪型からチェヨンに近付いてみるのはどうでしょうか?

ニックネームは「赤ちゃん怪獣」

チェヨンの性格は明るくてサバサバした性格です。ポジティブ思考でもあり、練習生時代から「不安はあったが、どんなことがあっても歌手としてデビューするんだ」という気持ちを持って活動していたそうです。

顔がベビーフェイスでありながらも、思ったことはきちんと言葉にして表現することから「赤ちゃん怪獣」というニックネームが付いています。「赤ちゃん」という言葉から「子供っぽいのかな?」という印象がありましたが、チェヨンはTWICEの末っ子ラインながらしっかりとした考えを持っています。

以前、チェヨンを盗撮したと思われる写真がインターネットに投稿されていたのですが、チェヨンはTWICEのインスタグラムで同じ写真をあえて投稿し「私が掲載していない写真がアップされていました。こういうのはやめましょう」というメッセージを残しました。

悪質なファンに対して自分の意見を伝えられる真っ直ぐな性格のチェヨンですが、正しいことをしているのに言葉の伝え方や、見た目のクールな印象から少し厳しい性格のように見えてしまうこともあります。しかし、本来のチェヨンは恥ずかしがり屋で、自分の本当の気持ちを外に出すことが苦手な性格です。

チェヨンはメンバーに対しても時に冷たく接してしまうこともあるそうで、自分の気持ちを上手く表現できなくて申し訳ないとTWICEのメンバー宛てに手紙を書いたことがあります。

TWICEのメンバーからは「独特の世界観を持っており、マイペースな性格だ」と言われているチェヨンですが、メンバーはチェヨンが感情を表現することが苦手だということも理解しているようです。

また「自分がやりたいことだったら多くの利益を得なくてもいい」と、堂々と話せるチェヨンの考え方は見習いたい部分だとも感じました。しかし、チェヨンにも辛いことや不安になることもあると思います。そんな時はTWICEのメンバーやファンに頼って欲しいですね!

最新情報

4月27日アメリカのトークショー「The Kelly Clarkson Show」に初出演!
世界的シンガーソングライターで女優のケリー・クラークソンの人気番組「The Kelly Clarkson Show」にTWICEが出演、パフォーマンスを行いました。
番組内では世界中のファンから絶大な人気を得た「CRY FOR ME」を披露しました!

YouTube登録者数1000万人突破!ダイヤ再生ボタン獲得!
TWICEの公式YouTubeチャンネルは、今年2月18日に登録者数1000万人を超えました。
今回チャンネル登録者数が1000万人を突破した時に贈られるダイヤモンド再生ボタンの開封動画と写真が公開されています。

10thミニアルバム「Taste of Love」リリース

6月11日に10thミニアルバムとなる「Taste of Love」がリリースされました。

J.Y.Parkさんが作詞作曲を手掛けたリード曲「Alcohol-Free」が先行リリースされたこともあり、話題となっていました。

「Alcohol-Free」は夏らしいMVビデオに仕上がっています。

「Taste of Love」には全7曲が収録されており、メンバーが作詞した曲も多いです。

収録曲のうち、「Scandal」と「SOS」はダヒョンが、「Conversation」はサナが、「First Time」はジヒョ、「Baby Blue Love」はナヨンが作詞を手掛けています。

今までのアルバムの中でも特にメンバー作詞曲が豊富となった今作。

ファンの方は必見ですね!

ニューアルバム「Perfect World」リリース決定

日本3作目となるアルバム「Perfect World」が7月28日にリリースされることが決定しました。

今作は様々な愛の形を表現したアルバムであり、リード曲「Perfect World」に加え、「Fanfare」や「KuraKura」などが収録されています。

他のメンバーの紹介記事はこちら!

この記事をシェアをしよう!

この記事を書いた人

この記事に関連するタグ

関連記事

新着記事