【AKB48】IZ*ONEの元メンバー!本田仁美のプロフィールや経歴、魅力を徹底解説!

【AKB48】IZ*ONEの元メンバー!本田仁美のプロフィールや経歴、魅力を徹底解説!

本田仁美さんは「AKB48 Team8 全国一斉オーディション」の栃木県代表として合格したメンバーです。

実は本田仁美さんは2018年10月29日から2021年4月29日までの間、AKB48の活動をいったん休止し、日韓合同のアイドルグループ「IZ*ONE」のメンバーとして活動していました。

そして2021年5月23日に行われた公演からAKB48としての活動を再開させました。

そこで今回はIZ*ONEとしても活動し、世界的に注目されている本田仁美さんのプロフィールや魅力、参加しているおすすめ楽曲について紹介していきます。

ぜひ最後まで読んでください。

AKB48とは?

AKB48の結成

AKB48とは、秋元康さんのプロデュースによって2005年12月8日に結成されたアイドルグループです。

会いに行けるアイドル」をコンセプトに、秋葉原にある「AKB48劇場」でほぼ毎日公演を行っています。

今では48グループとして日本国内外に大人数のアイドルグループが存在していますよね。

そのさきがけとなったのがAKB48でした。

2013年には正規メンバーと研修生を合わせた全メンバーが88人となり、ギネス世界記録にも認定されました。

AKB48の経歴

AKB48は2005年12月8日に結成されると、2006年2月1日に「桜の花びらたち」でインディーズデビューを果たしました。

そして2006年10月25日に「会いたかった」でメジャーデビューを果たします。

2007年には「NHK紅白歌合戦」にも出場するものの、当時は「秋葉原のオタク向けアイドル」というイメージも強かったため、あまり注目はされていませんでした。

2009年にリリースされた14枚目のシングル「RIVER」で初めてオリコンウィークリーチャートで1位を獲得します。

その後も着実にオリコンウィークリーチャートで1位を獲得する楽曲を発表していき、「国民的アイドル」と呼ばれるようにもなり始めました。

2010年8月にリリースされた17枚目のシングル「ヘビーローテーション」は、シングルの連続初動売上50万枚突破やオリコン登場週数120週、オリコン週間カラオケチャート48週連続1位などの記録もあります。

AKB48の特色

AKB48はこれまで他のアイドルがやってこなかったような試みをしてきました。

選抜総選挙

AKB48総選挙とは、ファンによってAKB48のシングルの楽曲を歌うメンバーを選ぶ一種の人気投票で、2009年より2018年まで毎年夏に開催されていたイベントです。

獲得投票数によってシングルに参加するメンバーが決まり、上位7位に入ったメンバーのことは「神7(かみせぶん)」とも呼ばれています。

ファンの投票でメンバーの人気を明確に表したのは日本の女性アイドルグループではAKB48が初めてでした。

じゃんけん選抜

じゃんけん選抜とは、じゃんけんの結果で選抜メンバーが構成されることにより、元々の人気や実力などが何も関係なく「勝負運」のみで選抜が決まる選抜方法です。

正規メンバーだけではなく、研修生も参加できるようになっています。

2017年・2018年はユニットで参加する「AKB48グループ ユニットじゃんけん大会」として開催されました。

また、じゃんけんの勝敗だけでなく、メンバー自身が考案したコスプレで登場するなど、登場のメンバーごとの演出にも注目されていたイベントです。

2019年以降は開催されていませんですが、今後また開催されることがあるかもしれませんね。

チーム分け

AKB48は人数が多いこともあり、チームに分かれて活動しています。

AKB48劇場での公演は、基本的にチーム単位で行われています。

現在は「チームA」、「チームK」、「チームB」、「チーム4」、「チーム8」の5つのチームに分かれています。

今回紹介していく本田仁美さんはチーム8とチームBを兼任しています。

本田仁美はどんな人物?

本田仁美の基本的プロフィール

本田仁美

本田仁美の経歴

本田仁美さんは「AKB48 Team 8 全国一斉オーディション」に栃木県代表として合格したメンバーです。

2014年にTeam8とし合格し、その2014年には「とちぎ未来大使」にも就任しています。

2016年に放送されたAKBINGO!で開催された「AKBINGO!CUPダンスロワイヤル」に横山由依さん、中野郁海さんとともに出場して優勝し、初代AKB48グループダンスクイーンに輝いた経歴も持っています。

「とちぎ未来大使」に就任したこともあり、栃木県での活動もこなしていました。

2017年にはとちぎテレビのローカル番組「イブニング6Plus」の栃木県内の情報を紹介するメインレポーターを担当しています。

さらには、2018年にはFM栃木で冠番組「トヨタレンタリース栃木 Presents 本田仁美 ひぃといずおん 〜HITOMI HONDA HEAT IS ON〜」が放送開始されました。

そんな活躍もあり、2018年に行われた「AKB48 53rdシングル 世界選抜総選挙」では82位となり、選抜総選挙で初めてランクインしました。

当時は徐々に人気を獲得していたものの、まだAKB48グループの中心メンバーとはなっていませんでした。

しかし、2018年8月31日に日韓合同オーディション「PRODUCE 48」のファイナリスト20人の中で最終順位9位になり、グローバルガールズグループ「IZ*ONE」のメンバーに選ばれました。

いきなり世界デビューのチャンスをつかみ取ったんですね。

そして2018年11月28日にリリースされたAKB48の54枚目のシングル「NO WAY MAN」で初めてのシングル表題曲での選抜メンバーをこなし、その後IZ*ONEの活動に専念するために、一時国内グループでの活動を休業することになりました。

2021年4月29日にIZ*ONEでの2年6カ月の活動が終了し、2021年5月23日に行われたAKB48チーム8全国ツアー最終公演に登場し、AKB48としての活動を再開させました。

2021年10月1日には、TikTokアカウントを開設し、IZ*ONEやaespa、Kep1erなどのK-POPグループ、IZ*ONE出身メンバーの最新活動曲のダンスチャレンジ動画などを多く投稿しています。

どの動画も完成度が高いものになっているのでぜひチェックしてみてください。

MEMO

aespa(エスパ)」は韓国の4人組多国籍女性アイドルグループで、「Kep1er(ケプラー)」は韓国の9人組の多国籍ガールズグループです。

あわせて読みたい!

IZ*ONEでの活動

IZ*ONEは韓国の芸能事務所に所属する練習生57人、日本のAKB48グループに所属するアイドル39人の中からオーディションで選ばれた12人によって結成されたガールズアイドルグループです。

MEMO

IZ*ONEには以下のメンバーが所属していました。

クォン・ウンビ、宮脇咲良(元・HKT48)、カン・ヘウォン、チェ・イェナ、イ・チェヨン、キム・チェウォン、キム・ミンジュ、矢吹奈子(HKT48)、本田仁美(AKB48)、チョ・ユリ、アン・ユジン(IVE)、チャン・ウォニョン(IVE)

IZ*ONEは2018年10月29日にミニアルバム「COLOR*IZ」をリリースし正式にデビューしました。

「COLOR*IZ」では、K-POPガールズグループのデビューアルバム歴代最高初週売上を記録し、世界10か国のiTunes配信チャートで1位を獲得しました。

2018年11月28日には「2018 Asia Artist Awards」で歌手部門の新人賞、年末には「Mnet Asian Music Awards 2018」では韓国・日本・香港すべての授賞式に招待され、女性新人賞とニュー・アジアン・アーティスト賞を受賞しました。

デビュー2ヶ月とは思えない勢いですよね。

その後も各種様々な賞や記録を樹立し、2021年4月29日に当初予定されていた2年6カ月を迎え、活動を終了しました。

本田仁美の魅力

本田仁美さんの魅力はダンスです。

元々AKB48での活動をしていたころからダンス力が高いと言われていたのが本田仁美さんでした。

そんなダンス力もあり、IZ*ONEのオーディションでは、かかわったトレーナ陣から称賛を浴びるほどでした。

さらにIZ*ONEとして活動することによって、K-POPらしい動き、力強い中にも女の子らしさが残るような動きもマスターし、さらにダンスの幅が広がりました。

そのほかにも、基本的なダンスの動きだけでなく、アクロバットも得意とし、唯一無二のダンスを見せてくれるのが本田仁美さんです。

普段のライブなどでのパフォーマンスの他にも、TikTokでダンス動画をたくさんアップしているので、ぜひそちらのほうもチェックしてみてください。

おすすめ楽曲

ここではIZ*ONEとして世界的にも活躍した本田仁美さんの参加しているおすすめ楽曲について3曲紹介していきます。

NO WAY MAN

NO WAY MAN」は2018年11月28日にリリースされたAKB48の54枚目のシングルです。

「NO WAY MAN」で本田仁美さんは初めてシングル表題曲の選抜メンバーに選ばれました。

IZ*ONEに選任する前のラストシングルとなっており、センターは宮脇咲良さん(HKT48)、その両隣を矢吹奈子さん(HKT48)と本田仁美さんのIZ*ONEに参加するメンバーが務める楽曲になっています。

力強く激しいダンスが特徴的な楽曲になっており、本田仁美さんの魅力であるダンスを堪能できる楽曲にもなっています。

「NO WAY MAN」のフォーメーションは以下のようになっています。


1列目:指原莉乃、小栗有以、矢吹奈子、宮脇咲良、本田仁美、岡田奈々、横山由依
2列目:荻野由香、白間美瑠、高橋朱里、柏木由紀、向井地美音、宮崎美穂、須田亜香里
3列目:菅原茉椰、下尾みう、倉野尾成美、瀧野由美子、岡部麟、中井りか、田中美久、竹内美宥、山内瑞葵

根も葉もRumor

根も葉もRumor」は2021年9月29日に発売されるAKB48の58枚目のシングルです。

「根も葉もRumor」は10年9か月ぶりに選抜メンバーが全員AKB48のメンバーで結成された楽曲になっています。

センターポジションは岡田奈々さんが務めています。

これまでのAKB48の楽曲とは異なり、フォーメーションがフロントの岡田奈々さん、横山由依さん、本田仁美さんの3人を中心にどんどんと変わっていくのでぜひ推しメンを中心にどんな動きをしているのかチェックしてみてください。

振り付けはAKB48史上最高難易度ともいわれるこの楽曲での本田仁美さんのパフォーマンスにぜひ注目して見てください。

MEMO

根も葉もRumorの選抜メンバーは以下のメンバーです。

大西桃香、岡田奈々、岡部麟、小栗有以、柏木由紀、久保怜音、倉野尾成美、下尾みう、谷口めぐ、千葉恵里、西川怜、本田仁美、向井地美音、武藤十夢、村山彩希、山内瑞葵、横山由依、横山結衣

La Vie en Rose

La Vie en Rose」はIZ*ONEのデビューミニアルバム「COLOR*IZ」に収録されている楽曲です。

デビューミニアルバムに収録されている楽曲ということもあり、IZ*ONEを代表する1曲ともいえる楽曲になっています。

タイトルの「La Vie en Rose」はフランス語で「バラ色の人生」という意味があります。

そんなバラという華やかな花をイメージしたようなダンスやパフォーマンスは必見です。

この楽曲からIZ*ONEにハマったという方も多いのでぜひチェックしてみてください。

あわせて読みたい!

まとめ

今回は「AKB48 Team8 全国一斉オーディション」の栃木県代表として合格し、さらにIZ*ONEのメンバーとして世界的にも活躍した本田仁美さんのプロフィールや魅力、参加しているおすすめ楽曲について紹介してきました。

本田仁美さんは元々のダンススキルの高さに、IZ*ONEでの経験を加えて、力強くも可愛らしい女の子っぽさがあるダンスに、さらにアクロバットまで含む唯一無二のダンスを見せてくれるメンバーでしたね。

IZ*ONEでの選任活動を終了して、AKB48に帰ってきた本田仁美さんが今後どんな活躍をしていくのか目が離せませんね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

あわせて読みたい!

この記事をシェアをしよう!

この記事に関連するタグ

関連記事

新着記事